お知らせ 

December 04 [Sun], 2005, 18:08
突然ですが12/4をもって下記URLに引っ越しました。
今後はこちら↓で更新をしていきますのでよろしくお願いいたします。
http://drama.cheerful.pupu.jp/

相棒【8】 

December 01 [Thu], 2005, 23:28
【8】 (05.11.30)

いかん、死ぬほど笑った。今シーズンは好きなのばっかりだなー。

なんすか?
「 インテリ、かっこ、例外一名含む、かっこ閉じ、失踪事件 」て・・・。
右京さん面白すぎ。

そいでもってカッコ良すぎる〜〜〜♪
不動産屋・信ちゃん(酒井敏也)の持ってる68の物件から、
「にわか雨」と「赤土」で見事監禁場所をビンゴさせちゃうとはね。
さすが和製シャーロック・ホームズだけのことはある?

しかも「刃桜の会」が中学生だった右京の書いたものて・・・。おぉ〜!(☆o☆)
前半、このドラマ始まって以来くらいニコニコしてた
女子中学生とのインタビューがまさかこう繋がるとは・・・・アッパレです。

「確かその話は中学生の書いた小説を・・・」とか言い出した時には、
ん?こ、これは・・・と思ったら、「もう来ています。」だもん。(大笑)

捕まるのに右京を羨望の眼差しで見ている信ちゃんが忘れられません。笑

出勤して来ない薫ちゃんのことを「流氷を見に行ったんじゃねーの?」
とか言ってる捜査一トリオにも笑っちゃったけど、
お金の亡者で前科者・ミサエ(佐藤江梨子)もやってくれたよね。
「注射打ちまちゅよー♪」っていったい誰へのサービスやねん。(^_^;)

ラストの右京さんのすっとぼけた表情も良かったなー。
そもそも前の日にミサエに「あれは亀山という男が・・・」って
「都民ひろば」(だっけ?)の記事のことを丸投げしたのが発端だもんねー。
なんであの時右京はそうしたんだろ?何かいやな予感がしたんだろか?

つーか、「都民ジャーナル」に取り上げられたきっかけの事件ってなんだろ?
そういうのって気になるよね。

鬼嫁日記【8】 

December 01 [Thu], 2005, 23:05
【8】 (05.11.29)

本当にこのドラマ軌道修正してるなー。

一馬の口車にまんまと乗って
「家事も仕事も完璧にやってみせまーす!」って、
すでに「鬼嫁」じゃなくなっちゃっているような気が・・・。

まあ、あの傍若無人な「鬼嫁」を見せつけられるもの腹が立つだけど、
これはこれでなんだか「鬼嫁日記」じゃないようで物足りない。

後半、早苗が風邪が治ってないふりをして一馬に大掃除なみの(?)の
掃除をさせちゃうのだって、言ってみれば一馬の自業自得だもんねぇ〜。
コンビニでお菓子を買い込んだり、「アイドル水着大作戦」のビデオ見たり、
・・・「鬼」のいぬ間に羽根広げすぎですってば。

つーかあの「1本2000円×5本」のビデオ、買ったんですかっ?
てっきりレンタルかと思っていたよ・・・(^_^;)

由紀はもう藤堂さん(?)となんでもなくちゃったのね・・・あっけない。

1リットルの涙【8】 

December 01 [Thu], 2005, 22:46
【8】 (05.11.29)

うーん辛いよねー。まりにも怪我をさせちゃって・・・。
模試も受けられなかったんじゃなかったのー?ってちょっとハラハラしちゃった。

修了式の日(だっけ?)の
「そう笑って言えるようになるまでに、私には1リットルの涙が必要でした。」
に涙涙。1年前では想像すらしてない出来事だもんね。
大学に行って、就職してって当たり前のようにやってくる未来だったはずだもの。
夢では歩いたり走ったりしてるのに起きたらスーッと現実に引き戻されてしまう。
「この私が私なんだ」なんてそう簡単に受け止められないよね。
きっと「1リットル」じゃ全然足りないでしょう。

