ご無沙汰しています 

2012年03月14日(水) 20時06分
ずいぶん長い間ブログの更新をストップしていました。
その間の大きな出来事は
第2子を出産したこと。

妊娠期間中はPCを開ける気になれず
手書きの日記を書いていました。

最近少しずつPCを開く時間が取れるようになりました。
心機一転、ブログはアメブロに引っ越します。

今までブログを読んで下さった方々、コメント下さった方々、
ありがとうございました

1か月ぶりに 

2008年06月27日(金) 21時55分
働きました。
今日は生後10日〜2週間くらいのベビーと母がくる外来。
尊敬する大先輩と一緒の勤務で
ありがたいお話をいっぱい吸収できました。
月1回、こんな機会を与えてくれた
心の広い職場に感謝、感謝。

今回思ったのは
やっぱり産後のお母さん、ベビーのケア
が好き、ということ。
ゆったりとした時間の流れで関われるし
やりがいも感じられるし。
お産の現場は喜びも大きいけれど
無事生まれるまで恐怖と隣り合わせで
ストレスが大きいのも事実。
どちらかというと産前の妊婦さん、
産後の母親、赤ちゃんに関わるほうが
合っているような気がします。

それにしても助産師という仕事は
探求すること尽きなくて、いろんな人と出会えて
飽き性の私の心をがっちりつかんで離さない
本当に面白い仕事だとつくづく思います。

       

ところで、今回久しぶりの都会だったので
空気の違いに戸惑いました。
すっかり田舎のきれいな空気に慣れてしまってたようで
家に戻ってきた時には
頭がガンガン。情けない〜。
  
        
 
最近趣味のガーデニング。
社宅の奥様友達と敷地内の荒れた花壇をきれいにしています。
ミニひまわり。
種から育て見事咲きました!
背丈が小さくてかわいい。





白いビオラ。今のところ花壇のお花は
白色をメインに、黄色をさし色にしています。





花だけでなく野菜作りにも挑戦。
土を耕して肥料を入れました。
最近ミニトマトの実がたくさんつき始めました。
他にもピーマン、そら豆、苺の苗も植えました。
欲張り?!


この花壇でも充分育つことが分かったからか
だんなの上司も野菜作りをはじめました。
今日は小松菜やかぼちゃの苗を植えていました。
荒れ放題だった花壇がみんなに活用され
だんだんときれいになっていくのが嬉しい
収穫の時期が楽しみ〜。







aroma 

2008年06月20日(金) 23時38分
社宅内の友達奥様から
「ベビーマッサージ教えて〜」
と言われたので
お宅に遊びに行ってきました。

裸んぼにしても全然泣かずご機嫌なベビー。
アーアーとさかんにお喋りしていました。
お腹が張っているのが少し気になったので
リフレクソロジーを活かすチャンス!と思い
腸の動きが良くなる反射区を触りました。
ベビーマッサージ&リフレク終了後
ウンウンとさかんに唸っているベビー。
授乳、お昼寝を経て
大量に便が出ました。スッキリ

ひと段落した後、
お友達にも背中&肩・首のトリートメントを
施行しました
「私がこんないい思いしていいのかしら〜」
とかなり満足してもらえた様子

仕事から遠ざかって忘れていたこの充実感、
喜んでもらえた時の嬉しさ、
久しぶりに思い出しました。

こんなことをいつか仕事にできたらいいな〜。

幸せのレシピ 

2008年06月04日(水) 21時36分
映画「幸せのレシピ」見ました。

有能なシェフ役のキャサリン・ゼタ・ジョーンズ。
彼女の料理を作る動きにみとれてしまいました。
エステティシャンみたいな流れのある動きで。
盛り付けるときの横顔はとても色っぽくて。
映画だなあ。。。

感化されやすい私は
さっそく夕食作るときに動きを
真似してみました。
炒めるときにフライパンを返したりして。
うまくいったので
調子にのってたら
しょうゆがドバドバドバっと入ってしまいました

映画の中で
「私の人生にもレシピがあったらいいのに」
というキャサリンに対して
「人生のレシピを作るのは君自身だよ」
という言葉が印象的でした。



近所を散策中に見つけた
海辺の教会。
かわいい〜
結婚式の時くらいしか
縁が無い教会ですが
先日たまたまコンサートを行っていたので
入ってみました。
久しぶりのコンサート、
癒されました

