Audition 

2004年10月03日(日) 14時31分
久しぶりなのにいきなりですが、とにかく眠い...突然予定が入って金、土と二晩続けて外泊。4時間づつくらいしか寝てません
昨夜の夜中0時から日本映画「Audition」とやらが始まったので何気なく見始めた。再婚相手を探すため映画業界の友人のオーディションに同席した中年男(石橋凌氏)が見染めたのは、清楚でどこか影のある女(知らない女優さん)。実は彼女、幼少期に虐待されたことが原因で殺人を犯し続けるという異常人格の持ち主だった...彼女の犠牲者へのいたぶり方が半端じゃない。舌を切りとり、手の指や足を切断し、体中に針を刺すetc...後半は画面を見れず音しか聞いてないけど十分恐かった。こんな日本人の女がほんとにいると思われたら嫌すぎる

アコモデーション探し 

2004年08月11日(水) 23時00分
今朝も具だくさんのサンドウィッチをいただいた。なんと中身のサラミまでもがB氏作今日は豚の顔肉の胃袋詰めを作ってこっちに住んでる親戚に配る予定だとか。伝統的なハンガリーの家庭料理なんだって。
今日は次に住む部屋探しにとりかかった。雑誌で広告を見つけた女性用ホステルの場所を確認するためにインフォメーションセンターへ。地図で探してもらったところ載ってる住所はSuburb名が間違ってるし近くにトラムストップがなくて不便だから、行き方を先に確認するように薦められた。電話してみると留守電のメッセージがいかにもオージーのおじさんの暗ーい声で怪しさ全開Cityに近い割にはRentが安いし裏があるかもだからこれは避けた方がいいと判断。結局ネットで見つけた日本人女性がオーナーのシェアハウスの見学を予約した。
次に、夜あまりにも寒いので暖かいパジャマを求めてショッピング。女性ものはズボン丈が明らかに長すぎるので子供服コーナーを物色。いい感じのものが見つかったので試着ブースへ。こちらでは係りの店員が何枚持って入るかをチェックするシステムなのでモノを見せて申告。いざはいてみる段になってよく見ると、School Kids用のジャージでしかも10歳児用と発覚それがぴったりフィットして喜ぶべきか複雑な心境・・・でも6.90ドル(約610円)はお買い得でした。試着担当の彼女、無表情に応対してくれたのはプロの証

スーパーマーケット 

2004年08月10日(火) 23時00分
今日もCityをうろうろ。大型チェーンのスーパーで物価や品揃えをチェック。かのTIMTAMの新バージョンを発見して即買い。Tia Mariaとは?どんな味か楽しみ
ランチはフードコートでパッダイ(タイ風やきそば)を食べた。日本で食べるのと遜色なく美味だけどボリューム多すぎなのにすべて納めてしまった私の胃袋って・・・
夕食は昨夜のLeftover。満腹だって訴えたのにデザートのアイスも無理矢理たべさせられた。Aちゃんの後を追って丸くなることは確実・・・



スーパー“SAFEWAY”の店内


TIMTAMコーナー

初めてCityへ 

2004年08月09日(月) 22時00分
朝ご飯はBさんの手作りサンドウィッチ。いろんな野菜と卵が入った本格的なもの。朝からこんな手の込んだものを作るなんて私にはできないわー。
Aちゃんが学校へ行ってる間、Cityで銀行口座の開設手続きや買い物をした。あちこち歩き回ったけど7年前の記憶とリンクしたのはFlinders Street駅のみ。Artisticな建物が増えて工事中のビルも多くイメージと違っていた。名物のトラムも最新バージョンが登場しててびっくりもうひとつ驚いたのが駅のエスカレーター。昼間はすごくゆっくり動いてて“チッ、とろいな”って思ったのに帰りは倍速に!!なんとラッシュ時だけスピードアップするらしい。細かいことにこだわらない気質の国なのに都会はやっぱり違うんだ。意外・・・



