や他の贅沢品とは違う

March 12 [Tue], 2013, 17:44
「必要がなくても楽しめるガソリン、自由を楽しみ」。この句の有名な自転車の広告の語暗黙の台詞は、それらの消費者は1群の経済基礎、独特な生活様式の人。と他の贅沢品とは違って、自転車が代表を「贅沢」は価格そのもの。これはどういう意味は買えて1台の自転車も良い、との相性の健康体魄なおさないと、このスポーツを楽しむの楽しさ。

猟奇と独自性は富裕層の消費を追求し、今最も顕著であるとは、車庫の中は置いて超豪華な乗用車が何台も、壁に掛かっている同じブランドの限定版の自転車、同時に車に掛けて贅沢なブランドの定配コップ。現在、国内の高級贅沢品市場は普通自転車を三種類:一つは稲妻、自転車Tyrellなどの専門の生産みんな;第二類は高級車ブランドの開拓の同ブランドの自転車、例えばフェラーリ、ベンツ、BMW、ランドローバーなど、これらの自転車の価格は3000元5000元;もう一つのタイプはシャネル、エルメスなど国際一線ブランド生産の自転車、後はどちらもそのブランド効果で目を引く。

歩行者の安全保障に乗って、さらにカーレーサーの成績を高める。品質がいいのヘルメットに150価格で元200元。ダイヤル上に表示できる現在時速、平均時速、最高時速は、総距離、にマイレージ、時計と、時間などの情報で、価格30元から数百円。自転車用の小型の強光懐中電燈が一般的にLED燈、価格は40元100元。一般インストールため管にフロントの位置、着脱が簡単で、価格は20元ぐらい。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/dgxqa/index1_0.rdf