10/13-15 白馬岳〜唐松岳〜遠見尾根 その5 

February 23 [Sat], 2008, 1:37
ここからはテクテク下るだけ









 昨夜の冷え込みで 紅葉も一段と進んだみたい。








 五龍岳。












 西遠見




 池




 尾根はガスに囲まれてしまった・・・。




 青空は無くなったが、ガスの中の紅葉も幻想的。












 散策路 近くになると、観光客で賑やかだ・・・。



 

 ゴンドラ駅で ヤツと 生ビールで乾杯して



 下界の仲間に無事下山の報告をする。




 スキー場は冬に向けての準備中だった。



 

 タクシーで八方駐車場まで戻り、隣の八方温泉に入る。



 ヤツは運転手なので、自分だけ風呂上りにプシュー。




 そして白馬村で 夕食。



 生ビール。 ヤツは運転手なのでコーラ。





 そして、ベーコンステーキ。



'''  お腹イッパイになり、帰宅 '''



'''   おしまい '''

宮古2日はね・・ 

February 15 [Fri], 2008, 21:22
シュノーケリングと決めていたので、新城へGO!
この日はまたま天気がよくなってですね、日焼け止めもきかないかと。

新城は昔来た時、何にも無いビーチだったのに、
今回見たら、日よけのある休憩スポッとやら、
マリン遊びやご飯の商店やら、様変わりでビックリ!
でも、日よけんとこは無料なんですよ、良心的。

ここで実は待ってる人がいたんですね〜。
(あたし達が待っていたんよ)

さすらいのシュノーケラ〜。
ぷよP〜〜〜

ってか、「キジムナーニ逢いたかったラ、来い」と
挑戦状出したのはうちらなんですがね〜。

(9月22日)

勇壮なお祭り「だんじり」 

February 08 [Fri], 2008, 18:26
昨日は「だんじり」に行ってきた。

「お祭り大好き人間」の我が家の二人。お誘いを受け即決断。

朝5:00ころ起きてみるとなんと土砂降りの雨。半田と大阪は違うとはいえ「えっ」である。

「だんじり」を見る心得のなかに「傘は使用しない」カッパを使用することとあった。そこで昨夜準備の段階で濡れても良いように着替えは靴も含めて全部用意はしたもののとにかくびっくり。

バスに乗り込むときだけ雨はやんだが、いざ出発の時には又振り出し結構な降りになっていた。

なんだか心配。でも大阪に近づくにつれお天気は回復。大阪着は10:40分ころ。昼食はバスの中で配られたが何せ時間が早い。

しかし持って歩くのも荷物になる。又温度が上がってきて異常に湿度が高そう。まあバスの中で片付けてから歩こうと10:00ころに済せた。

さて降りるころにはなんとかんかん照りの上天気。これでは屋外の見物には望ましくないが仕方がない。(贅沢を言ってはいけないのでしょう。土砂降りの雨の方が困るのだから)

移動をしてメインの会場。大きな桟敷席2箇所設けられているところに到着したのが11:00過ぎ。ここはすでに道路上に引き物やいろいろな場所取り用品で歩道から4メートルくらいは占拠されていた。

ここをだんじりが通るのは1:00から。まだ時間はありすぎるほどある。だんじりが通るのは道路の向こう側。

大きな道幅での向こうであり、そちら側の角は危険であるということで幕が張ってあり絶対立ち止まって見ることはできない。

桟敷席はガラガラ(一人もいない)。ここを利用できないかと警備の人に聞いてみる。なんと昨日女性がっこで大怪我したとかで今日は使わないのではないかという。
昨日はもうこの時間には多くの人がすでに入っていたということであったのであきらめた。

ところがこの桟敷席時間ぎりぎりになって人を入れ始めた。きっと前日より開場の時間を大幅に遅らせたのであろう

ここの道路でしばらく待っていたが(移動したらここの場所には戻れないかと心配で)何しろ炎天下で座るところもない。

「ええいままよ」とあきらめ、すぐ近くの冷房の効いたスーパーへ非難。そんな感じの人たちがうろうろ。

トイレも並んでいる。いつものごとく女性トイレは超満員。ここでも整理の係りの人が出ていた。

ある子供が母親に「こんなときにはすぐに入れないのだから早く言わなくては」と言われていたがそうも行かないこともある。

1:00が近づいてきたので先ほどのところに移動。何とか入り込んで場所を確保。どんどんだんじりが近づいてきて勇壮な山車の上の舞をカーブのところで披露して山車が回って行く。