でもそのあとに「合唱があった」とちょっくら小耳に挟んでいたもんだから、
どんなものかと思っていたんだけど・・・んー確かにちょっと唐突だったかな。笑

来週はいよいよ発声が危なくなってくるの?・・・つ、辛い。

危険なアネキ【7】 

November 29 [Tue], 2005, 23:26
【7】 (05.11.28)

やっぱ「MINAGAWA」は「みながわ」じゃないよね〜。
近所のスーパーの一番安いイモ焼酎と区別がつかないようじゃイケマセン。
寛子がテレビに出て有名になったからそれに便乗して一儲けって感じかな?
でもまあ別に悪い人ではなかったかなー@望月(鶴見辰吾)。
確かに「人情味」には欠けてたけどね。
一旦は借金も返済できたし、ある意味救世主っちゃー救世主・・・?

でもやっぱ見極めたイモをちゃんと仕入れて、
父ちゃんの製法を引き継いだ職人さんたちが作ってこその「復興」だよね。
勇太郎のグッドアイディアな雑誌の広告に涙が出ちゃったよ。(T_T)

で、結局勇太郎は「みながわ」を飲んだでしょうか?
「一度も飲んだことがない」ってセリフが何度も出てきて、
「勇太郎が『みながわ』を飲む」ということが、
結構このドラマのポイントではなかろうか?なんて思ってるんですけどねぇ。

でも全額戻したあげく、かかった経費を全部負担するって
ひょっとしてそれは借金が増えてちゃったことなのか?ありゃりゃ。(^_^;)

せっかく先週から太一の父親がチラホラしてたのに、
今週もチラホラしたまんまだったなー@岡田さん。^^;
なのにさらに来週は母親?ヨウコ(萬田久子)に<
「離婚弁護士」から間宮貴子(天海祐希)が参戦してくるってかー。
もうシッチャカメッチャカですね〜。
まっそういうドラマだから別にいいけどね。^^

ところで、写真撮影のとき寛子がアイスクリームを落としたのは
やっぱりハプニングでしょうかね?

恋の時間【6】 

November 28 [Mon], 2005, 23:04
【6】 (05.11.27)

「40すぎてても大丈夫」とか言っちゃう美保(星野真里)の無邪気さがいいゾ。
若いっていうだけで何でも許されそうだ〜。まあ悪気もないしね。
それしても家庭的で従順で・・・雪枝とは全く正反対のタイプよね。
悟志も雪枝みたいなタイプはもうコリゴリなんだろか?

香里夫婦がいよいよヤバいことになってきた。
旦那も「『母さん母さん』って俺の母さんじゃないっ!」とか、
それは心では思ってても言葉にしちゃダメだよね。

でも次の日、超不自然な雨の中(ロケ日は晴天でしたのね・・・^^;)、
ちゃんと傘持って迎えにいくとか優しいところもあったりするんだよね〜。
この時、耕平とキスしてるところを目撃しちゃうのかとドキドキしちゃったよん。

でもそんなこともなく、本当の波乱の幕開けは
バイオリニスト涼子の「奥さんには恋人がいます」の「チクリ」だったー!
カーーッ!来た来たーー。
なーんかありがちな展開だけど、ちょっと面白くなってきたかな?

それにしても山田と雪枝はこの先恋に落ちるんでしょうか?
そういうつもりで見てたんだけど、ちっとも発展しませんねぇ。
それどころか宮迫さんったらクレジットでは3番手なのに
なぜかビミョーに影が薄いような気がする・・・(^_^;A

そいでもって雪枝の部屋は山田が片付けてから何日経ってんの?
なんだか既にもう大荒れなんですが・・・(@_@)
雪枝の辞書には「片付ける」っていう言葉はないのか?
黒木さんって、「夫婦。」ってドラマでは
超几帳面で“何でもキッチリ片付ける主婦”だったな〜なんてことを
突然思い出しちゃいました。

