BやっぱりDHAとEPA

October 05 [Mon], 2015, 20:18
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
お魚の脂にこんな成分が含まれていたとは、と言うことでDPAとEPAの話なんですが、どちらも人間の体に必要なものでありながら体内では作ることができません。

厚生労働省はこれらの1日の目標摂取量を1g以上と言っていますが、食事としてのお魚からこの量の脂分を摂取することは食事換算すると、なかなか食べきれない量になります。

なぜ急にDPAやEPAがこんなに注目されているのでしょう。

と言っても、ご存知の方が多いと思いますが、無理やり説明しておきますと、どちらも人体の重要な部分を担っていたからなのです。

どちらもn-3高度不飽和脂肪酸という物質で、血管内部をきれいにする性質があり、特にDHAは人間の網膜や脳を構成する成分の一つだったのです。

EPAは血管内部から血栓の元になる物質を除去する能力が高く、その結果血流サラサラということになります。

  ・DPA 血管中をきれいにする・脳や網膜を構成する成分の一部
  ・EPA 血管から血栓の元を除去する
  ※どちらも血管中の中性脂肪を排出する役割がある
   ただし、食事から1日の目標量を摂ることはほぼ不可能

と、言うことでサプリが登場するわけですが、大手が色々出していますね。

でもここでなければ、という製品に出会いました。

 @高品質なマグロの頭からのみ抽出
 A酸化させない、ハイブリッド抽出
 Bリキャップスという方法で乳化させ、体内で吸収されやすい

こういう特徴を持っています。

ルックルックDPA・EPAプレミアムと言います。

サイトがこちら。
 ↓ ↓
DHA・EPAプレミアム