しかし何せこの場所からでは遠すぎて歯がゆい。又写真を撮りたくても液晶部分は周りが明るくてほとんど見ることができない。

それに前の陣取り部隊の人たちが脚立の上に(それも一番前の障害物が何もない人が立ってカメラを構えている)肝心なところにくると邪魔になってしまって撮ることができない。

警備員が「脚立には立たないように。危険ですから。それと後ろのお客さんに迷惑になりますから」といくら言っても聞く耳を持たない。

暑い!暑い! どんどん人手が多くなり後ろから押されて歩道と車道の境にいたが押されて将棋倒しになる感じ。怖いので徐々に中に(車道へ)押しだされるように入っていく。車道の場所取りの人たちはガラガラのところにゆったり(?)と構えているがその大きく空いているところに人がどんどん入り込んでいる。

占拠している人たちは非常に不満そうにしているが、私はそのおかげである程度の写真を撮ることができた。

しばらくすると場所取りしていた人が押されて入ってきた人たち(私達)に「ここは取ってあるので出て行ってくれませんか」と言い出した。

ある人は「ここはお金を払っているのか」といっていたが「お金は払っていないが早朝から取ってあるから」と答えていた。

ご他聞にもれず大きく場所をとって一人か二人場所取り部隊を残しての事であろう。

こんなところでトラブルに巻き込まれてもしょうがないし、この暑さではもう我慢の限界と我々は移動することにした。

先ほどのスーパーに又避難。そこで熱射病予防のお茶を買い、ついでに涼を求めてかき氷を買った。おいしい!

冷房で暑い体を冷やし、ゆっくりして移動することにした。ここでは男性トイレも満員でトイレに行った夫から携帯電話がかかってきた。

満員で長蛇の列だから通常の時間を予想して帰ってくると思っているとびっくりするからということであった。

そうそう「御柱」に行った時もトイレには苦労したことを思い出した。「あの時はトイレが少なく女性は行ってから1時間の待ち時間であったな」と。(3回前の御柱のこと)その次は長野での冬季オリンピックの年であったせいか多くの「仮設トイレ」の設置あり。

少し歩いて違う交差点に行ってみるとここは場所取りもなく山車のすぐ近くで(手を出せば引き子を触れることができるくらい)それは先ほどの場所とは違ってすぐ近くで見ることができた。

そして左から、前から来ただんじりが交差点を曲がったり直進したりと次から次に通っていく。そのたびに警備の人が綱を変えて通行の流れを変える。

初めからここで見ればよかったと思ったがまあ経験してみて判ること。もし次に来ることがあるならもっと要領よく楽しむとができるかな?

それにこのころには曇ってきて大変すごしやすくなっていた。

確かに面白いお祭りである。山車の上の人が曲がる少し前から準備の姿勢に入るのが判り、その後屋根の上で舞が始まる。

しかしこれはカメラでの静止画像ではこの感動を伝えることは困難である。

飛び上がった姿を捉えたがやはりぼけてしまっている。(当たり前であるが)

でも一見をお勧めするお祭りである。

帰り道で「激突、転倒、命懸」のビデオを買ってしまった。

10000HIT 

January 19 [Sat], 2008, 4:57
なンと...

01日居なカッただケで

10000HITしてたあ

ビックリイイイイイイ

みンなTHANKYOUねエ

コメ&傑作押してくれゅと最高だぜエエエエ

ケアベア待ち受け〓 

January 11 [Fri], 2008, 1:52
(*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)

コテコテのお土産☆ 

December 24 [Mon], 2007, 23:04
今日はたこ焼きを食べました〜♪



って、あれ〜???







じゃーん☆



大阪土産でしたぁ〜!



でもそっくりだよね^^



さすが関西人!!



味は・・・まぁ普通でした(笑)

面白いので載せてみました 

December 17 [Mon], 2007, 22:55
爬虫類に催眠術っていうか、おとなしくさせる方法?
面白いです見てみてください

ご近所の 

December 12 [Wed], 2007, 0:28
ご近所&同チームのオバッチくんのゴリラです!
6Vにスカット106ccです!
結構早いですよ!

スペシャルパーツ武川さん!
6Vで装着確認取れましたよぉ〜^^v

10/14 深まる秋に 

December 05 [Wed], 2007, 20:42
まぶしい青空に、金木犀の香り。
気持ちの良い季節です。
空気が乾くと、肌も乾燥してかゆくなる。
肌で感じる秋?

チューリップの球根を売っていたので、買ってきました。
アバターの着ているセーターの色。
春を楽しみに植えようと思います。

スリッパ。 

December 02 [Sun], 2007, 6:29
スリッパ、爪をとぐのに丁度いいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dierer41
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
Yapme!一覧
読者になる