築くのは築いて成、あるいは

July 23 [Tue], 2013, 16:42
築くのは築いて成、あるいは浮き彫りの金剛の顔とめでたいけものの造型、あるいは彩色上絵の蓮の花とボタンの図案。専門家は紹介して、たとえ明清の皇帝陵ですとしても、棺のベッドもただ一層のれんがの石、この墓棺ベッド竟多達6層、確かにめったにありません。原本の棺のベッドの上で放置して石椁がいて、内に木棺があります。現在石の椁と木棺は皆すでに壊されて、ただ一部の石の椁の部材だけが残ります。その中の石椁南の側が板の造型に立つのは最も精巧で美しくて、中部の彫刻は“木をまねてにせの扉を構成する”があって、浮き彫りは戸の枠、扉のかんざし、門扉、鍵などにつきあって皆彩色上絵で与えて、特に鍵の上で金箔を置く装飾の手法は感嘆させられます。
墓の主な夫人の墓は意外にも墓の主人の豪華
な節度使に比べて唐代に一体どんな官ですか?節度使は唐の武官の1種で、主に軍事を管理して、外敵を防御して、州県の民政の職責を管理していないことを始めて、それから民政に関与することをも始めて、同時に民権、軍に対する指導権、財産権を一手に握ります。唐の後期に節度使の勢力は大いに強化して、いつもできる叛離朝廷、朝廷の腹心の大きな病気になります。唐幽州の節度使の安禄山と史思明の武装反乱は非常にその権力のにわかります。
劉が救うのは歴史の上で1人の重要人物で、《全唐文》の中に彼の伝わることがあって、これも墓誌銘に対して研究者のこのように重視する原因で、すぐ用いて史書の中で彼の記録について正確かどうかを確定して、同時に恐らく墓の主人が時代の重大な歴史事件につきあったことを発見して、直接歴史の文献の空白を埋めます。
北京市文化財研究所の所長の宋大川は言います:その時北京地区は劉、韓、馬、趙の四大一族がありました。唐至金から、劉氏は北京ですべて輝かしい名声がある大一族で、全部でおよそ400年あって、劉が救ってと彼の父の劉怦、息子の劉さんの3世代は皆幽州の盧竜の節度使です。劉救う死ぬことに関して、北京市石刻芸術博物館の研究員の呉夢麟は、武功の劉が救うの息子の劉さんに毒殺されたのですと漏らしています。その時劉は救って病気で寝こんで、2息子の劉さんは権力を奪い取ることを画策して、人を派遣して朝廷の使者を装ってデマを飛ばして、朝廷が劉が救って軍事機会にぐずぐずして遅れると思うと言って、節度使の1職を廃止して、長男の劉に玉縁をつけて引き継がせる。病気の中の劉は救ってこのことを聞いていて、絶食して志がはっきりして、後喉が渇いて水を飲むため、劉さんは陰で水の中でに向って毒物投入して、53歳の劉を救って中毒して死なせます。不明な状況の劉は玉縁をつけて父によって安平に向かうことを命じて、劉さんのうそは父で途中の棒にその兄を殺すように命じて、全部軍務から
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sdgtrey
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dhrty/index1_0.rdf