野ブタ。をプロデュース【7】 

November 27 [Sun], 2005, 22:34
【7】 (05.11.26)

彰が信子にマジなのでとりあえず「プロデュース」は終了ってことで。
で、信子はかすみに誘われて放送部に入部しちゃった。
そば屋のレポートがクラスメートに思いのほかウケてるみたい・・・(^_^)

・・・はいいけど、なぜに彰まで入部してんでしょ?
きっと片時も離れたくない・・・のね。(*^_^*)

でも、
カラオケやボーリングに行っても
「こんなにつまんなかったっけ?」とか言ってる修二や、
修二の撮ったビデオに嫉妬してポイッと投げてみちゃう彰とか、
「私たちって付き合ってんのかな?」と修二に聞いて、
「好きになってくれる可能性は?」に「ない」って答えられちゃったまり子とか、
・・・んーなんかだんだん切なくなってきちゃったなー。

修二が子供の頃からヤケに聞き分けがよくて駄々をこねたこともないのは、
本当はとっても「人が好き」で、その人たちに嫌われたくないから
ずっと「いい人」の仮面をかぶってきたってことなんでしょうかね。

今回のイタズラは修二が撮って信子が編集したビデオテープをチョキチョキ。
あの場所にあるのを知ってる人って限られてるよね?
・・・かすみなのかなぁ?でもそれだと動機がまるでわかんないよね。
とするとやっぱまり子?
うーん、それとも意外や意外、信子自身ってのはドウヨ?(もうワケわからん)

着信アリ【7】 

November 27 [Sun], 2005, 21:38
【7】 (05.11.25) ローカル11/26放送

編集長はその昔「カミソリ」と呼ばれていた時代に
遭難事件を追っていた記者だったんですね〜。
そして仙堂は事件の捜査責任者だった・・・。
ってことは元々2人は顔見知りだったってこと?

榊の旦那さんは奥さんと娘の遭難に疑問を持って捜査してたのが裏目となり、
帝都大学のヤツラに殺されていたのかぁ・・・。

そりゃそうだよねー幼い娘がもう一人いるのにフツー自殺なんかしないよね〜。
はぁー先週はそんなことにはちっとも気づかんかったデスヨ。
で、その娘はやっぱりさやかだった・・・ヤッター当たった〜♪\(^o^)/

でも斉藤の「我々のしたことはそれだけでは済まされなかった」は、
榊を殺害したことであって、
「人肉食うっちゃう」ことではなかったんですね・・・な〜んだ。(^_^;A

そして突然仙堂が見舞ってますよ@沢田亜矢子さん。
エンディングのテロップを見ると役名は「真田律子」。
ってことは、この人が帝都大学の遭難メンバーリストの最後にあった
「真田一馬」の奥さんってことなのかな?
「真田一馬」が捜査に圧力をかけてる警察幹部ってこと?
仙堂が「どうしても救いたい」のは律子のことなんでしょうかね?

で、亜美(由美のお姉さん)との事件ともついにつながり始めてきた。
秋野たちは榊を殺すために10年前亜美が神隠しにあった日、
榊を学園に呼び出していたんですね。ほぉーなるほどー。
でもなぜにわざわざ「学園」に・・・?
このあたりの展開はちょっと強引っぽいなー^^;

そして亜美は由美の代わりにその日学園に泊まっていたんですね〜。
元々のいけにえは由美だったのか・・・。
でも由美は山下と仲のいい亜美に恐ろしく嫉妬を感じてたみたいなので、
ひょっとして「いけにえ話」も由美の自作自演で、
亜美は由美に殺されちゃったのかなー?とか
その記憶は由美自身も消し去っているのかなー?とか、
亜美の夢にうなされるのも心のどこかでそれが引っかかっているのかなー?
・・・とか思ったんですけど、どうでしょか?

