わき腹伸ばしダイエット

May 06 [Wed], 2009, 6:15

わき腹伸ばしダイエットのやり方

わき腹伸ばしダイエットは3つの方法で腹斜筋、腹直筋、腹横筋を鍛えます。
それぞれの動きをマスターしましょう。

わき腹伸ばしダイエット(腹斜筋強化方法)

@足を肩幅に広げます。
 肘を曲げずに両腕を体の前にまっすぐに伸ばします。
 両手はパー(開く)をしましょう。
 (「前にならえ」のポーズ)

A上半身を左に回転させます。
 両足は床にしっかりついたままで!
 かかとが上がらないように注意しましょう。
 お腹の筋肉を意識してください。

B腕はそのままで、顔だけ正面に戻しで10秒間停止。
 声を出して10数えましょう。
 数え終わったら、力を抜いてください。

右方向も同様にA〜Bをします。
左右3回ずつ行いましょう。


わき腹伸ばしダイエット(腹直筋強化方法)

@足を肩幅に開き、両腕を上にまっすぐ上げてバンザイします。
 指はパーに開き、手の平は正面に向けましょう。

Aそのままでつま先立ちします。
 その時、両腕をなるべく耳の後ろにもっていきましょう。
 胸が引っ張られるイメージで上に上げます。
 このポーズで10秒停止。
 声を出して「10」数えて、数え終わったら力を抜きましょう。

@〜Aを3回繰り返します。

わき腹伸ばしダイエット(腹横筋強化方法)

@足を肩幅に開きます。
 床に平行になるように左腕を真横に伸ばします。
 手の平を上に向けて、指はパーで開きましょう。

A左腕を真上に上げます。
 左腕が耳につくくらい上げると◎。
 顔は前を見てくださいね。

B上半身を右側に倒しながら、右腕は真下に伸ばします。
 左腕はまっすぐ左耳に添えたまま。
 そのポーズで、「10」を声に出しながら数えて、
 数え終わったたら力を抜きます。

逆側も@〜Bを行いなす。
左右、3回ずつ行えばOKです。

わき腹伸ばしダイエットの効果

わき腹伸ばしダイエットは、簡単なストレッチで3つの腹筋を鍛えます。
わき腹のぜい肉って、なかなか落ちにくいんですよね。

腹斜筋は、内蔵を守る鎧のような役目をしている筋肉です。
この鎧である腹斜筋が弱ると、脂肪が腹斜筋の代わりについて内蔵を守ろうとします。
そのため、わき腹に脂肪がつきやすくなるんですね・・・。

また、腹直筋を鍛えることで、腹圧が高くなり、
内蔵が下がるのを持ち上げます。
ぽっこり下腹の解消にもってこいです。

腹横筋を鍛えると不安定な脊椎を支え、
体を支える中心が安定して、お腹を引き締めます。

わき腹伸ばしダイエットは、ダイエットに効果があるだけではなく
全身の血行が改善され、肩こり、腰痛、冷え症などにも効果が期待できます。


  • URL:http://yaplog.jp/dietdiet1/archive/25
リンク
カテゴリアーカイブ
経済学