Flinders Street Station


St Paul’s Cathedral


Federation Square

ハンガリー料理 

2004年08月09日(月) 1時00分
前回の続き
Aちゃんとは半年ぶりなのでお互いに話のネタが尽きずマシンガントーク炸裂
その間オーナーのBさんはずっとキッチンに立って、珍しい揚げパンやデニッシュを次々に私たちの前に出してくれる。彼はハンガリー人でとても料理好き。私たちがしゃべっている間に赤ワインをたらふく飲みながら、ビッグランチを作ってくれた。ハンガリー料理にはスープが欠かせないそうで、今回はいろんな野菜とチキンのスープ。チキンと言っても日本では普段あまり見かけない心臓・首・足の肉も入っていた。思いのほかあっさりしてて美味。これだけで結構なボリュームなのにメインはターキーの丸焼き。お腹にリンゴとベーコンが挟まれていて臭みがなくこれも。料理の間の赤ワインでできあがり気味の彼は、やっと自分の番がきたとばかりにジョークを連発。ほんとはとても話好きなので、ストレスがたまっていたらしい。酔いも手伝って笑いが止まらなかった
食事の後片付けを彼がしてくれている間私たちは近くを散歩。外は肌寒くてどんよりしたお天気だ。Melbourneでは一日に四季があるって言われるくらい目まぐるしく天気が変わる。今日も朝は晴れていたのに夕方には雨がぽつぽつ。特に冬は雨が多くて憂うつな空模様が続いているとか。春が待ち遠しいな

Melbourneに到着!! 

2004年08月08日(日) 21時00分
こっちに着いてもう3日目。いろんなことがありすぎて何から書けばいいのか迷ってしまう。。。
シンガポール航空はやっぱり快適。各座席にディスプレイがついているので自分の好きな映画を落ち着いて観れるのが嬉しい。今回は観たいものばっかりで選ぶのが難しく、結局「シュレック2」と「Eternal Sunshine of the Spotless Mind」に決めた。シュレックは単純明快で分かりやすかったけど、やっぱり子供向けって感じ。Eternal〜は、大好きなJim Carryが期待通りの演技で役柄になりきっていたのですっかり入り込んでしまった。ラスト15分は不覚にも号泣してしまい、斜め前でお母さんに抱っこされていた2歳くらいの女の子に不審な目で見られて恥ずかしかった
トランジット後、翌朝早くにメルボルンに無事到着。今年2月からこっちに住んでいるAちゃんと半年ぶりに対面心なしか顔がふっくらしたような・・・。後でこの原因を身をもって体験することになる。一緒に迎えに来てくれたシェアメイトのBさんの車でユニットへ。私の大好きなほどよい田舎の住宅地にあって、想像よりも広いし内装もOK。しばらくの間お世話になることになった。____
今日はここまでで時間切れ。続きは次回に。。。

今日来たネットカフェはUSBを繋げないみたい。画像のアップができないよー。LuCaちゃん、どーしよーー!!次はまた別のとこ試してみます。


8月12日(木):USBがOKになったので画像をアップ

シンガポール空港にて



ターミナル内になぜか鯉が優雅に泳ぐ池&蘭植物園が・・・






今日からスタート 

2004年08月03日(火) 23時30分
今週末から始まるオーストラリアでの生活の断片を、写真ニッキとして残していきます。

出発まであと4日。いよいよ準備も佳境に入ってきて、午前中にダウンやフリース等の大物を送る手配を済ませる。
午後から最後(になるはず)の買い物に。
デジカメのメモリーカードを買ったあと、バーゲンについふらふらと引き寄せられ、周りの雰囲気にのまれて買い物リストにない衣類を3点も買ってしまう。
この時点で既に時間が押していたのに、向こうで渡すお土産を選ぶためデパート3軒をハシゴして悩みまくる。最後は半ば投げやりな気持ちで和風のオルゴールなどを勢いで購入。
ダッシュして営業時間ぎりぎりに旅行会社に到着し、なんとか航空券をゲット。半年に渡って何度も電話でお世話になったAさんと遂に対面。彼女はイメージどおり朗らか&豪快な人で、ようやく渡豪が実現することを一緒に喜んでくれた。感謝!!
更に場所を変えて日用品を買いあさるも、途中であえなくタイムオーバー。改めて買い出ししないといけなくなった。こんな調子で出発に間に合うのか!?かなり不安・・・

家に帰って部屋に散乱するセーターや手袋を見て脱力__
荷造りの続きは明日にしよう。そうしよう。。。


2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:diary_aussie
読者になる
Yapme!一覧
読者になる