ザ☆カラオケ 

July 17 [Mon], 2006, 13:43
友人のお仕事が終わるのを待って

3ヶ月ぶり??位の、カラオケ

いぇ〜〜〜い

あんまりにも久しぶりだったもんで
二人とも、テンション上がりまくり

高い音があんまりでないんだけんども、
ジュディマリとか、aikoとか、歌いまくり。

最初、2時間くらいの予定で入ったのに。。。無理

いつもなら、1時間越えるくらいで喉に異変をきたし、脳みそにも同様の異変が訪れるのですが。。。
こんかいは、へっちゃら

むしろ、物足りない

時間いっぱいになる前に、フロントに電話

もちろんフリーに変えていただきました

お兄さん、ナイス機転

私、ナイス押し

そんなこんなで、しっとり系の歌を歌うことなく(笑)、

テンション高い夏歌歌いまくって、

午前1時回りだした頃から、仲良しも私も壊れ始め。。。

ビジュアル系に走り出す。

仲良しハロプロ。系に走り出す。


そんで閉めは。。。タッキー&翼

二人とも、立ち&振りつきで、やりきりました

ストレスたまりまくってたのね、私。

また、遊んでね〜〜〜

宇多田さんのLive。 

July 03 [Mon], 2006, 18:33


宇多田さん、です。
行ってきました、今年2本目のLiveです。

いやぁ。すごかった、です。
ほんと、“すごかった”

歌い手というか、歌を歌うことを職業にしている人って。
こういう人のことを、言うんだなって。

宇多田ヒカル」という一つの音を奏でるもの。

声の存在感。
「宇多田ヒカル」の存在感。

これらが、ものすごくしっかりとしていて、
他の音に甘えず、頼らず。
自分の言葉で、
自分の声で、
自分の思いをしっかりとぶつけてくる。

自分のバックバンドを紹介した後、
「そして、歌の宇多田ヒカルです」
と、言ったのは。
彼女の、存在の大きさを、思わせる。


だからこそ。
受け止める側の私たちは、大変だけど、でも。
すごく、感動する。

ちなみに…
私が、一番感動したのは。
誰かの願いが叶うころ」です。

誰かの願いが叶うころ あの子が泣いてるよ
みんなの願いは同時には叶わない

私の涙が乾くころ あの子が泣いてるよ
このまま僕らの地面は叶わない

小さな地球が回るほど 優しさが身に付くよ
もう一度あなたを抱き締めたい できるだけそっと


チェロと、ピアノ。
そして、宇多田さんの、声。

大きな会場に響き渡る。
そして、心、震わす。

誰かの、願いが、叶うころ。
誰かが、涙を流す。
この世の、不条理。
でも、だからこそ、私たちは考えていかなければならない。
幸せを、求めることを、恐れてはいけない。
幸せを、願うことを、やめてはいけない。
でも、だからこそ、知らなければならない。
自分だけが、幸せを求め、願っているわけではないということを。
そして。
幸せをつかむことが出来たなら。
そのことを、思い、次へ、伝えていかなければならない。

ふう。
全てに、感動した。

魔の3週間。 

June 24 [Sat], 2006, 17:41
いやいや。

明日は!!明日は!!明日は!!

よ〜〜〜〜〜やく、お休み

ふぅ

6月に入り。
梅雨入りとともに。
最大のイベント成人検診が、始まり(泣)
新人なのに、担当

土日休みを求めて。
人間らしい生活を求めて。
転職したのに(泣)

明日は、3週間ぶりのお休み

ありえません。

が。

ありえました(泣)

朝、ゆっくり寝ていられる幸せを噛み締めながら、明日は過ごそう。

・・・でも、図書館、行かなきゃ・・・

来週の、準備をしなきゃ・・・

(泣)

・・・しかも。

代休、ちゃんと、も、もらえる、よ、ね?????(泣)

来週は、頑張って働きます

目指せ!!働きマン!!

HY☆LOVE 

May 28 [Sun], 2006, 22:10


なんちゃって。
LOVEって…(笑)
強調しちゃってるけどね。
うっひひ。

そうです!!
だって、行ってきちゃったの。
HYのLIVE
もう、かなり前に。
チケットを手に入れたときに言った気がするけど、もう一度

今回のツアータイトルは
HY WATTA SHINKER '06 TOUR〜mu-ruiinchu〜
これは、沖縄言葉で、
意味は「僕らの仲間 みんないいひと」ってことらしい。

4列目のど真ん中で。
かなり手が届きそうでした
ひーで、かっこいい
しんちゃん、楽器の陰で…み、見えない

でも、普段テレビなんかで、見るときには。
全く、えぇ、全く。
話が上手とは、言えない。。。のに。
ライブはやっぱり違う

かなり、楽しかった。
意外と、饒舌じゃん、ひーで

さて。
やっぱり、HYは。

ひーでといーずの歌も、
ひーでのギターも、
いーずのキーボードも、
しんちゃんのベースも、
ゆーへいのギターも、
しゅんのドラムも。

CDで聞いてるのとはまた違って、
一つ一つの音が、体中のいろんなとこで響いて、
そして、いろんなところに吸い込まれて、
ズーンと重く、
スーッと軽く、
ほっこり暖かく、
痛いほど悲しく。
私の中に取り込まれていく。

あぁ、いいな。

歌い手と、聞き手と。
繋がってる。
いい感じ、だ。

また、会いたい。
また、聞きたい。
また、感じたい。


…それにしても。
かなり跳びはなたから、次の日は筋肉痛というよりなんか、「攣ってる」かんじ(笑)
なんか変なとこで、年を感じちゃいました(泣)

でも、ライブはやっぱり、だいすきだぁぁぁ!!

