現場に勝るものなし 

2006年10月09日(月) 23時13分
さて、暫くぶりの日記です。
夏の間自分のなかでジャニ熱は上がってたんですが、なんか上手く文章にできなくて。
そしてここの書き難さも相変わらずです。反応がすっごい遅い。


実は10月7日8日と、ライブ現場に行ってきました。
姉妹校の文化祭で、外のアーティスト呼んで実際に体育館でライブしました。
体育館なので、まずは舞台を作るところから。
他所から運ばれてきたものを搬入したり、それを使って舞台を広くしたり、照明機材を吊るための鉄骨を組んだり。
今まで学校でやってきた知識をフル活用して、なんとか周りの作業に付いていくことができました。
やっぱり学校でやっていることはあくまで「実習」であって、「実践」ではないんですよ。
実習はどんなにゆっくり丁寧にやってもあんまり怒られないけど、実践の場はやっぱり時間勝負。早く丁寧に。

当日は照明やPAの機材搬入から始まって最後のバラシまで。
舞台関係で手伝いに来てる人たちは正直あんまり仕事がなかったんですが、やっぱりステージが出来上がっていく光景は圧巻。
今年の春のトキコンで、最後のエンドテロップのバック映像が仕込みの映像でしたが、本当にあれが目の前(しかも最初の方は自分もかかわるおまけ付き)で行われてました。
まだまだ自分が手を出せることはかなり少ないけど、それでも見てるだけですごく勉強になりました。
バラシなんかもう本当に大変!舞台関係はセクションに拘らず照明もPAも手伝いました。
でもお陰で普段学校でもあまり目にしない他のセクションの機材を見ることが出来たので良かったです。


やっぱりこの仕事は大変だけど、ステージが出来て照明がついて音が鳴ってアーティストが演奏するのを見ると感動します。
しかも自分が関わってると尚更。何もなかった会場を知ってるからこそ、お客さんが入ってライブやってる実感が湧く。
まだまだ経験不足で失敗も沢山したし身体も動かないけど、これからは出会ったチャンス全部にしがみ付いてやろうという心意気です。


叶ったらいい夢ではなく、絶対に叶えたい目標。
それが少しずつ、でも確実に近づいていく。
そんな風に学校で過ごせたらいいと思います。

でも体力はまだしも、もう少し伸長が欲しい…。

なぜ? 

2006年08月08日(火) 0時50分
今日初めて「山下Pに似てる」と言われました。
しかも身内に。
俯き加減の顔が似てるらしいです。
彼はまだまだケツが青いし所詮同い年なので、似てると言われてもたいして嬉しくないんですが…。
そんな話で盛り上がった本日の夕食。


さてさて、今日で夏祭り第一弾が終わってしまいました。
月末に第二弾があるけど、その頃はそれだけじゃなく忙しいからな。
今回は専門学校に入ってからの知識もあるので、普通に楽しいだけじゃなく勉強にもなります。
主にバックステージ。鉄骨(イントレって言います)とかピンスポとかね。
明日から現実に戻れるか心配です。
とりあえず台詞がほとんど入ってないので、明日部活行くのが怖いです(笑)

久しぶりに 

2006年08月06日(日) 22時28分
私は絶叫系の乗り物が嫌いです。
でも乗らなければいけなくて、嫌だと泣いてしまいました。
そしたら一緒にいた麻琴さんが、「男女で乗れば怖くないんじゃない?」と言いました。
更に、「莉緒(仮)さんは達也と組んだ方がいいかな」と言って、長瀬さんと組みました。
私はどうしても嫌だったので、達也さんの腕に抱きつきました。
達也さんは、「大丈夫だよ。怖くないから」と言って頭をワシャワシャして慰めてくれました。



ていう夢を見ました。


絶叫系の乗り物は確かに嫌いだけど、泣き叫ぶほどではないです。
それよりなぜ一緒にいるのが達也さんと長瀬さんなのか。
腕に抱きついたり頭ワシャワシャしてもらったりって、私の願望ですかね。
ああ、私は達也さんにそういうことしてほしいのか。

昨日気付いた 

2006年07月06日(木) 22時27分
長瀬さんって、ジョニー・デップに似てるよね。

昨日バイト先のロッカーの外壁に、モノクロの人物写真のポスターが張ってあったんですよ。
通り過ぎ様、チラ見したらなんと長瀬さん!
と思ったらジョニー・デップでした。
本当に目とか髭加減とかそっくりだったんですよ!!
長瀬さんってほんとに顔濃いんだなー(笑)

ごめんなさい 

2006年07月02日(日) 10時46分
1ヶ月放置になってしまいましたね。
まあここ1ヶ月ちょっとジャニーズ離れしてしまったんですよ。
あ、でも買うものはしっかり買ってますよ。そして申し込むものもちゃんと申し込みました。
そろそろコンサートの時期になってきたので、なんとなく自分の中でジャニ熱が戻ってきたというか。
ボチボチ書いていこうと思います。


昨日は健ちゃんの舞台を観に行ってきました。
本当は今日行きたかったのに振り返られたんだよぅ…。
感想は一言で言うと「健ちゃんにあってる」ですかね。
そして1度でも泣けるけど、自分の中で理解出来てる2回目の方が泣けると思います。
というか、私は2回目のが泣いた(笑)

それでですね、帰りに軽くご飯食べて9時頃新大久保駅に向かったんですよ。
そしたら、駅前の信号でなんと隣に共演者の方が!!
母が最初に気付いて、友達と「すごい普通だよ!」と見ていたんです。
その後券売機の所で母が声かけてました(笑)
いやぁ、昨日は誰も観に来なかったけど、最後にそんないい事があったので良かったです。


