南部鉄のハンドベル 

September 13 [Sat], 2008, 12:27
南部鉄製のハンドベルを開発してるらしい。
日本商工会議所の地域資源∞全国展開プロジェクトというものの一環だそう。

なんだかすごくいい音がしそう

地域の伝統技術を使って市場を開拓できれば、技術の継承にも地域産業の興隆の一助にもなって、一石二鳥ですね。伝統技術が廃れたらあまりにもったいないし。

昔、ふるさと創世一億円なんてのがあったけど、せっかくの一億円の使い道のアイデアに乏しかったところもいくつか印象に残っています。
このプロジェクトみたいなお金の使い方ができたらよかったんじゃないかと思えます。


http://www.chiikishigen.com/0306/index.html

初めてソロを作ってみる 

September 05 [Wed], 2007, 21:52
吹奏楽のイベントで、曲中にティンバレスのソロをさせてもらうことになった。
本番1週間前、CDで聞いた同じ曲のボンゴのソロを、ティンバレスでそのまま真似して演奏してみたけどしっくりこなかった。
別のを考えないと、と思いながらもどういうふうにするか、方向性が決まらない。
本物のラテンを含めて参考になりそうな音源をいろいろ聞いてみたけど、あまり参考にならず・・・。「ティトプエンテ トップパーカッション」ていうCDを見つけたときは、その題名から期待したけど、今回の参考にはならなかった。

本番前日、熱帯JAZZ楽団のティンバレスのソロがある曲を教えてもらった。
曲も違うし真似はしないけど、自分でどう作るか方針が決まった。おかげでかなり助かった。
その日の夜の練習では自信を持って出来た。

ところが翌朝、本番前の最後の練習で、前日と会場や配置が違うせいか伴奏を聞きとれない。
本番で聞き取れなかったらまずい。ドラムに、大きく演奏してさらに拍の頭を強調してもらうように頼んだ。自分もドラムの楽譜を見て頭に入れておく。
自分のソロの3連符などはなくし、なるべく拍の頭には音を入れておくことにした。
本番30分前。控え室で最後の手直し。ペンを持ってなかったので暗記する。

本番、無事演奏はできた。
緊張してたから、良かったのか悪かったのか自分では分からなかった・・・。
発展途上で迎えた本番だったけど、25日後の演奏会でもこの曲でソロをさえてもらえそうなので、練り直してみよう。

ティンバレスを買ってみる 

August 28 [Tue], 2007, 20:30
ティンバレスを買ってみることにした。

 メーカーも種類もいろいろあるけど、どれにするか。
 定評があるのはLPのティト・プエンテのシグネチャーモデル。定価はもっとするけど、実際には10万円を切るぐらいで買える。数も多く出ているし。自分がラテンバンドのティンバレス奏者なら、たぶんこれを買う。他に、JCRやソナーも気になるところ。・・・というか、安いのを探さないと。吹奏楽団だから、ティンバレスにだけあまり費用をかけていられない。

 探してみると、パールに、カウベルホルダー、カウベル1個付きで3万円ぐらいのがある。しかもロッドもついてる。
カウベルとロッドは持ってるものを使うつもりだったから付いてなくていいんだけど、この価格帯で手に入りそうなのはこの商品だけ。でも、雑誌とかにときどき載っている、初心者向けのトランペットやサックスのセットを思わせるのがちょっといやなんだけど。このティンバレスのセットのコンセプトは中・高の部活など学校向けということみたい。一応使用に堪えるかな。

 これは直径が定番よりやや小さめ。高めの音がいいのでそれはいいのだけど、あとは音色と響き具合。
 実際に自分で試奏できれば一番いいけど、この辺では店頭にない。試聴できるサイトがあったので、いくつかの楽器と聞き比べてみた。演奏の手順をそろえてあるのは良かった。でも・・・自分もノートパソコンのスピーカーで聞いてる時点でちょっと無理があるけど、楽器を替えても演奏の強弱はそろえて欲しいなあ。結局微妙なところは実際に届いてみないと分からない。ちゃんと鳴ってくれますように。楽器が届いたら、次の本番用に作ってあるソロを手直ししようかな。