感謝 

2008年06月03日(火) 9時09分
いつでも心穏やかでありたい。
強くしなやかな人でありたい。

そんな境地に達することができたら
いいんだけど。
到底その境地に達しそうもありません。
ちょっと近づけたかなと思っても
またささいなことで心の波が高くなります。

ちょっと弱っていた時夫に
「私はホントは心が弱い人間なの」
と正直に言いました。
それに対して夫は
「自分のことを弱いって認められるごんちゃんは
すごいね」
と返してくれました。

なんとなくそれ以来
いつも穏やかな風を装うことで
自分の心の平静さを保っていた自分が
人に堂々と弱い部分を見せられるようになった気がします。


「ソワソワする」
これは私たち夫婦の間で暗黙の了解の言葉。
まさに「心がソワソワ」する時に発します。
なんだか不安だったり
変に気持ちが高ぶっていたり

わざわざ言葉で細かく説明してまで
分かってもらわなくてもいいけど、
でもなんとなく一人で抱えていたくない時に信号を発します。
信号を受けたほうは静かにハグします。

ここ最近私から信号を発する頻度が高いような気がします。
そのせいか夫は少し哀しそうな目をします。
自分に責任があるかのような。
決してそうではなく自分の問題なのだけれど。


最近、こんな言葉を聞きました。
「心はゆらゆら揺れていいんですよ。
土台(心の拠り所)をしっかりもっていれば
しなやかに揺れることができて
また元の位置に戻ってくることができます。
土台がしっかりあればいくら揺れても
壊れることはないんですよ」

自分にとっての土台はなんだろう?
答えはまだ出ないけど
これを見つけられれば
少し理想の境地に近づけるかもしれない
と思いました。

こんなにゆらゆら揺れることがあっても
壊れないのはハグのおかげです。
ありがとう。

ベランダのハーブ達。
働いていた時は必ず枯らしていた植物。
田舎に引っ越してきてから成長がすさまじい。

海の風にのってハーブの香りが部屋に
入ってくると嬉しくなる。



白い紫陽花。
近くの川原沿いにたくさん植えられていて綺麗。
しかもほとんど白色。
ここの町の花は紫陽花。
いたるところに植えられている。
もう少ししたらいっせいに咲きそう。
楽しみ。

米なすの揚げ煮びたし 

2008年05月30日(金) 18時26分
先日、九州の祖母と母と3人で行った
京都東山の鹿ケ谷山荘。
古い建物をうまく使っていて雰囲気のよい料亭。
そこで出てきた一品。
米なすの形そのまま残っていてかわいらしい


さっそく家で真似してみた。
見た目も味も雲泥の差だったけど
試行錯誤するのが楽しかった〜
やっぱり料理の腕をあげるためには
いろいろ食べに行ってお勉強しなきゃね。
・・とだんなにアピールしておいた。連れてってくれるかな〜

今度挑戦したいのはコレ!
これは京都嵐山の豆腐料理のお店で
出てきた一品。
←中央のお皿で泳いでいる鯉のぼり。
生麩の上に3色の田楽みそがのってる。
たぶん赤味噌、うにみそ、木の芽みその3色。
目はのり。これなら簡単にできそう



ひさびさ〜 

2008年05月26日(月) 19時50分
先週、月1回のお仕事へ行ってきた。
助産師であることを自分に再認識させる日。

職場に行くまでは京都観光モードの脳も
職場に一歩足を踏み入れると自然に仕事モードに。
あら不思議。
行くまでは仕事やだ〜なんて言ってたのに。
これなら本格復帰も
意外とスムーズにできるかも。

職場のスタッフからおかえり〜
とあたたかい声をかけてもらい
近況報告をし合う。
その横からこの人だれ?て感じの視線を感じる。
新人さんや中途採用の人がいっぱい入っていて
知らない顔もちらほら。
早くも浦島〜な感じ。

今回は母親教室担当。
分娩経過のお話のところで
大○ナナ子さんの研修で紹介されていた
カードゲームを取り入れてみた。
その振り返り・・・
・カードゲームは話のきっかけ作りとしては良い。
・カードの並び替えという作業をすることで頭の中が整理できる。
・参加者の発言により他の参加者が気づきを得る、ということを
 一番のねらいにする場合はポスターセッションのほうが
 効果がありそう。
検討の余地まだあり。このフィードバックは1か月後に。。

最近行ったところ
琴引浜。
歩くとキュッキュッと音が鳴る。
素足で砂浜を歩くのって気持ちいい。
温かくてサラサラの感触が足裏を刺激する。
「砂浜セラピー」て分野があってもいいんじゃないかと思うくらい
癒された。

