パソコンをダイエットに利用する方法

July 12 [Sun], 2009, 2:20
 メルマガを登録してダイエットへの意識を保つ。ネットサーフィンをする時間があったらウォーキングをした方が痩せるかも。そうは頭で思っていてもなかなか実行に移せないもの。しかし、ちょっと目線を変えるとパソコンはダイエットや健康の情報を手軽にゲットできる。誤った知識や思い込みでダイエットを続けるよりインターネットを駆使して、ダイエットの最新情報を得たりモチベーションを維持するのが賢いやり方といえるでしょう。1日1度、メールをチェックするという人は、毎日届くダイエット系のメールマガジンを一誌登録しておくといいでしょう。毎日届けられるメールマガジンに目を通して「いま自分はダイエットをしてるんだ」と自己確認しておくといい。書かれていることをそのまま実践する必要はないらしい。ようは、メールマガジンの存在が「ダイエットするんだ」と思い続けるきっかけになればいいらしい。
 またカロリー計算ができるサイトを利用するのもいいのでは。企業系のダイエットサイトで利用できる「ダイエット日記」があるらしい。ウェブ上に、その日の体重・体脂肪・3食の摂取カロリーと運動で消費したカロリーなどを記録する欄があり、保存しておけばいつでも閲覧できる。非常に便利な機能ですね。無料で利用できるサイトもあるらしいですよ。

ダイエットの敵、空腹を紛らわせるワザ

July 12 [Sun], 2009, 1:16
 2つ紹介します。1つ目は子供用ハミガキで口寂しさをスッキリ解消する方法。無理な食事制限をしているわけではないのに、口寂しく感じたり小腹が空いたように感じることがあると思う。こうしたちょっとした食欲は、おおむね心理的なものらしく別の動作をすると簡単に紛らわせることができるらしい。空腹に負けてクッキーやおせんべいに手が伸びる前に、急いで洗面所へ向かいハミガキをしてみましょう。歯を磨くと唾液が多量に分泌され、空腹感を和らげる効果があるらしい。その際に用意しておくといいのが子供用のハミガキ粉。イチゴやバナナ味の甘い味と香り口の中に広がって、口寂しさを解消してくれる。甘いものが好きな人には特にオススメです。
 もうひとつは香水のニオイを嗅ぐだけのダイエット方法。人がニオイを感じるのは鼻腔の奥にある嗅球という器官の働きらしい。ここでキャッチされた匂いは、電気信号として大脳に伝えられ「おいしそうなニオイ」「まずそうなニオイ」「人体に危険がありそうな危険なニオイ」に区別されるらしい。そこで脳が「これはおいしそうなニオイ」と判断すると、脳から各器官へ唾液の分泌を促進したり食用がわくように指示が送られるらしい。焼きたてのパンのニオイを嗅いだりすると、食事のすぐあとでも食べたくなるのはこのメカニズムがあるためらしい。これとは逆に生ごみのニオイなど脳が「イヤなニオイだ」と判断すると食欲は減退していくらしい。また好きなニオイでも香りが強すぎると食欲は減退するらしい。そこでこれを応用したのが香水を使った食欲のセーブ方法です。空腹を感じたら香水のビンを開けて、思いきりニオイを嗅いでみよう。ただし、人の嗅覚はすぐにニオイに慣れてしまうらしく、香水は3種類くらいを使いわけるといいらしい。香水を持っていない場合は、トイレの芳香剤でも同じ効果が得られるらしい。芳香剤はあまり嗅いでみようと思いませんがね。

ダイエットの敵「早食い」を簡単に防ぐ工夫

July 10 [Fri], 2009, 20:42
 噛みごたえのあるものから食べれば早く満腹になりやすい。私たちが「もうお腹いっぱい」と感じるのは、脳にある満腹中枢が満腹のサインを出しているから。このサインが出されるのは、食事を始めてからおよそ20〜30分経過したころかららしい。ところが早食いの人は、これよりも速いスピードで食べてしまう。すると満腹のサインが脳から出るころには、すでに食べすぎの状態になってしまう。早食いの人が太るのはこのためらしい。早食いの人はよく噛まないで食べ物を飲み込んだり、まだ口の中に物があるのに違う食べ物に箸をつけていることが多い。そんな食べ方では、ダイエットにはもちろん消化にもよくない。ゆっくり時間をかけて食べるには、ごぼうやレンコンなどの根菜類や噛みごたえのあるおかずから手をつけてみてください。何度も噛んで飲み込んだ食べ物は、スムーズに消化されるため血糖値がすぐに上がり始めるらしい。すると少ない量でも脳は満足し、満足サインを出すようになるという。
 おかわりはとりあえず5分待ってから食べるといいらしい。もっと食べたいと思ってごはんをおかわりしたのに、すぐにお腹がいっぱいになって結局は残すことになってしまった経験がある人はいないでしょうか?そこであと1口だけ食べたいと思っても、すぐにおかわりしてはいけないという。とりあえず5分間だけ待ってみて、その食欲が単純に勢いだけで食べたかったのか本当に空腹なのかを見極めてみるといい。もし5分間経ってみて「もういらないや」と感じるようなら、食べるスピードが速すぎて胸の満足サインが出ていなかっただけのことらしい。

