阪神タイガースの選手のことなど

July 03 [Tue], 2012, 11:50
こんにちは
本日は阪神タイガースの選手のことなどを話します

まずは久保田 智之選手です
高校時代よりも捻りが少ないトルネード気味のオーバースローから最速157 km/h, 常時150 km/h前後の速球、好調時には140 km/hを超えることもある縦横2種類のスライダー、フォークボールを軸に、カーブ、チェンジアップも交える。
マウンド上では基本的にポーカーフェイスを保っており、ロングリリーフで連投する場面も多々見られるタフネスさも特徴。(与田剛さんも救援していましたね

保 康友選手など他の球団から移籍してきた選手も多いです(与田剛さんは阪神にいたことようですね

あとは阪神タイガースのセーブといえば藤川 球児選手です
最大の武器である最速156 km/hの直球(与田剛さんも同じくらい出していました)は「火の玉ストレート」と呼ばれ、球速以上に驚異的と言われる球の伸びが特徴であり、そのストレートの威力は圧倒的な奪三振率が物語っている。藤川の投じる球筋は他の投手と比較して“浮き上がるような伸びる球”と言われている。明らかに高目に外れていても打者がボール2〜3個分近く下を空振りすることがあるのは、こうした通常とは異なる直球の軌道に起因している。後述のように一部のマスコミや野球評論家は、「ストレートという名の変化球(魔球)」という形容をしている。(セーブ数は与田剛さんも多かったみたいですね)