仙骨ダイエットのやり方と効果

October 10 [Wed], 2012, 3:41

仙骨ダイエット〜ゲッタマン直伝!骨盤のゆがみを取ってやせやすい体質に!〜
テレビで紹介されて話題になっているのが、ゲッタマンメソッドです。
ゲッタマンは長年に渡り、ダイエットやアンチエイジングの専門家として指導されてきました。
その中で、骨盤のゆがみを取って、太りやすい体質を改善するのが、仙骨ダイエットです。

仙骨は、骨盤の中心にあります。背骨を支える土台のような役割をしている三角形の骨です。
大きさは手の平ほどです。
仙骨はさまざまな重要な役割を持っていますが、その一つが造血機能です。
仙骨で血液がスムーズに作られることによって、全身の血の巡りがよくなります。
また、自律神経のバランスを整える働きもあります。
自律神経のバランスが崩れると、免疫力が低下しますので、健康の上でとても重要です。
そして、女性にとっては子宮や卵巣などの生殖器を保護する役割もあります。
仙骨が体の中でとても重要な働きをしているということは、仙骨が正常な位置がずれることで、血流の悪化、肩こり、腰痛、冷え、顔のゆがみなどさまざまな健康障害を引き起こします。
血液やリンパの流れが悪くなると新陳代謝も低下し、太りやすい体になってしまいます。
仙骨ダイエットは、股関節の稼働域を広げることで、仙骨を正しい位置に戻しますので、入浴後で体が温まり、ほぐれやすい状態の時に行うのが効果的です。
最初は、キツイと感じる人もいるかもしれませんが、それは仙骨がずれてしまっている証拠です。
出来る範囲で行ってみましょう。毎日続けることがとても大切です。

仙骨ダイエットのやり方
※仙骨を支えている筋肉を引き上げます。無理のないようできる範囲で行いましょう。

<PART1>
@イスに浅く座ります。
 両手でイスの縁をつかみ、足を揃えて前へ伸ばします。
 後ろに倒れないように、少し前かがみくらいがいいです。
 足はできるだけ真っ直ぐ伸ばしましょう。
A息をゆっくりと吐きながら、揃えた両足をゆっくりと胸のほうへ引き上げます。
 姿勢が崩れないように注意して、両手を支えにして足をできるだけ上げましょう。
B息を吐きながら、ゆっくりと@の姿勢に戻します。@〜Bを10回繰り返します。

<PART2>
@イスに浅く座ります。
 両手でイスの縁をつかみ、足を開いて前へ伸ばします。
 足の甲は前方に伸ばして、足はできるだけ開きましょう。
A息をゆっくりと吐きながら、足を開いたまま、ゆっくりと胸のほうへ引き上げます。
 姿勢が崩れないように注意して、両手を支えにして足をできるだけ胸に近づけましょう。
B息を吐きながら、ゆっくりと@の姿勢に戻します。@〜Bを10回繰り返します。
  • URL:http://yaplog.jp/dietdiet1/archive/184
リンク
カテゴリアーカイブ
経済学