SINOBI 

May 14 [Sun], 2006, 14:24
側にいて愛する人 時を越えて形を変えて
二人まだ見ぬ未来がここに
ねぇこんなにも 残ってるから

信じて愛する人 私の中で君は生きる
だからこれから先もずっと
サヨナラなんて言わない

あの日きっと二人は 愛に触れた

~浜崎あゆみ 「HEAVEN」 より〜



歴史的背景とか、そういうのを期待すると、ちょっと物足りなさが残るかも。
でも。
弦之介と、朧のの物語だと思えば。
二人の心の細やかな、動きとか、触れ合いとか、繋がりとか、仕草とか。
二人の思いを象徴するような、景色も。
揺れ動く思いも、切なさも、やり切れなさも。
そして、二人を取り巻く人間模様も。

全てが、素敵な世界観を作り出している。

「二人が結ばれるのは、夢の中のみ。
それが運命。」


愛する人よ、側にいて。
どんな形でもかまわない。
どんなに先の未来でもかまわない。
きっと、二人が真の世で結ばれることが出来る日がやってくる。
幻ではなく、現世で必ず。
そう。
私たちは、きっとあの日、に触れたのだから。




黄金週間。 

May 07 [Sun], 2006, 13:00
ここは、東北。

今年はこの黄金のお休みに待望のが咲いています。
そして、うれしいことにいいお天気も、続いています。
今までのパターンだと。
今頃はもう、葉桜??って感じで。
「桜を見るためだけに出向いていく」という、いわば花見ってやつを、もう何年も、何年も!!していませんでした。

けど、今年は一味違います

いわゆる桜のはしごってやつを、してきちゃいました

  

青空に、桜が映えます。

桜にも、いろいろ種類があって。

はかなげな枝垂桜や、凛とした梅の如き山桜も勿論好きですが。
豪華絢爛、ソメイヨシノも、大好きです。

今回のは。。。ソメイヨシノ

遠めじゃなく、近くで見るとまた趣が違います。
一つ一つの小さな花が集まって、一つの鞠を作り、その鞠が集まって、きれいなソメイヨシノを、形作っている。

はぁ、きれいだ。

ちなみに。
今年の、桜の、テーマソングは。
いきものがかりの「サクラ」です。
見ている間、結構ずっと流れていて、口ずさんでた。
歌えるのは、サビの部分だけだけど(笑)

それから。。。
桜のはしごをしたのには。。。訳があります。
それは、ね。

プリチーベイべー 

April 30 [Sun], 2006, 20:11
この前の、お休み。

私と同じ日にこの世に生を受けたお子と、その母上に会いにいってきました
はぁ。もう。

めっちゃかわいい〜〜〜〜〜
おねいさんは、とろけます

赤ちゃんって、お世話をしてもらわなきゃ一人じゃ生きていけないから。
自分の身を守るため、
母や周りの人に、
「かわいい」とか、
「お世話してあげなきゃ」とか、
思わせるような顔のつくりや、笑顔とか、泣き声とか、
そういうのを兼ね備えて生まれてくるらしい。

上手いこと、出来てるな。

作戦成功、ですよ

母は、育児が板についてるし。
なんか、前からいたようで、違和感ないし。
子も、母も、かなり幸せそうでした。
子は、母の気持ちよさを、やっぱり知ってるんだね。
“赤ちゃんを抱く”って事には、慣れてたつもりだったけど。
でも、わかるんだねぇ。
愛ってやつの、暖かさを。

いいなぁ。

今度は、きっと人見知りの頃かな?
また、あそんでちょうだいね。

仲良しごはん。 

April 19 [Wed], 2006, 23:00
この前。
大学時代の仲良しと、1年ぶりの再会を果たした。
彼女は隣県にお住まいなので、今までなかなか会えずにいたけど。
今回、ちょっと思い切ってみた
待ち合わせは。
大きなショッピングセンター内だったから、お互いに携帯を耳に当てながら、
「今どこ?え?そっち??」
まるで、迷路状態

彼女はすでにお昼を済ませていたので、
私は一人、ちょっと遅めのお昼をしながら、
1年ぶりだなんて、なんか不思議な感じだった。
全然、そんな感じがしなくって、昨日とか、一昨日とかも会ってたりしてたような感じ。
なんか不思議だ。