呼吸するだけダイエット

July 10 [Fri], 2009, 15:41
 空腹に負けそうなときに試していただきたいのが呼吸法で食欲を保つ方法。ゆっくりとした深い呼吸には、自律神経のバランスを整えて精神を安定させる効果があるらしい。食事前に深く呼吸するだけでストレスからくるドカ食いを防止できるので、面倒くさがりな人にぴったりの方法だと思います。
 呼吸は胸や腹にたくさん空気をため込むようなつもりで、鼻から空気を吸って口から徐々に吐いていくのが基本です。これにひざを曲げたり腕を回すなどの動作を加えながら行うと、意識した部分の引き締め効果が得られるらしい。
 深い呼吸をするには、吸うときより吐くときに長い時間をかけるのがポイントです。1回に、5〜6回はこの呼吸法を続けるといいらしい。
 だだし、呼吸法で食欲を保つといっても、それだけで脂肪が燃焼されるわけでなさそう。食事で摂取するカロリーを制限しながら、呼吸法を組み合わせることが大切らしい。
本当にダイエットできるのかなって疑問に思いますが、こらならお金も時間も掛けず手軽にダイエットができます。また激しい運動がキライな方もこれなら簡単に挑戦できますね。

しばる・もむ・つまむだけダイエット

July 10 [Fri], 2009, 15:38
 髪が短い人意外なら誰でもできるのが輪ゴム2個で髪の毛をしばって痩せる裏技ダイエット方法。頭の毛根の部分には神経血管反射点と呼ばれる部位があり、そこを刺激すると代謝がアップして脂肪が自然に燃えるらしい。紙を結ぶ位置は耳の上あたりの頭部が出っ張っている部分。ここの髪の毛を10円玉くらいの太さに取り分けて、ヘアゴムできつめにしばっておくだけ。このとき、左右同じ位置でしばっておくのがポイント。1日に15分くらいを目安に毎日続けるといいらしい。
 次はお腹部分。お腹のあたりがたるんでくるとその部分が気になって無意識のうちにつまんだり、揉んだりしていませんか?それだけで脂肪が燃えるわけではないと分かってはいてもついつい触ってしまう方は多いと思います。ところがただ揉んだりつまんだりするだけでも、何もしないよりもダイエットの効果があるらしい。エステティクサロンのサービスには脂肪マッサージがあるが、これは揉み出しによって脂肪をやわらかくして血行を促進し脂肪が燃えやすい状態にするのが目的らしい。それと同じで体のぜい肉はつまんだり揉んだりするだけで多少は燃えやすくなるらしい。そこでテレビを見ている間や入浴中などに気づいたときに気になる脂肪をつまむようにしてみましょう。毎日皮下脂肪の厚みを確認していれば痩せなきゃという決意も持続するはずです。

お風呂タイムダイエット

July 10 [Fri], 2009, 15:35
 ゆっくりリラックスして入るのがコツ。入浴によるダイエット効果は大きく分けて2つあるそうです。ひとつは、温熱効果と静水圧効果で血行がよくなり新陳代謝が活発になるらしい。新陳代謝がアップするとそれだけ脂肪が燃えやすくなるみたい。もうひとつは、リラックス効果。ぬるめの湯にゆっくりつかると、副交感神経が優位になって気持ちが落ち着いてくる。このリラックス効果でイライラからくる過食を防止できるらしい。
 入浴の効果はたっぷり時間をかけると大きくなるから、カラスの行水ではダメらしい。長風呂は苦手という人は、まずバスタイムが楽しくなるような工夫をするとよく、本やラジオを持ち込んだり、湯船にエッセンシャルオイルをひと垂らしして香りを楽しむのもいいらしい。
 入浴前に入浴するだけでもダイエット効果があるらしい。朝に熱いシャワーを浴びるとシャキッとする。これは交感神経が刺激され、血圧や心拍数が急上昇するから。熱い湯には食欲を保つ効果もあるらしい。熱い湯を浴びることによって皮膚に血液が集まり、胃の分泌物が少なくなるためらしい。この湯に対する体の反応をダイエットにも応用してみましょう。食事前に熱い湯に10分くらいつかってみる。すると自然に食欲が保たれ食べすぎを防止しやすくなるみたい。