HQRF6GM 

July 27 [Fri], 2007, 21:53
注文して、届くのを心待ちにしている物があります。
HQのREAL FEEL 6GM
打楽器の練習用パッド。
今持ってるのも気に入ってるけど、別のタイプのものも必要になりました。

試奏したかったし当日持って帰りたかったので、楽器屋さんを数軒まわったけど置いてなかった。
何にしろ新しい道具を買うのはわくわくするものですね。いろいろ調べて、自分の気に入ったスペックのものを選ぶのは楽しい。
今週末にはちょっと間に合わなさそうなのが残念。早く使ってみたい。

名前のとおり本物の楽器に近いリバウンドだそう。静かさ、耐久性もある。最もシンプルな部類だけど、初心者からプロまで使えるモデル。
しかも私の手持ちのスタンドに付けられる。
スティックバッグに入るサイズのものにしました。(これでスタンドを収納できるバッグがあれば持ち運びがかなり楽になるんだけど。スタンド用市販されてなさそうだけど。何かいいのないかな。)
ちなみにスネアドラムの上に置いて演奏してみると楽しいことになるらしい。届いたら試してみよう。

以前に比べて、最近の練習台は飛躍的に性能が上がりましたね。選択肢もすごく広くなった。値段もちょっと幅広くなったけど。

昔は、リバウンドがあんまりなかったり、逆に硬すぎたり、静かなわけでもないし。種類もあまりなかった。
あのREMOのだったか、赤い練り消しか粘土のみたいなののほうがよかった。今も売ってるみたいだけど。
学校で机を台にして練習できた間はあまり不便はしてなかったけど、そのかわりスティックを買い換えるスパンが短かったな。

最近は、いくつものメーカーから種類が豊富に出ていて、実際の楽器のリバウンドに近いものから、柔らかめ、硬めなど様々。音がほとんどしないもの、かすかにするもの、音程を感じられるもの、ブラシの練習もできるもの、リムを付けたもの、スネアのヘッドと同じ素材を使ったもの、響線の音を模したパーツを付けられるもの・・・と目的と環境と好みに合わせて選べます。
サイズもいろいろあるし、持ち運びに便利なものも増えました。
広い選択肢から選ぶからこそ、愛着も沸くんですよね。(届く前からなんだか愛着。道具類買うときってそういうことありますね。)

悲喜交々 ― 演奏会、コンテスト、東京タワーとウエディング ― 

June 02 [Sat], 2007, 22:49
アップするのがずいぶん久しぶりです。
この間、いろんなことがありました。
秋に吹奏楽団の演奏会があり、年末にアンサンブルコンテストに出て府大会金賞取れたり、友人の結婚式や2次会があり、東京タワーに登ったり、「東京タワー」のようなことがあったり(親ではなく祖母ですが)。。。
喜ばしいことがたくさんあったけど、悲しいこともあり、もう悲喜こもごもな時期でした。
仕事のほうでもいろいろあったし、春ごろにはちょっともう倒れそうでした(苦笑)

気候のよい季節で楽だし、時間的にも前より余裕も出てきたので、過去のことを振り返って考えてみてました。たいそうなことを考えていたわけではないですが、我に返ったというか。
忙しい時はすごく忙しかったし、できるときはその分何かしていたし、落ち着いていろいろ考えてみる時間はずいぶん久しぶりでした。就職して以来かも。

「東京タワー」は、本屋にやたら積んであるし、ドラマ二つに映画、とすごい反響だなあと思いながらも、あまり観てみる気にならずにいましたが。
家族が本も映画も良かったと言うので、自分も本を少し読んだり、映画を見ました。
主人公が入院している母親に付き添うために、その病室で仕事をしているシーンなどは自分に重ねてみていました。
何かしながらでもそばに居る時間を増やしてあげたほうがいいと考えていたので、横で忙しくしていたのはいいのですが、気持ちに少し余裕があればとは思いました。時間は先へ進むだけで戻ることはできないですね。

子供のころは、進学やらなんやらで環境も自分もどんどん変化していくけど、大人になると、時間がたつのが早いわりに変化は少ないような気がしていました。
それが最近は、やっぱり同じ速度で変化していると思えます。


ちなみに、東京タワーに行ったのは「東京タワー」の影響ではありません(笑)
東京での結婚式に出席したあと、友人の希望で登ったのでした。

大阪人チェック! 