話には花が咲く

彼女は、昨春
今の私よりも1年早く、同職に付いていた、いわゆる先輩。
私達の代で、この職に付いた人は、私と彼女と、もう一人で、計3人。
本当に、貴重な、逸材
仕事のこと、ここ一年のお互いのこと、友達のこと、くだらないこと。。。
話したいことは、たくさんあったはずですが、たくさん話したような気もするけど。
物足りなかったような、気もする。

特に、仕事に関しては。
まだまだ知識も乏しく、その道での苦労も上手く見えていない私にとって、
この職の素晴らしいところも、難しいところも、そして、自分自身の責任も。
色々と見え出して、色々と考え出して、それでも必死に前に進んでいる彼女は、
とても、とても、キラキラとまぶしくて
愚痴も言ってるのに、楽しそうで
まだまだ、対等に話ができないし。
同じスタートラインに立つには、まだまだ、時間がかかりそう。

だけど、
病院の時と違って、みんなでやる→個々に頑張るって感じの職を選び取ってしまった私にとって。
同じ「話」を出来る彼女がいるってことは、本当に大きいことだ。
本当に、大事なことだ。
心強いことだ。

頑張んなきゃなぁ。

そのうち、また、あいましょ、ね。
今後とも、宜しく。


はじまり。はじまり。 

April 09 [Sun], 2006, 22:12
あぁ、明日からまた。。。始まる。。。

今まで、かなり不規則生活の上、3日以上の日勤をこなしたことが(あまり)ないので。。。
肉体的疲労は、かなり大きい。
一週間って、意外と、長いのね

けどけども
日の出とともに起き
日中に働いて
暗くなったら帰って
夜は寝て…
ってな生活は、かなり身体に優しい生活であるということに、今更ながら気付かされている次第

でも、さすがに。
この1週間は、もう、ほんと、1ヶ月に相当するくらい、目まぐるしく、目新しく

私の職場は、なんかもう。
行った初日から、かなり慌ただしかった。
辞令交付されて書類書いてそのあと3時間くらい応接室で待たされてようやく各部署への挨拶回りをしたかと思えば。。。総務からのオリエンテーションとかも特になくそのまま職場へ。
行ってみたらば、職場では…机異動の真っ最中…
上司&スタッフの配置が総入れ替えされたため、上もスタッフも混乱中(泣)

しかぁーーし!!

4月は新年度

新年度なんです、よ!!皆さん!!

既に事業は始まってるんです、よ!!

問題は、そこですよ。。。

だって。。。

Carry On My Way 。 

March 30 [Thu], 2006, 3:23
Long Long Night
夜明けの光をさがして
君をさがして...

そんなに自分を責めないで
誰にだって孤独の夜はあるから
ため息もすぐかき消される 街の中で
傷つくたび やさしくなっていけるはず

ゆずれない夢があるなら I Believe
この道の先で出逢える Love & Friends
こんな日ばかりじゃないよね It's my life
涙を拭いて

Yes! Carry On my way
Carry On my dreams
明日は晴れる
Yes Yes, Let's start again
Let's move again
さあ 手をのばしていこう Woo…
涙が止まらなくてもかまわない
自分らしさ 奪われず生きてればいい
So Carry On 

未来さえ見れない この国で
生き急いで 落ちていきそうな時でも
魂まで 街の誰かに 奪われないで
たったひとりの自分を 大事にしなきゃね

旅立たちはいつも哀しい bye my love
でもここにいるわけにはいかない without you
このままじゃ終われないよね It's my life 
歩き出そう

Yes! Carry On my way
Carry On my dreams
やり直せる
Yes Yes, Let's start again
Let's move again
さあ 胸張っていこう Woo……
かすかな光が見える あの場所へ
もう一度 今日からまた始めればいい
So Carry on

Yes! Carry On my way
Carry On my dreams
明日は晴れる
Yes Yes, Let's start again
Let's move again
さあ 手をのばしていこう

Yes! Carry On my way
Carry On my dreams
やり直せる
Yes Yes, Let's start again
Let's move again
さあ 胸張っていこう Woo……
かすかな光が見える あの場所へ
もう一度 今日からまた始めればいい
So Carry on


〜SPEED 「Carry On My Way」より


あまりに思いがぴったりで。
これ以上の、言葉はありません。
抜粋しようかとも、思ったけど、削るとこなんてありません。

新しいこと、自分の夢に向かうことに後悔はないし、むしろ楽しみであることは勿論。
でも、その反面。
今のこの職場と、スタッフと、離れることを寂しいと思うことも、当然のことなんだ。
でもそれは、やっぱり。
この一年、自分を育ててくれた皆さんと、自分とが本当に一生懸命だったからだと、思うのです。

この期に及んで、こんなことばっかり言っててもきりがないけど。
今までの感謝と、これからへの希望を忘れず。
精進、しましょう。


■プロフィール■
☆名前  きら
☆好きなこと                     ・映画館で映画をみること。                   ・絵本。                   ・歌詞を深読みすること。
☆好きなもの                    お酒。友達。家族。春巻き。
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:diamond_kira
読者になる
Yapme!一覧
読者になる