長崎の印象

November 14 [Thu], 2013, 23:05

樟くすのきの若葉の下を白絣の浴衣がけの老人が通るという夏景色ナイキ スニーカー
であった。反射の強い日光を洋傘一つにさけて島津家の庭を観、集成NIKE スニーカー
館を見物し、城山に登る。城山へは、宿の横手の裏峡道から、物ずきナイキ ランニングシューズに草樹を掻き分け攀よじ登ったのだから、洋服のYは泰然、私はひどナイキ スニーカー レディース汗を掻いた。つい目の先に桜島を泛べ、もうっと暑気で立ちこめたナイキ フリー
薄靄の下に漣一つ立てずとろりと輝いていた湾江、広々と真直であっナイキ バッシュた城下の街路。人間もからりと心地よく、深い好意を感じたが、思いナイキ エアマックス出すと、微に喉の渇いたような、熔りつけられた感覚が附随して甦っナイキ コルテッツて来る。そこを立って来た夜半に、計らず聴いた雨の音故一きわすがすがしく、しめやかに感じたということもあろう。鳥栖とすで、午前http://www.n-ikejpheya.com/
六時、長崎線に乗換る時には、歩廊を歩いている横顔にしぶきを受ける程の霧雨であった。車室は、極めて空いている。一体、九州も、東海岸をずーっと南に降る線、および鹿児島から北に昇って長崎へ行く
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dianjimn
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dianjimn/index1_0.rdf