妊活中の女性から妊娠初期の女性まで妊娠に関

June 10 [Fri], 2016, 2:03
妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。
葉酸は赤ちゃんが元気に育つために重要な働きをする栄養素なのですが、もし葉酸が不足したら、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。
葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。



ですから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになるという研究結果が報告されました。また、ダウン症予防の有効性も認められているので、摂取をお勧めします。


妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。



例えば、葉酸です。



妊活中の時から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に書いてありました。
その記事によると、葉酸は、胎児が元気に成長するための必要不可欠な栄養素だと書いてありました。



ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時はサプリを服用するのが良いそうですから、ちょっと安心しました。葉酸サプリはたくさんの種類があるようなので、安心して服用できるものを見つけて、元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。

大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸サプリの話題が出ました。
ベルタが販売している葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。

友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと以前教えてもらったことがあったので、妊活中の彼女に勧めておきました。
やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって思っているんです。「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つはとても関わり合いの深いものですよね。それはつまり、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。もちろん、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。


妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を意識しましょう。

葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。

産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんもいますよね。

仮にサプリメントを摂っていないとしても、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。ですから、普通の食生活を送っていれば、ある程度は摂取できるのです。
葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。
葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、受胎前から妊娠初期の方には400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。
葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。
ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。

葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも構いません。でも、葉酸には不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。



ですから出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお勧めします。不妊の根本的な原因は、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性の方での問題と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性の方の要因が考えられます。
ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。
ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男性、女性、両方が早めに検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。

なかなか妊娠できないという人は、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。

基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。

変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといったお約束がありますから、習慣的に続けていくことが大事です。
一日忘れても根気よく続けていきましょう。
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。


なぜなら、十分な葉酸を摂る事で赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。


ですから添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが大切なポイントだと言えますね。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽斗
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dieledefceminu/index1_0.rdf