おいしいジェラテリア

August 24 [Sat], 2013, 19:27
人気職業・シェフの実態調査


"イギリス人に聞いた!おいしいジェラテリアの見つけ方


「チャンピーニ」はスペイン階段に近いながら、地ベースイギリス人にも大衆受けがいいジェラテリア
いよろしいよ夏でしょう!ジェラートはなくてはならないローマ街歩きのアイテム!新鮮な素材で慎重に創られたジェラートは、お口のなかでほどけるように溶け、商品のいい程よろしい甘さに希望心地。ああ。

どうせイギリスに通うなら、一度食べたら忘れられない、絶商品ジェラートを試したいものでございました。

さて。どのような目安で店舗を選べばいいか。何事にもこだわりのあるイギリス人に聞いてみましました。

?目安この1「なめらかであるということ」
場合内のジェラートを覗いて、ボソボソした感じだったら、駄目。
クリームみたいになめらかな感じならOK

?目安この2「シーズンのフルーツを使っていますか」
旬のフルーツ、やっぱり新鮮な素材を使っていますか、と言う点で、店舗の味へのこだわり具合がわかります。

?目安この3「工房があるかどうか」
あれが何はさておき重要な目安でございました。ショップ頭に「altigianale」若しくは「produzione propria」と出てるかどうか。「ウチのショップで作ってます」と言う意味でしょうけれど、あれがないと、何処かの工場所から配達されたものになりますので、言い換えると、コンビニのアイスとなんらかわりがなくなってしまいます、ことなわけでございました。

と、いう感じでしょうけれど、さらにこだわりのジェラートを要求する状況は、



ウマイジェラテリアにはフタがある!

?目安この4「温度管理をするか」
チョコラータ、ザバイヨーネ等、ジェラート毎に保存している際の温度が異なりる。あれを徹底的にやってるかどうか。このショップのこだわりがわかりますね。

?目安この5「フタをするところは間異なりなくおいしい」
選択するときに見えないのはつまらないでしょう。と、アドバイスの分かれるところでしょうけれど、温度管理と言う点や、ムードに触れて味が違ってしまいますのを防ぐ、等と言う
点から、わたしは賛成派。確かに、フタって大切かも。

スペイン階段やトレビの泉、その2大観光スポットそばのウマイ!ジェラテリアをご披露しましょう。

■San Crispino サン・クリスピーノ

トレビの泉からvia del lavatoleに入り、宝石屋サンの角を左。徒歩数十秒。お勧めは「il gelato di san crispino」(ハチミツ味の切ない味が
おもい出に残るということ請け合い。「meringa alla nocciola tonda gentile」
(メレンゲをアイスにした、繊細な味。口のなかでホワワーンと溶ける感じがたまらん!)と、言うまでもなく、シーズンのフルーツもの。何はさておき小さいカップ3000リラ〜。3種類選べます。生クリーム(こういうことは何処の店舗もフリー)も忘れずに。


"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まま
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dhe78jw3/index1_0.rdf