ヨーグルト置き換えはお腹が空く→食物繊維と食べ応えをプラスして解決! 

January 20 [Tue], 2015, 8:39
ヨーグルトの置き換えダイエットは
低カロリー+乳酸菌効果で
健康的なダイエットとして効果的ですが、

・お腹が空いてお腹がなってしまう
・食べ応えがないから満足感が得られない


こんな弱点もありますよね。



続ければ確実に結果が出るのは
わかっていても

お腹が空いてついつい
間食をしてしまったり、

次の食事でドカ食いしてしまったり、

結局やめてしまったり…


と継続性や安定感を維持するためには
ちょっと難しい所もあり
モチベーションの持続がカギになります。

モチベーションを維持するためには
目標を明確化して紙に具体的な数値、
目標体重やサイズ、期日等を書いて
毎日目にする所に貼っておく方法が
わりと効果があると思います。

そして、毎日同じ時間に
体重や体脂肪率を測定して
記録する事も必要です。

一般的にダイエットは
指数関数のグラフ



横軸が時間
縦軸が結果

このように結果が出るまでに
潜伏期間があるので、
ある程度継続してブレクポイントに
さしかからないと目に見える変化はあまりありません。

ですから、最初の1週間や2週間くらいで
一喜一憂したり、あきらめる必要はないです。

ブレイクポイントの目安は
人によって体質や生活習慣が違うので
変わってきますが、1ヶ月以上継続しても
まったく変化がない場合は
ダイエット方法の見直しが必要かもしれません。

モチベーション維持と並んで
ダイエットに重要な要素として
『苦にならない』事があります。

ヨーグルト置き換えの場合
・お腹が空いてしまう
・満足感が得られない

これが苦になってしまうのですが、
それを解決して、さらに
食物繊維と栄養素を補える方法が
『ドクトル・ダイエット』です。

ドクトル・ダイエットは
無添加の栄養豊富な特製パフと
ヨーグルトを組み合わせた置き換えで、

置き換えダイエットに不足している
満腹感もしっかりとあるのが特徴です。

大豆と15種類の雑穀、ライ麦のパフを組み合わせており、
1食で食物繊維を6.4g、タンパク質を約11g摂取できます。

さらに「セカンド・ミール効果」により、
ドクトル・ダイエットで摂った
水溶性食物繊維の効果が次の食事の時にも継続されて、
糖質が脂肪として蓄積されるのを抑えてくれます。

ヨーグルトはご自宅で混ぜて作るので
乳酸菌が生きたまま腸に届きます。

もちろん低カロリー、低脂肪、低糖質
かつ、1食で1日に必要な
カルシウム、食物繊維、タンパク質の
約3分の1を摂取できます。

それにより、
今までのヨーグルト置き換えダイエットの
弱点をカバーしてさらに食物繊維と
必須の栄養素を低カロリーで補える

ダイエットのための置き換え食として
必要な要素を完全に満たした
『ドクトル・ダイエット』

置き換えのモデルケースや商品詳細は
こちらからご覧いただけます。
↓↓↓