スローピングとは?

April 13 [Mon], 2009, 3:55

スローピングとは

スローピングとは、坂を利用したウォーキングです。
平らなところを歩くより負荷がかかるので、短時間でトレーニング効果が得られますので、
時間のない方でも続けることができます。

1日1万歩、歩いていますか??

ご存知ですか??
一般的な現代人の生活では、1日の活動によって消費されるエネルギーよりも
食事から摂取するエネルギーの方がおよそ300kcal多いと言われています。
その小さな余分なカロリーが、体に脂肪として蓄えられていきます。

肥満を予防するには、その余分なエネルギーの300kcalを消費するのが理想的で、
ウォーキングでそのカロリ−を消費しようとしたら、1万歩でおよそ300kcalを消費できるので
“1日1万歩”と言われています。

しかし、1万歩を歩くには時間もかかりますよね?
忙しい毎日の中で継続するのは難しい人も多いことでしょう。
ダイエットは続けなければ成果につながりません!
そこで、ウォーキングの量と質、そして歩くタイミングを工夫しましょう。


スローピングの方法

朝の10分間、家の前の坂道を利用して、または近所の
歩道橋の階段やスロープを利用して、
昇ったり降りたりを繰り返しましょう。

はじめは、前向きで、慣れてきたら後ろ向きで
昇り降りをするようにします。

後ろ向きでの階段昇降は、手すりを利用したほうが◎。

後ろ向きで歩くことにより、前向きで歩くよりも負荷を
かけることができるので、たとえ短時間の運動でも効果が得られます。


このように、たった10分のスローピングでも毎日続けることで、
筋力と心肺機能を高めることができます。

筋力では特にお尻を鍛えることができるので、ヒップアップに効果的です。
弛んだお尻が気になる方に、スローピングが特にオススメです。


スローピングをやり始める時は少しずつ慣らしていきましょう。
階段なら5段程度、坂道なら30歩程度から始めるとよいでしょう。
次に、5分間繰り返すのに慣れてきたら少しずつ時間を延ばしていき、
1日だいたい20分を目標にしてみましょう。


スローピングの効果

スローピングで特に鍛えられるのは、足の裏表の筋肉とおしりの筋力です。
スローピングは足全体をスリムにし、ヒップアップに効果的です。


1、前向きで行う場合は特にももの表側の筋肉と
  おしりの筋肉を意識して行うようにしてください。

2、後ろ向きで行う場合は、ももの表側とおしりを意識して
  行うようにしてください。


筋肉量が増えると代謝が増えます。
筋肉量が増えると、ただ座っているだけ、立っているだけでも
筋肉量が少ない時よりカロリーを消費しているんです。
つまり、やせやすい体になるわけです。

さらに、体を形作っているのは筋肉です。
筋肉がつけば自然と体が引き締まります。

スローピング(階段昇降)は、ももの内側の気になるお肉や
重力に負けているおしりを引き上げるのに最適な運動と言えます。

ぜひ、時間を見つけてあなたも実践してみてくださいね♪
  • URL:http://yaplog.jp/dietdiet1/archive/11
リンク
カテゴリアーカイブ
経済学