まあ「人肉食っちゃう」ような発想しかできない頭なので自信はありません。(^-^;)

女の一代記・越路吹雪 

November 27 [Sun], 2005, 2:02
(05.11.25)

実はまだ途中までしか見てないんだけど
(あと40分ぐらい残っているかな・・・)
天海さんの歌が聞いてみたかっただけなので
きっとこの先を見ても感想は変わらないかな〜?
ってことでサクッと・・・。

とにかく展開、早ッ!
始まって50分ぐらいでもう20年くらい経過しちゃってるよー。
宝塚をやめたと思ったら、あっという間にリサイタルだー、
結婚だー、堕胎だーと、やたらめまぐるしかった。

どうして時子と一緒に宝塚をやめたのか?とか
ぜんぜんわかんないんですね。

「越路吹雪」を知らない人にはちょっとついていけないのでは?
と思いました。

まあ私がサラッとしか見てないだけからかも知れませんが・・・。

歌は想像してたよりも上手かったです。その前の日に某番組で
元宝塚の娘役だった人の歌声をたまたま聞いたんですけど、
予想に反して「アラ?」って感じだったので、(←失礼m(__)m)
舞台とスタジオでは発声も全然違うのかなー?と思いつつ、
天海さんの歌を聞いてなんだかなぜかとっても安心?しました。

花より男子【6】 

November 27 [Sun], 2005, 1:25
【6】 (05.11.25)

ゴールドの「俺専用」携帯電話、輝きすぎですー☆
しかもナゼに着メロがダースベーダー?(だっけ?)
陣釜さんかと思っちゃったよ・・・ってそれは白石美帆@「電車男」。

そしてつくしんちにはなぜかデカイ家具が大量に・・・!
だけどこの家具、司ママ・楓が3億持って来た時には
すでになかったんですが・・・いずこへ?
まさか本当にリサイクルショップ行き?@つくしパパ
いくらなんでもそれは司に対して失礼だよね〜。
まあ御曹司だからそんなのは「はした金」だろうけど、
一応「誠意」ってもんが・・・。

と、「庶民のデート」とやらを体験する司@上野動物園。
つくしと優紀とその彼・中塚(忍成修吾)と4人のダブルデートです。
しかしこの彼がまた絵に描いたようなチャラッとした男で・・・。
他の女のところに行こうとしてるんだもんねー。(ーー;)
その点、一途な司のほうがよっぽど可愛いよね。

しかし今回も
×にがしぶの選択 → ○苦渋(くじゅう)の選択
×ドッグニュース  → ○ビッグニュース
×レッスンパンダ  → ○レッサーパンダ
間違える方が難しって・・・(^_^;)

椿もつくしのこと「よもぎちゃーん」とか呼んでたから
道明寺家はみんな天然なのか?
楓は普通みたいだからパパの遺伝?なのかしらん?

類はフランスで忙しくしている静に何もしてあげられなくて、
つくしの「自分で稼いだこともないくせに調子こいてんじゃねーよ!」という
言葉を思い出しつつ、自分のふがいなさに気づいて帰ってきちゃったの?

でもつくしに「付き合っちゃおうか」とか言っててもどこか投げやりよね。
投げ捨てた雑誌には何が載っていたのか・・・気になるー。
★ Link ★
=本館サイト=
〜ドラマ情報サイト〜
Drama House Cheerful


=ランキング=
TVドラマランキング
参加しています。
ココが気に入ったらポチッと!
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
★ etc. ★
【お知らせ】
放送が終了したドラマの感想は
本館ドラマ感想保管庫
あります。

【今期のお気に入り度】
(11/20更新)
☆(とてもお気に入り)・・・
 大奥/花より男子
 野ブタ。をプロデュース

◎(そこそこお気に入り)・・・
 危険なアネキ/1リットルの涙
 相棒/着信アリ/どんまい!

○(普通)・・・
 鬼嫁日記/あいのうた
 ブラザー☆ビート/熟年離婚
 今夜ひとりのベッドで

△(んー)・・・
 恋の時間
★ 7月期ドラマDVD ★
http://yaplog.jp/dhcheerful/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dhcheerful
読者になる
Yapme!一覧
読者になる