August 26 [Sat], 2006, 0:06
仕事のいろいろ、一山超えた。今日はゆっくりパソコンを開けてみる。
また山がきそうなので、ちょっと一息。

「ご当地の踏み絵」
http://www.linkclub.or.jp/~keiko-n/go.html/gototi.html

大阪人チェック!

● 世界中のどこに行っても大阪弁を通す。

最初にこの質問を持ってくるのが気に入ったわ。通す。

●  近所に贔屓のお好み焼き屋が3軒以上ある。

むしろたこ焼き屋。どこの駅前にも探せば必ず1軒あるね。

● 「おもろないヤツ」といわれることが、最大の屈辱だ。

大阪の男の子は、笑いを取れることもかっこよさの一つと思ってる。
私は女の子やけど。

● エスカレーターで左に立っている奴を見ると、こいつよそ者やと思う。

思う!

● 「スジャータ、スジャータ、白い広がりスジャータ。スジャータが9時をお知らせします」。時報CMといえばスジャータである。

もちろん。

● 市道7号・豊中亀岡線の中央環状〜牧落間のことを「ロマンチック街道」と呼ぶのは恥だと思っている。

恥とは思わないけど、その呼び方を知らない人に言うときは、ちょっと気恥ずかしい。

● のこぎりを見ると、ヒザにはさんでしならせながら、たたいてみないと気が済まない。

テルミンにも似た響き。

● 論理的な説明が下手で「どばー」などの擬態語が入りまくる。

なあんや。私だけじゃなかったんや。大阪人は皆そうってことなんやね。(違?

● ドラマでヤクザが出てくると、いつも大阪弁なのが腹が立つ。

べつに。

● その発音がヘタだとさらにむかつく。

それはむかつく。

● 人の話を聞いてるフリをしながら、常に自分のしゃべるネタを考えている。

何で知ってるん?

● 何事にもオーバーに話をする。

私はそうでもないな。

● いまだにUSJとUFJを言い間違える。

私は大丈夫やで。

● 国道176号は「いなろく」、国道171号は「いないち」と呼ぶ。

言うまでもなく。

● 冷蔵庫に塩昆布がある。

大阪だけなん・・・!?

● ボケた後、頭をしばかれても腹が立たない。

そういう視覚にうったえるツッコミはテレビだけ。日常会話ではしない。

大連 

August 02 [Wed], 2006, 21:13
今日の夜、ガンバ大阪と大連実徳の試合が放送されますね。
こないだ大連に行ってきたので、ちょっと親しみがわきます。
ガンバ大阪も地元のチームですし、目を引かれる組み合わせ。

大連は、行く前はあまり期待していなかったんですが、行ってみるとなかなか楽しめたし親しみがわきました。
町ができてまだ100年ほど。文化的・宗教的な遺産があるわけでもなく、特別自然が多いわけでもなく、町はきれいだけどソフト面ではまだまだ。
でも、町そのものを知ることが意外とおもしろかった。
親しみがわくのは、日本の都市、それも少し前のと似ているからかなあ。町並みだけでなく人々の生活も。経済的に発展しつつあって、町の雰囲気が明るい。
人の姿も日本人と似ているし。

見知らぬ人にまたものを尋ねられました。
空港で、入国管理局とかに出す書類の書き方を聞きたかったみたいです。
一生懸命中国語で話しかけられて中国語の書類見せられても、私には教えてあげられません。
日本語で「日本語じゃないとわからないの。ごめんね。」と言うと、その中国の人は
「あぁ、日本の人でしたかー。」と顔で言って去っていきました。
仕事で来てる格好には見えなかったやろうしなぁ。たぶん中国人に見えたんやろう。

東西格差 

July 31 [Mon], 2006, 21:52
小太鼓の撥を買うとき、曲がってないか確かめるためには転がすとよいのですが。
「何してるんだろう・・・?」と思われそうだったり。
転がせそうなスペースがあまりなかったり。
床しか転がせなかったり。
欲しい撥が店頭になくて取り寄せだったり。
私がいい店を知らないだけでしょうか。

