野上の藤本泰司

December 14 [Wed], 2016, 13:24
毛蟹は濃厚な蟹味噌を持ち、とても人気のある蟹の一つですが、実は他の蟹と比べると小さいです。

そのため、選択をミスすると不味いものを選んで身のないスカスカしたものを食べる羽目になってしまいます。



それでは、美味しい毛蟹の選び方を説明します。店で選ぶ際は、実際に手で持ってみて重さで判断ができますが、店頭ではなく通販で実際に商品に接することができないときには、売り手の実績や品質基準が信頼に値するものなのかどうかを考えたうえで買うことが、うまく手に入れるために必要なことです。最近何人もの人が、かに通販を利用してかにを買うのが主流と当たり前のように考えています。
それも当然でしょう。今はインターネット通販やテレビショッピングが充実していて、水揚げされたばかりのかにを、産地から直送してもらえるためです。
最近は通販でも、生のかにを扱うことが増えているので、かにがおいしいシーズンになったらちょっと待ってもらって、お店で買うのではなくまずはかに通販、が当たり前になっています。蟹通販といえば、お得で手軽に蟹を購入できるサービスとして近年注目を集めていますが、常に気に留めておくべきポイントもあります。特に、旬のタラバ蟹を買いたい方は、蟹を買う際に最も大事なポイントである、新鮮さやサイズを忘れず確認しましょう。

写真だけを見てもよくわからないことが多いでしょうから、写真に頼らず、説明文にも入念に目を通して判断しましょう。それから、多くの利用者がレビューを寄せていますが、これも結構役に立つものです。かさばるかにも、通販ならお店から持ち帰る大変さはないので交通費の負担もなく買いたいだけ買えます。しかも、大口注文すれば、思い切り安くしてくれるところも多いのです。


ですから、底値でかにを買いたい方は、近所のかにが好きなご家庭に声をかけ、自分が中心になって通販に申し込み激安を狙える量の注文をしてはいかがでしょうか。一応言っておきますが、大量注文の結果、ものが届くと自分でかにを保管して、それから分けることになるのでかなりスペースをとられることは覚悟してください。蟹通販に新規参入する業者も増えてきました。


今では、ネットでもいつでも好きなタイプの蟹を注文できるようになりました。とはいえ、通販ゆえの注意点もあります。



何より実物が見られませんから、どう選べばいいか分からない方もいるでしょう。



そんなときには、既に購入した人の声である「レビュー」を確認して選ぶのをお勧めします。とはいえ、全てのレビューがアテになるわけではありません。
注意点としては、サクラやヤラセに引っかからないようにすることです。


レビュー件数が少ないのに、「よかったです!」などの単純な評価が多く付いていたら、おそらく業者が人を雇って書かせたヤラセ評価です。ちょっと贅沢して蟹を買おう!そんな時には選択方法が大事になってきます。一口に蟹といえどもいろいろな種類がいるので、どのような選び方をしたらいいかが変わってきます。
例として、ズワイ蟹を買おうとする場合には、どこを見ればいいと思いますか?それは、腹側です。ポイントは腹側の色で、白いものはやめて、重要なのはアメ色をしたものをチョイスすることです。その他にも、甲羅の硬さによっても判断でき、硬い物の方がより良いです。
蟹の品種も様々ですが、通好みの蟹の一つとして花咲蟹があります。皆さんはご存知でしょうか。根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、北海道本島の最東端、根室の花咲で主に獲れる蟹で、味わいは上質で、煮たり鉄砲汁の具にするなどの食べ方が好まれます。

花咲蟹には独特の甘い香味があるほか、その身にはジューシーで柔らかいという特徴もあり、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。
夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいといわれ、7〜9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。同じかになら、もっと安く食べたいなと一度は考えた方があちこちで見受けられます。

一つの案をお教えします。

ご近所と一緒にある程度の量をまとめ、市場で直接買えば安いことは確かです。

一般的には、小売店や百貨店よりもずっと安く買えるのでおすすめです。

また、市場に出向く時間がない方は、通販ならば流通コストを省いて安くなっています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミウ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる