マーカス・ミラーだけど細見

November 22 [Wed], 2017, 5:46
ニキビの原因はアクネ菌ですので、フェイスタオルやメイク用のスポンジといった肌に触れる物を他の人と共有したり、直接肌が触れてそのまま洗わなかった場合などに、他の人のニキビがうつる可能性があるので注意しましょう。また、自分のニキビを触った手で、顔の他の場所に触れると、ニキビがその場所に増えてしまうことがあります。
角栓が毛穴を詰まらせることが、ニキビができてしまう理由のひとつです。
気にしてしまい、ついつい指で角栓をはさむようにして出しちゃったりすると、それが原因でニキビ跡となってしまいます。
角栓をつくらないように、そして、悪化させない為には、しっかりとした保湿を怠らないこと、毛穴に余分な皮脂を溜め込まないようにすることが、大切なのです。吹き出物が出やすいとお悩みの方には体質改善を目指す事をお勧めします。吹き出物が出る誘因としては甘い物や油分の多い食べ物を食べることが挙げられます。

それらを僅かでも食べないというのは辛いですが、野菜や発酵食品などを多く摂取する事によって消化能力がアップし、体質が良い方向に変わることにも繋がります。

ニキビは男女を問わず困りものです。なるべくニキビにならないように対策をとっている人は多数を占めていると思います。

ニキビケアに効果のある方法の一つに水洗顔をおすすめします。


ニキビができた途端に、必要以上に洗顔してしまったり、洗浄力の高い洗顔料で顔を洗う方がよいと思ってしまいますが、実は逆効果なのです。


ニキビというのは、10代の若い子たちや学生たちが使う言葉で、20代以上になるとニキビではなく吹き出物といわなければならないなんてよく聞きます。


ちょっと前に、久しぶりに鼻のてっぺんにでっかいニキビがあったので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、からかわれました。ニキビがおでこにたくさん出た時に、人に会いたくなくなる程の状態だったので、専門家に診てもらうことにしました。お医者さんに、ひとまず薬を出しますので、塗布して下さいと言われ、ステロイド系の塗り薬を与えられました。
ステロイド系の塗るタイプの薬は効き目が早いのですが、強い薬の為、患部が改善してきたら塗る間隔を微量にしていかないとならないそうです。
ニキビが出るとほぼ潰してしまいます。

しかし、跡が気になるから潰すな、というのが定論です。


なるべく早めに治療するには、ニキビ用の薬が最良かと思います。潰したニキビ跡も治ります。
洗顔をして、化粧水・乳液で肌をおちつかせ、ニキビのできているところだけに薬を使います。


ニキビケアの洗顔フォームや化粧水など、ニキビケアに効果的とされている商品がドラッグストアなど、お店で売っています。
でも、品数が多いため、自分のニキビに合う商品を探し当てるのは難しいです。

サンプル品などがあれば試供品を使ってみて自分の肌に合っていると思えば「買う」というようにするといいと思います。
ニキビが悪化すると、固く新を持ったような状態で、触れると痛いといった症状が表れます。
ニキビが出来てしまったら、ついその箇所を確かめようと触ってしまいそうになることがありますが、触るとまた雑菌が入って長引いてしまうかもしれないので、ニキビケアのクリームなどでケアしながら、清潔な状態を保つようにしましょう。
ニキビが白く膨らんでいるのを見つけると、ついつい中身を出してしまいます。



中からニキビの種が飛び出してくるのがどうにも好きでやめられないのです。



ただ、五回に一回はつぶしても失敗して根っこが残り、どうにかしてでもニキビの中身を出そうとした結果、ニキビのあったところが窪んで跡になってしまうのです。
そのニキビの後を見ると、もうニキビをつぶしてはいけないともう反省するのですが、ニキビが白く膨らんでいるのを見ると自分を抑える事が出来なくなって、また中身を出してしまうのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる