葛城哲哉の梶野

July 05 [Tue], 2016, 20:10
肌が荒れてしまうといった肌トラブルは、いつ急に起こるか分かりません。

日々、スキンケアを入念に行っていたとしても、多彩な原因が元になって肌荒れを起こしてしまいます。



では、肌が荒れた場合のスキンケアは、どうするのが良いのでしょうか?お肌が荒れてしまった時には、一切、化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。

食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)、コスメを使わないようにする人もいますが、保湿対策だけは普段よりしっかりとすることこそが大切となってきます。ニキビを潰してしまうと、膿が中から出てきます。


さらに潰してしまうと芯が出てきます。それがニキビの原因となるものなのですが、潰して中から芯を出すことはあまりオススメできることではありません。無理矢理に潰すことになるのですから、さらに炎症は広がります。


ニキビ跡として残ることもありえますので薬をつけるなどしてゆっくりと治していきましょう。
冬になると空気が乾いてくるので、肌の水分も奪われがちです。水分が奪われて肌に潤いが足りないと肌荒れ、シミ、シワなどといった肌トラブルの要因となるので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。

乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを予防するためにも保湿・保水といったケアを手抜きをしないようにしてちょうだい。寒い時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが大切です。


顔にできたニキビが炎症を起こした場合、洗顔の時などにちょっと触っただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。
ですから、ニキビが炎症を起こしてしまったら、気になったとしても決して指で触らないでちょうだい。



触ると痛いからというだけではなく、それが原因で指から雑菌が入って、さらに症状がひどくなってしまうことがあります。酷い状態のニキビとなると、芯を持ったような感じで固く、触ると痛みを感じるといった症状になります。



ニキビが出来たら、なんとなくその箇所を確かめたくなって触りたくなってしまいますが、触ってしまうと殺菌がまた入ってしまい症状が長引いてしまうかもしれないので、ケアとしてニキビケアのクリームを塗るなどして、清潔に保つようにしてちょうだい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Teppei
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dh7latr25iotya/index1_0.rdf