ああ、、、ライブいきてえ 

2006年09月25日(月) 2時22分
ライブのチケットをチェックしてたら・・・



フアネス    11月

イルディーボ  1月




にライブがあるらしい。


行きたい。
行きたいんだが・・・。



両方とも平日ってどういうことなのよ


会社休めってか!!
あなたたちのためなら喜んで休みそうよ!!


でも11月は無理・・・。
ただでさえ、結婚式が3つあるのよ・・・_| ̄|○

λに歯がない/森博嗣 

2006年09月21日(木) 23時32分
4061824988λに歯がない
森 博嗣
講談社 2006-09-06

by G-Tools

読み終わりました。
今回はこれまでのGシリーズとは一味違う・・・??

Gシリーズでは萌絵が前に出る事はほとんどなかった。
恵美などが動いて、萌絵はそれをサポートしているような感じだったのが、
今回はS&Mシリーズのように萌絵が出張ってましたね。
密室と聞いただけで飛び起きる萌絵。

そして、森さんのお話では良くある
『動機なんてどうでもいい』的な終わり方。
「なぜ」「どうして」を森さんの作品で求めてはいけませんね。
このお話でも、4人の男性がなぜ研究室で死んでいたのか、
その理由はまったく明かされないまま終わってしまいます。


なにより気になるのは、犀川と萌絵の関係。
「も〜・・・結婚しちまえば??」
って思ってしまう。
だって、萌絵、犀川の膝の上に座ってんのよ!!
犀川もそれでうろたえたりしないのよ!!!!
チューとか普通にしてるのよ!!!!!


はぁ、こういう時に睦子叔母様の出番だよ。
「封印再度」の時のあの紙を・・・!!

デトロイト・メタル・シティ(1)/若杉公徳 

2006年09月18日(月) 20時13分
4592143515デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
若杉 公徳
白泉社 2006-05-29

by G-Tools

やばい。
笑える。。。これ。

噂では「おもしろい」って聞いていたのですが、
この表紙のクラウザーさんの迫力(??)に負けて買えませんでした・・・。

が。

かなり笑える。。。
クラウザーさんがテンパればテンパるほど笑える・・・。
自分の意思とは裏腹に、伝説を作りまくってします彼は、やっぱりメタルの素質があるのでしょう。

一見の価値あり!!

お久しぶりです。 

2006年09月11日(月) 20時54分

もーね、ほんとに、、、

あのあと、また夜勤が入ったり、仕事が忙しかったり、、、
今後は知人の結婚式が目白押しなので、
いろいろと用意もしなければいけない・・・

予定で5つも結婚式があるのですが・・・
この結婚ラッシュはなに???

そして、いつのまにやら、こんなのも発売していた・・・




4061824988λに歯がない
森 博嗣
講談社 2006-09-06

by G-Tools

森さんの最新刊ですYO!!!
奥さん!

早く読みて〜〜

ファサード (14)/篠原烏童 

2006年08月29日(火) 22時44分
4403618421ファサード (14)
篠原 烏童
新書館 2006-08

by G-Tools

ファサード最新刊です。

やっぱ、篠原さん、好きやぁ・・・
周りが当たり前のように思っていることに疑問をもち、
壮大なストーリーで投げかけてくれる・・・
ほんま、いつも最後に泣きそうになんねん。


でも、狼面(ウルフフェイス)が好きな私にとって、この話ではまったく出てこなかったので、ちょっと寂しい気がします

イリュージョン!! 

2006年08月27日(日) 23時13分
もひとつチケ取りました〜

デビッド・カッパーフィールドのイリュージョンを見てきます。
パフォーマンス系は好きでも、こういうのを見に行くのは初めてだ・・・。

最近のニュースって。。。 

2006年08月23日(水) 2時02分
最近のニュースって、変だと思いません??