舟屋。
漁で使う船が家の1階部分に入るように
作られているそうだ。
が、現在は船が大型化しており、
収容できなくなっている。
海辺ののどかな風景。

















魚づくし 

2008年04月23日(水) 12時56分
先日職場の先輩からメール&電話あり。
今週末の仕事の予定について。。
復帰の日が迫ってきた。
頭ちゃんと切り替わるかなあ。

さて、今日は週1回の食品宅配サービスの日。
社宅の前で奥さん達大集合。
これにもだいぶ慣れた。
いい人たちばかりで良かった、ホント

最近行ったところ↓


徒歩圏内に見つけた数少ない
オシャレなお店の一つ。
いつも予約でいっぱい。
だんなと予約せずに行った時はフラれてしまった。
奥さん仲間としっかり予約してリベンジ。
刺身、煮付け、天ぷら、お吸い物、茶碗蒸し
とすべて魚料理。

額縁のように切り取った広い窓。
絵みたい。
夜は外が暗いのでただの四角い窓になる
というから、
昼間に行ったほうが眺めはよさそう。


週末、少し車を走らせて
舞鶴港へ。
思っていたより田舎。
自然がいっぱい。




舞鶴のホタテとカキ。
大きい。
最近外でも家でも魚づくし。。

引越して3週間目 

2008年04月16日(水) 15時40分
先週末日帰りで城崎温泉へ。
桜は満開。
でも人は少なかった。
入った露天風呂も貸切状態。
なかなか良い所なのに、なぜ??

      
引っ越して3週間経ち
地元のことにだいぶ詳しくなってきた。
スーパー1つとっても、
その日水揚げの魚が安く手に入るところ、
国産の肉が充実してるところ、
地元の野菜が並べてあるところ
それから、図書館、美味しい食べ物屋さん、レンタルDVD屋さん
田舎のわりにまあまあ充実している。

社宅の奥さん達もとても良くしてくれて
彼女達の前で適度に地の自分も出すことができて
人間関係でのストレスは今のところ感じず。
ただ午後3時に集まって家でお茶してる自分には
まだ違和感ある。
働いていたらけっこう忙しい時間帯。
お茶したりは割と好きなのだけれど
こんな贅沢な時間の使い方をしていいのかと
ふと思ってしまう。
違和感といえば、奥さん達との会話では
相方のことを「主人」と言う自分にも心の中で「ぷっ」となる。
そういうことにはまだ慣れない。。

大学でとっていたフェミニズム関係のクラスで
「主人」「旦那」「奥さん」などという表現について話し合ったことを思い出す。
私はフェミニストではないけれど、それ以来そういう表現には
わりと敏感になっていた。
だから「主人」と言うのもなんとなく避けてきた。
が、近所の奥さん達はみな主人と言うのだから仕方がない。
ふらふら〜と環境に流される私。

そうそう、新しい変化といえば
車の運転をすることになったこと。
一人で乗ることができるようになり
時々ムショウに遠出したくなる欲求を
満たしてくれている。
自然もあり温泉もあり
思っていた以上に新しい土地を気に入っている。



温泉の帰りに寄ったカフェ。
日本海が見下ろせる高台の上にある。
久しぶりにオシャレなカフェに入り懐かしい気分に。
添えてあるミントが大きいのに驚き。さすが田舎。
裏庭でたくさん採れるんだろうな。

引越して2週間目 

2008年04月10日(木) 14時11分
不定期に仕事復帰することが決まりました。
主に母親教室か母乳外来を担当することになりそうです。
たぶん月1回くらいの”超”スローペースですが
以前勤めていた職場に電車を乗り継いで行きます

こんなフレキシブルな働き方を勧められた時は
ほんとにいいの?!とただ驚くばかりでしたが
どうやら本当にいいようです。
この話のおかげで
助産師という軸を
持ち続けることができて
焦燥感感じることなく
今の田舎生活を楽しむことができています。

この話が実現するように関わってくれたすべての方々に
感謝感謝。

近所の公園の鴨。
春になって陸にあがって活発に動き回る
光景をよくみます。

さすが田舎。
近所を歩いているとすれ違う人はほとんど
会釈か「こんにちは」を交わしてくれます。

釣りをしているおじちゃんが釣った魚を見せてくれたり
農家のおじちゃんが畑の菜の花をくれたり
田舎のよさをしみじみと味わっています。

ようやく満開に
だんな同僚の奥さん達と知り合い、
桜を見に行きました。
ランチ仲間ができて嬉しい
そう、そうのうちの一人が以前勤めていた
病院の患者さんでした。
世間は狭い!