松坂が野坂

May 17 [Tue], 2016, 14:43
少子化が深刻化するにつれて、自分の希望した性別の子を持ちたいと考える夫婦も増えているようですが、日本の医学の現状では、100%の産み分け方法はないとされています。それが分かっており、そうは言ってもやはり諦めるわけにはいかないという事であれば次の方法を行ってみてください。
男の子を授かりたい場合は排卵日当日、女の子が授かりたい場合は排卵日の2、3日前に性交渉を持つことが効果があると言われているようです。妊娠初期に摂らなければならない栄養素として、葉酸が知られています。



けれども効果を期待するあまり、過剰に摂ってしまうといろいろな副作用の症状が出てきます。症状としては、食欲がなくなったり、吐き気が起きたりするなど様々な出方をしますが場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。


葉酸は水溶性で、体内に蓄積されにくいとはいえ、過剰摂取にも害はあるのでサプリメントなどの注意書きをよく読んで、規定の量を大幅に超えないようにしましょう。
赤ちゃんを産みたいと思って妊活を始めたその時から葉酸の摂取を始める事が良いとされています。



お腹に赤ちゃんが出来る前に十分な葉酸が体の中に蓄積されている事がお腹の中の赤ちゃんの先天性奇形の予防においてとても効果があるのです。



当然、妊娠3ヵ月頃までは継続して摂取していく事が大事になってきます。

赤ちゃんが欲しいと思った段階から葉酸は妊娠の初期にかけて摂るようにする事が良いとされているため、お腹の障害を予防する効果があると考えられています。
特に妊娠3ヶ月頃までの期間に、葉酸が多く含まれている食品やサプリメントなどから摂取するように意識する事が重要です。



大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。

結婚して3年目くらいまでは、基礎体温はつけていたんですけど、出来ない時は出来ないのだと感じました。


親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。
検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。



排卵誘発剤の服用を始めると、二周期ほどで妊娠できました。


原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。健康な赤ちゃんを産みたいなら、妊娠前であっても、妊娠中であっても出来る限り健康に悪い影響を及ぼすものを避けなくてはなりません。なので、禁煙してください。
煙草というものは嗜好品としてリラックスをもたらすという効果を持ってはいますが、体にいいものではないことは確かです。
現時点で喫煙をする人は禁煙も妊活の一環として開始しましょう。
妊活中は日常の飲み物にも気を配る必要があります。多くの方が疑問に思うのは、コーヒーを飲んでも良いかという事ではないでしょうか?よく知られているように、コーヒーにはカフェインが含まれています。このカフェインが体を冷やしてしまう為、体の冷えが禁物の妊活中には止めておいた方が良いのは間違いありません。

でも、コーヒーを飲まないとイライラしてしまうという場合は、せっかくコーヒーを我慢しても、そのストレスが逆効果になりますから、1日あたり3杯を限度として満喫するのが良いでしょう。


水に溶けやすいビタミンの葉酸は、胃に食べ物がないときに最も良く吸収されるため、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それは食間だというべきでしょう。



一日の中で、必要な量を一度に摂ろうとするより可能な限り数回に分けて摂れば身体のためには良いのです。
また、一日の中では肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:向日葵
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/diebupnaays3t1/index1_0.rdf