特に思うのが高校野球。
どこの高校が優勝したって事実だけ放送すれば良いと思いません??
普通のスポーツニュースのように放送すればいいんですよ。

ハンカチ??
同じようなの買ってどうするのよ。
何か理由があって買うならいいと思う。
でも、周りが騒いでるから買うとかって、、、
そのうち、そこらのハンカチと紛れるか、タンスの肥やしになって、
「あ〜、あのとき、こんなん買ったね」
で終わるのがオチだと思うんですけど。

テレビもそんなん特集してどうするの??
そして、見てる側もそれに乗ってどうするの??



って言うのが最近の感想。

詩的私的ジャック/森博嗣 <再読> 

2006年08月23日(水) 1時23分
4061819410詩的私的ジャック
森 博嗣
講談社 1997-01

by G-Tools

再読4冊目、S&Mシリーズです。

やっぱり、今回もまだ萌絵が暴走しているなー・・・と思うのは私だけ??
首を突っ込みすぎて前回同様(過去記事「笑わない数学者/森博嗣  <再読>」)殺されかけたりしています。
犀川先生にあれだけ釘刺されてるのに・・・。
もう。
「τ」とか読んでるとそうでもない気がする・・・大人になったということか。
まぁ、このシリーズを読むと、
「大人になる」  =  「いいこと」
とは書かれていませんけどね。

今回も、これまで同様密室が出てきますが、
今回、注目されていたのは、「何故、密室でなければいけないのか?」という点。
犀川の言葉を借りるならば、

「一番のポイントはね、何のためにそんな密室をつくったかだ、How よりも Why だ」

です。
この言葉通り、この密室の「何故」が解けることにより、真犯人が分かっていくのですが・・・。

ここで出てきます、森さんのミステリー独特なもの。
「動機なんか知らない」
的な考え方。犀川先生、動機なんかに興味ありません。
知りたくもないとおっしゃっています。
まぁ、京極堂シリーズにも書かれていることですが、
動機なんて「後付け」されてしまうものって。

今回は珍しく文系人間が出てきましたねぇ。
(篠崎・・・そうですよね??)
かなり異質な感じがしました。
「ハート」「ハート」連発していましたが・・・うーん、こういうタイプは苦手だ。。。

VAMPIRE CAFE 

2006年08月23日(水) 0時37分
さて、前の記事で「ダンス・オブ・バンパイア」に行ったことをお話しました。
  --> 過去記事『ダンス・オブ・ヴァンパイア

実はですね、お友達プロデュースで「ヴァンパイア祭」と称しまして、
「ダンス・オブ・ヴァンパイア」のあとに、VAMPIRE CAFE に行って来ました


入ったとたん怪しさ満点です。

赤いベルベット(?)のカーテンで覆われた店内・・・
(しかも、17時開店なのに17時15分に行った為、客はウチらだけ)

フロアの真ん中に置かれている棺桶・・・

中にはきっと伯爵がいるのです。
ヘルさんならなおのことOK。

さぁ、ここにおいしそうなオナゴが二人、ここにいるわよ・・・ジュル
(ちょっと熟してるかも)


お友達が前もってコースを予約しておいてくれたので、
そんなに高くつかずにすみました。
こういう創作系(?)のって、一品がけっこうするからね。

デザートもこんな風にかわいいのが出てきました
ちっちゃい十字架が立ってるの。


このお店、
お姉さんは黒猫のカッコしてるのに、
お兄さんは普通の服なのね。

お姉さんが猫耳とシッポ付けてるんだから、
お兄さんは背中に小さな蝙蝠の羽とか付けてくれたら面白いのに・・・

なんて、勝手なことを思ってみたり。



でも、今日はほんまにヴァンパイアずくしで面白かった〜
ありがと〜

ダンス・オブ・ヴァンパイア 

2006年08月22日(火) 23時58分
見てまいりました、巷(?)で有名な

ダンス・オブ・ヴァンパイア

あの山口祐一郎さんが出ているということで、加熱している方も多いとか。