高級化路線第一弾の『遥香 抹茶』が、

January 18 [Sat], 2014, 10:54
ソチ五輪ノルディックスキー複合のエースで、インフルエンザ発症のため6日のW杯出発を延期していた渡部暁斗(25)=北野建設=が12日、全快宣言し、北欧転戦中の代表チームに合流するため成田空港から出発した。「病は気からなので、焦る気持ちも大きな不安もない。グッチ iPhone ケースここで悪運を使っておけば、オリンピックでいい運が回ってくる。目標は、ブレずに個人戦も団体戦も金メダルしか考えていない」と“大フィーバー”まで誓った。ケース コピー

 昨年10月下旬に予防接種を受けたが、今月2日に発熱。「耳鳴りがして危ないゾーンに入ってヤバイな」と感じ、4日に病院へ行きインフルエンザと診断された。iPhone 4/4s ケースコピー長野の自宅での5日間の闘病を「生き延びたって感じ。悪夢を見るヒマもなくブラックアウト(意識を失うこと)していた」と冗談を入れながら振り返った。エルメス携帯ケース
 いまや最もポピュラーなペットボトル入り飲料ともいえるお茶。大手メーカーが続々と新製品を投入するこの激戦区で、売り切れ続出の商品がある。シャネル iPhone ケース

 価格は200ml入りでなんと1本500円のジャテックス社の『遥香(はるか)』。キャップをひと捻りすることで香り高い本格的なお茶が飲めるのがウリだ。iphone 4 ケースこの仕組みを考えだしたのは、名古屋のメーカー、株式会社ジャテックスである。だが、その開発と販売の道のりは決して“ひと捻り”というわけではなかった。ipad2 ケース

 まるで高級化粧品のようなボトル。キャップを捻るとキャップ内に密封された粉末状の茶が中の水に降り注ぐ。モンクレール Cesarあとはボトルをよく振れば、まるで淹(い)れ立てのような豊かな風味の高級茶・遥香の完成だ。

「茶葉にはカテキンやビタミンC・Eなど、豊富な栄養素が含まれています。携帯ケース コピー粉末にして水に溶かして飲めば、茶殻に残ってしまう栄養素まで無駄なく取り込むことができます」

 そう教えてくれたのは、『遥香』を支える画期的なキャップの仕組みを開発した、生産グループ課長の寄田(よりた)勝彦だ。

 寄田が勤務するジャテックスは、名古屋にある従業員20人の会社。モンクレール メンズ 秋冬新作社長は稀代のアイデアマンとして知られ、これまで家庭用の臼式お茶粉末器や電気式香炉などを開発、ヒットさせてきた人物である。

 ある日、寄田はその社長から1枚のメモを手渡された。iphone 4G/4s ケースそこには、ペットボトルのキャップから粉末状のお茶がふき出したイラストが描かれていた。社長のメッセージはこうだ。
アイフォン5 カバー

「世の中の人が健康になるよう、手軽に楽しめる緑茶飲料を考えたい。そのために、キャップに茶の粉末を入れる仕組みを考えろ!」

 泡を喰ったのは寄田である。
ルイヴィトン携帯ケースそもそも自分は一介の営業マンであり、これまで開発の仕事とは無縁なのだ。いったいどうすれば……。モンクレール Cesar

 そんなときに立ち寄った近所のホームセンターで、寄田はある物に目がくぎ付けになった。それは灰皿だ。iphone 4 ケース真ん中に突起があって、そこを押すと灰受けの部分が回転して載っている吸い殻や灰が遠心力で飛ばされて下に落ちる、「回転式灰皿」などと呼ばれるものだ。寄田は閃いた。シャネル iPhone ケース

?「回転させて、落とす──これだ!」


 すぐさま図面の制作に取りかかった。キャップを捻ると、キャップ内部の突起が、お茶の粉末を収納している容器の底を突き破って、粉末茶をペットボトルの中の水に振り落とす──。
iphone 4G ケース

 寄田が考え出したこのアイデアは、同社初のペットボトル緑茶飲料『本茶』(330ml入り200円)に採用され、後に「フレシエ(FRESH!e)・キャップシステム」と名付けられた。

 保存料・香料不使用の『本茶』の味には自信があった。ipad2 ケースだが、大手メーカーがひしめく緑茶市場で大きなシェアを獲得することはできなかった。

「悔しかったですよ。iphone 4G/4s ケースでも、キャップの開発にこんなに苦労したのだから、決して諦めたくなかった」

 社長も同じ思いだった。自らの指示を必死の思いで実現させた寄田の画期的なアイデアを、このまま埋もれさせてしまうのは、あまりにも忍びない……。
アイフォン5 カバー

 同社が出した答えは、「高級化」だった。一般のペットボトル飲料とは一線を画した高品質でデザインコンシャスなボトルを使用。携帯ケース コピーキャップには、八女(やめ)・星野村伝統の本玉露(ぎょくろ)製法で作られた玉露や抹茶の粉末を密封する。それを可能にしているのは、寄田が開発した「フレシエ・キャップシステム」である。iPhone 5 ケースコピー

 2013年4月、高級化路線第一弾の『遥香 抹茶』が、新装した東京・歌舞伎座で限定販売された。1本500円という価格にもかかわらず、連日完売を記録。
ipad2 ケース続いて販売された老舗百貨店でも完売が続いた。

 10月には第二弾『遥香 玉露』も発売され、こちらも好調に売り上げを伸ばし、半年間で計6万本のヒット商品となったのである。
ケース コピこの冬は、お歳暮ギフトとしてもひっぱりだこだった。

 療養で体力は落ちたが「休養」と前向きにとらえ「4日分ぐらい寝たし、意外とスッキリした」と渡部。モンクレール ダウン 2013現地では感覚を戻しながらW杯出場を検討する。14日に発表される五輪代表入りは確実で、ソチ五輪後はW杯を転戦。iPhone 5 ケースコピー帰国は3月18日になる予定だ。
  • URL:http://yaplog.jp/die4oa/archive/79
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/die4oa/index1_0.rdf