耳ツボダイエット

July 10 [Fri], 2009, 15:29
 運動をしたくない、時間もかけたくない人。そんな面倒くさがりの人に試して頂きたいのが耳にあるツボを刺激するだけで痩せやすくなる耳ツボダイエットです。
 耳には、口・食道・胃のツボや、ホルモン分泌をよくするツボ、便秘解消に効果のあるツボが集中しているらしい。耳の真ん中あたりにあるツボを刺激すると、食欲が抑えられて、空腹感から間食に走っていたものが、空腹感がなくなる為に食べずにすんで、その分カロリーの摂取量が減って、結果として肥満を解消するというものです。どうやら、ツボの刺激によって脳内の満腹中枢を満足させる効果があるらしい。
 方法は、食事10〜15分前に耳のツボを2〜3分刺激するだけです。これだけで自然に食事が抑え易くなり、低カロリーな食事でも満足できるみたいです。
 また、食事前10〜15分前に米粒をセロハンテープで貼り付ける方法も同様の効果があるようです。疑いたくなるかも知れませんが、ツボ治療の本家中国にも耳ツボに生薬を貼って肥満を解消するプログラムが存在し効果を上げているみたいです。簡単なので是非チャレンジしてください。

夜に海藻ダイエット

July 10 [Fri], 2009, 15:24
 人間の体には、夜に食べたものをため込もうとする働きがあるらしい。昼間のうちは食事からとったエネルギーを使って活発に体を動かそうとする交感神経が優位に立っているが、夜になると副交感神経が優位になり、体はエネルギーを蓄えて翌日の活動に備える態勢に入るらしい。しかも、夕食の後にすぐ寝るとエネルギーはさらに蓄積されやすくなるみたい。「夕食はカロリー控えめに」「夜寝る前3時間は食べてはいけない」といわれているのはこのためらしい。とはいえ夕食を大幅にカロリーダウンするのは強い意思が必要だし、外食が多い人にはかなり難しい。そんな人は夕食に海藻類をたっぷり食べるだけでもいい。海藻類はカロリーがほとんどないため、ダイエットには最適の食材。毎日の食事に、わかめの酢の物やもずく酢、昆布の煮付けやめかぶなどを積極的に取り入れてみるのもよいでしょう。海藻類には、食物繊維が豊富に含まれているので満腹感も得られやすいし、一緒にとった脂肪分を包み込んで、体外に排出してくれるらしい。さらに、海藻類のぬめりには腸をキレイにしてくれる効果もあるらしい。ダイエットの大敵・便秘の解消にも役立ちすばらしい。

呼吸するだけダイエット

July 10 [Fri], 2009, 15:19
 空腹に負けそうなときに試していただきたいのが呼吸法で食欲を保つ方法です。ゆっくりとした深い呼吸には、自律神経のバランスを整えて精神を安定させる効果があるらしい。食事前に深く呼吸するだけでストレスからくるドカ食いを防止できるので、面倒くさがりな方にぴったりの方法だと思います。
 呼吸は胸や腹にたくさん空気をため込むようなつもりで、鼻から空気を吸って口から徐々に吐いていくのが基本です。これにひざを曲げたり腕を回すなどの動作を加えながら行うと、意識した部分の引き締め効果が得られるらしい。
 深い呼吸をするには、吸うときより吐くときに長い時間をかけるのがポイントです。1回に、5〜6回はこの呼吸法を続けるといいらしい。
 だだし、呼吸法で食欲を保つといっても、それだけで脂肪が燃焼されるわけでなさそう。食事で摂取するカロリーを制限しながら、呼吸法を組み合わせることが大切らしい。
本当にダイエットできるのかなって疑問に思いますが、こらならお金も時間も掛けず手軽にダイエットができますね。また激しい運動がキライな方もこれなら簡単に挑戦できますね。

ウォーキング前にコーヒーダイエット

July 10 [Fri], 2009, 15:06
コーヒーというと、一般的に「飲みすぎると胃を悪くする」、「夜に飲むと眠れなくなる」など、健康やダイエットとは無縁というイメージがあります。ところがこのコーヒーをダイエットの強い味方にしてしまう方法があります。ウォーキング前にコーヒーを飲んでおくことです。コーヒーに含まれるカフェインは体に蓄えられた脂肪の分解を促進する働きがあるという。でもただ飲むだけでダメらしい。そのあとに筋肉を動かすことが脂肪を効率よく燃やすポイント。ウォーキングをするときは、出かける30分〜1時間前にコーヒーを飲んでみましょう。砂糖・ミルクは入れないでくだい。コーヒー同様にカフェインの含まれている紅茶・緑茶を飲んでも同様の効果が期待できるらしい。
 ウォーキングはこま切れでもいい。これまで一般的に痩せるための運動は、20分以上続けないと効果がなしとよく言われています。これまではこの20分以上連続という縛りがあったために、初めから無理と弱音を吐いて諦めてしまう人が少なくなかったかと思います。ところがうれしいことに最近の研究では、こま切れ運動でも脂肪は燃焼してダイエットに効果があることがわかってきたらしい。実験によると、30分の連続運動と10分×3セットの運動では消費されるカロリー量にほとんどの差がないらしい。気軽にチャレンジしてみましょう。
P R