車体の下取り価格が下がる原因は1年間の走行距離が平

May 03 [Tue], 2016, 20:25

車体の下取り価格が下がる原因は、1年間の走行距離が平均1万キロ以上である、一般好みされない車体色である、車体の外観が綺麗な状態でない、車のパーツに破損が見られる、車中でのタバコ等があります。





さらに、車体に修理をしたことがある場合もマイナス査定の要因となります。もし、修理されていた場合下取り額は大幅に下がると思われます。車の売却を考えるなら、可能な限り高い値段で買取してもらうのが当然ですよね。




でも、それには、複数の業者に査定額を相場表を作って比較しましょう。


車を買い取ってもらう価格は、金額を出す業者で変わってきます。相場表をつくる場合は、車の査定を一括でできるサイトの利用が便利です。



車の買取、査定をお願いする前に、車体についている傷は直すべきなのか考えてしまうところですよね。


自分で容易に、直せる程度の小さめの傷であるなら、直した方がよいでしょう。





しかし、自力で直せない大きな傷の場合は、修理の依頼はしないでそのまま車査定を受けた方がいいのではないかなと思います。





中古車を売る場合には、あらゆる書類が必要になってきます。


車検証や発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが主に必要で、他にも、実印なども用意することが必要です。



あとは実際の店舗で準備する書類として、譲渡証明書、委任状などがあります。車買取業者に中古車を売却した時には、自賠責保険による返戻金を受けとれます。自賠責保険の有効期限が1ヶ月以上余っているなら、還付されるのです。


車の一時抹消登録か永久抹消登録をする場合には、入っている自賠責保険会社より返金が受けられます。車を手放そうと考えているときは、還付金を忘れずに受け取るようにしてくださいね。