あー、なんか駄目だ。
文章が上手く出てこない…。
本当は5roundV発売中止の腹いせに、トラベリングマン小噺の続きを書きたいのに。


あ、健ちゃん誕生日おめでとうございます!
もう27歳ですか…。見えません。
きっと今日の舞台は何かサプライズがあるんだろうなぁ。

きっかけ 

2006年05月26日(金) 22時00分
学校の先生と話す切欠が掴めません。
その先生はあるバンドのサックスプレーヤーで、現役でアレンジャーみたいな仕事もしているらしいんです。
でもその先生と仲良くなりたい理由は別にあるんです。

じつはその先生が所属しているバンド、サックスとトロンボーンの2トップなんですね。
で、そのトロンボーン奏者というのが、TOKIOやV6でバックバンドやってたヅッキーさんなんですよ!
うまくいけばヅッキーさんと繋がることが出来るんじゃないかな〜と思ってるわけです(笑)
先生と仲良くなればヅッキーさんとも繋がれるかもしれないし、ヅッキーさんと繋がれたらコンサートで挨拶とかいけるかもしれない!!
なんてことを日々考えてるわけですよ。
でも授業内容がスコアリーディングなんですけど、スコアに関してはピアノをやっていた頃にたくさんやったので質問するような内容でもない。
(むしろ今更学ぶことでもない)
しかも面白いことを言うような人じゃないので、世間話も出来ない。
あぁ、一体何を切欠に話しかければいいんだろう…。


さてさて、もう来週はコース選択です。
火曜日にやった照明の実習で、実際に調光卓をいじりました。
実際に曲に合う照明を作って、何組かでオペレートしたんですが。
どうやら調光は私が一番上手かったようです。
先生から褒められ、「君照明来なよ」と誘われました。
うーん、「やっぱり照明もいいなぁ」とは思うのですが、やりがいでいったら舞台監督のほうが面白そう。
なので、コースは舞台監督コースにしようと思います。
まあ舞監にいても照明は学べるからね。
出来る限り舞監も照明も極めてやろうと思います!

懺悔 

2006年05月22日(月) 21時59分
人を傷つけない人間になりたい。
でもそんなことは絶対に無理だから、せめて傷つける人を一人でも減らしたい。
それによって自分が傷つくことは構わないから。

逃げて、傷つけて、また逃げて。
私はそんな弱い人間なの。
だからこそ、少しでも強くありたいと願う。

強いことが必ずしも良い事だとは思わない。
それでも私は、強い人になりたい。

何故! 

2006年05月20日(土) 23時50分
昨日の学校帰り、イノなきを買おうとバイト先の本屋に行ったら。
井ノ原さんの写真が表紙の本が平積みされてました。
新刊コーナーの方に行ってみると、「イノなき」のポップがある場所に井ノ原さんの顔写真が表紙の本が置いてありました。
いや、売り切れるのはいいんですが、何故そこで「アイドル〜」の方を置く!?
しかも今日の回覧で回ってた情報の紙には「イノナキ」って書いてあった。「なき」はひらがなだから!!
前回の「アイドル〜」の時はフライングで店頭に出てたのに、今回はフライングもなしで即売り切れですか。
(前日に売場担当の人に聞いたので、間違いなくフライングはなかった)
仕方ないから、恥を忍んで注文しましたよ。もう何とでも言え。
他店に在庫があるそうなのでそんなに時間はかからないと思いますが、手元に「イノなき」が届くのは一体いつになるやら。
やっぱり発売日に無理して足のばしてでも買いにいくんだったなー。

人生の転機 

2006年05月18日(木) 21時51分
とか言うと大袈裟ですが。
専門学校に入学して早2ヶ月。
そろそろコース選択の時期が迫ってきました。
最初は照明をやろうと思って専門に行ったんですが、見学の時の体験と基礎実習を通して、照明もいいけど舞台監督もやりがいがあって良さそうだなと思ってたんです。
力無いけど力仕事好きだし、コンサート全体が見られる舞台監督も楽しそうなんですが、コンサート本番中に動くスタッフになりたいというのがあったので、やっぱり照明かなぁ。
なんてことをここ数日ずっと迷ってたわけです。
でも今日の制作実習の最後に、先生から「今年はコース毎にコンサートを作れるようなカリキュラムにしている」と言っていたのを聞いて、やっと気持ちがほぼ固まりました。
やっぱり照明もやりたいけど他のコースにいても照明の基礎的なことは出来るし、舞台監督はそれをちゃんと学ばないとわからなくなりそうなので、そっちを選ぼうかと。
技術は基礎が出来ていれば、あとは現場によって応用していくものだと思っています。
そして私が専門学校という選択をしたのは、基礎を学ぶ為です。
この選択によってこの先の人生が全て決まってしまう訳ではないですが、やはり自分の仕事に関する選択なので、しっかり地を固めてから進みだしたいと思います。


まあせっかく舞台監督の講師と仲良くなったので、それを使わない手はないと(笑)
まず舞監コースに進むにあたって、体力をつけなくちゃ!


そして仲良くなったクラスの子が実は青菜☆の後輩だったことにちょっと撃沈…。
あ、青菜☆誕生日おめでとう!!

三十路バースディ 

2006年05月17日(水) 23時25分
井ノ原さんがついに三十路に乗りましたね。
これでトニセンみんな三十路ですね。
一体どこまで高齢化するんでしょうか(笑)
これからも変わらず、(コンサートで)格好良い井ノ原さんでいてくれるとうれしいです。


とりあえず携帯から。
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■カテゴリアーカイブ■
http://yaplog.jp/diamond2332/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:diamond2332
読者になる
Yapme!一覧
読者になる