しかし、東京には、転がし台が置いてある楽器屋さんがあったり。
品揃え豊富な打楽器専門店があったり。(ドラムセット中心の専門店はこっちにもあるけど。)
レンタル打楽器付きの貸しスタジオがあったり。(ドラムセットがある貸しスタジオはこっちにもたくさんあるけど。)
打楽器が活躍してそうなライブがいろいろあったり。
こういうとこ、東の人がうらやましい。

15年ぶりに体重がへった 

July 15 [Sat], 2006, 15:20
先日、会社の健康診断があり、3kgほど体重が減っていました。

今の身長になってから、15年以上、ほとんど体重の変動がなかったのに、急に。
運動やらお菓子やらストレスやら年齢や生活の移り変わりなどで、体質や体型は変化しても、体重はずっと±1kgぐらいだった。

思い当たる理由は、寝る前に食べないようにしていること。
昨年から体調を崩して以来、いろいろ調べてみて、体調をよくするためにいくつかルールを作りました。
「寝る前3時間は食べない」ことがそのひとつ。
胃が食べ物を消化するのにかかる時間は、だいたい3時間だそうです。
つまり、寝る時間までに、胃に食べ物が入っていないようにしておく。
(食べてしまったら遅く寝るほうがいいというわけではないですよ。食事のほうを合わせないと意味がありません。)
夜遅く、どうしてもお腹がすいたら、ミルクやスープなど、胃にあまり留まらないものを口にするようにしてます。
幸い、今は会社の残業もこのルールを実行できるぐらいの時間で収まっているし。たまには守れないときもありますが。

根気よくルールを守っているおかげか、体調がよくなってきてます。
体重が減っても、スタイルがよくなるかどうかは別の問題なので、体重が減ったこと自体はうれしいとは思わない。
でも、体の変化が目に見える数字になって現れたので、決めた「ルール」の体への影響を実感してちょっと驚いています。

梅ジュース 

June 15 [Thu], 2006, 22:11
今日は梅雨入り宣言後初の梅雨らしい天気になりました。

梅雨。梅が実るころの雨。梅・・・。

そうだ、梅ジュース漬けようと思ってたんだった。
去年の氷砂糖の残りもまだあるし。
と思い立ってスーパーの店頭をのぞくと、梅コーナーに梅が並んでました。
梅コーナーはガラガラで残り3袋だけ。
間に合った。売り切れてなくてよかったー。

漬け方はいろいろあるようだけど、今年は一番手間のかからないレシピにしよう。
漬けるときに楽なかわりに、できあがってから殺菌のため加熱。
生のままのほうが栄養ありそうだしおいしそうだけど、今年はしかたないか。
とにかく。おいしくできあがりますようにー。
■プロフィール■
■名前■
よし吉
■よし吉は・・・■
大阪人 B型人 会社員 昭和生まれ
■好きな事■
音楽を聞く・演奏する
生命の神秘と驚異に感動する
本を読む  テニスをする・観る
最新コメント
アイコン画像よし吉
» 大阪人チェック! (2006年09月02日)
アイコン画像アキコ
» 大阪人チェック! (2006年09月02日)
アイコン画像Shu
» 大阪人チェック! (2006年08月26日)
アイコン画像よし吉
» 梅ジュース (2006年07月13日)
アイコン画像Shu
» 梅ジュース (2006年07月10日)
アイコン画像よし吉
» ところでパーカッションって何? (2006年06月17日)
アイコン画像アキコ
» ところでパーカッションって何? (2006年06月17日)
アイコン画像よし吉
» Soil & "Pimp" Sessions ヨーロッパ・ツアー (2006年05月14日)
アイコン画像アキコ
» Soil & "Pimp" Sessions ヨーロッパ・ツアー (2006年05月13日)
アイコン画像メディアネット
» 初ル・クルーゼ (2006年04月03日)
■サイト内検索■
■サイト内検索■
Google
MyblogList
BlogList
http://yaplog.jp/diamonddast/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:diamonddast
読者になる
Yapme!一覧
読者になる