ドコサヘキサエン酸は目にいい?

June 27 [Mon], 2016, 13:17
頭が良くなる栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)や脳の発達を促進する栄養素(時には、健康補助食品やサプリメントなどを上手に利用してもいいかもしれませんね)として広く知られているドコサヘキサエン酸(魚の摂取量が減っている昨今では、一日の必要摂取量を食事で摂るのは難しくなっていますね)とは言っても、実は脳や頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)だけじゃなく、目にも良いということがちかごろでは注目され始めているものです。なぜ、脳にとっていいと言われている成分が目にも良いといわれているのでしょうね?そこには、ちゃんと関連性があるんです。そもそも、私達人間が何か物や景色をみる時、実は目で物や景色を認識(柔軟に変化させられることがいいといわれることもあります)している為はなく、目から入って来た情報を視神経や網膜(厚さは0.2ミリくらいですが、視力を左右する非常に重要な構成要素なのです)をつうじて脳に伝達し、脳が認識(自分のものに固執していると、視野が広がらないでしょう)しているのです。そして、ドコサヘキサエン酸(魚の摂取量が減っている昨今では、一日の必要摂取量を食事で摂るのは難しくなっていますね)には視神経の細胞を活性化して、情報を滞りなく脳に伝える働きがあるのです。滞りなく脳に伝えることにより、よく目が見えるようになりますので、視力回復に効果を持つと言う名前のだといえるはずです。その上、何かもの等を見る時に必ず機能している網膜(厚さは0.2ミリくらいですが、視力を左右する非常に重要な構成要素なのです)のほとんどは、ドコサヘキサエン酸(体内では合成できないので、食事やサプリメントなどで摂取する必要があります)でできているのです。しかし、ドコサヘキサエン酸は人間が体内で作りだすことができない成分なので、食事などから積極的に自分で摂ることを意識しなけれねダメなのです。ドコサヘキサエン酸(多価不飽和脂肪酸の一種で、必須脂肪酸だといわれています)を多く含んでいる代表的な食材としては、簡単に言ってしまうなら魚類に多くふくまれています。そのなかでも豊富に含まれる魚は、鮪、ブリ、サバ、サンマ、カツオ、鰯などの青魚です。魚を摂取したら言う事は、ドコサヘキサエン酸だけじゃなく、カルシウムも豊富に含まれている為、健康にすごくよいです。青魚が苦手だという方はドコサヘキサエン酸(多価不飽和脂肪酸の一種で、必須脂肪酸だといわれています)が入っているサプリメント(体質や体調、服用している薬との相性があるので、慎重に選ぶ必要があります)も売られていますから、そちらを試してみては如何でしょうか。ただ、ドコサヘキサエン酸(マグロの煮つけやかま煮などを食べると、たくさん摂取できるでしょう)は多量摂ってしまうと、血液が中々凝固しなくなったりしてしまいますよね。そうすると、転んで傷ができてしまった時に、血が中々止まらなくなってしまったりするため、摂取量は注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)する必要があります
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mio
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dhyedulyvobsnb/index1_0.rdf