美容整形の目的、「写真写りを良くしたい」多数

March 27 [Fri], 2015, 12:06
さまざまな写真加工アプリが登場しているが、自分の写真写りに不満を感じている人は後を絶たず、「理想の自分の写真」を追い求めるあまり、自分の顔にメスを入れる決断をする人も、今では少なくない。広州日報が伝えた。

米国顔面形成外科学会(AAFPRS)が整形外科医2700人を対象に実施した調査によると、回答した医師のうち、「SNSに掲載する写真をより美しくしたいだけの目的で整形手術を受ける人が増えている」と答えた人は3分の1に達した。

ニューヨーク?マンハッタンにある整形外科医院のサム?リズキー医師は、「ここ1-2年、美容整形手術を希望する人は25%増えた。彼らは、iPhoneに収めた写真を私に見せてリクエストする。自分撮りも、ここまで来ると常軌を逸脱している」と話した。

リズキー医師は、「自分撮りの氾濫は、ある人間のナルシシズム、あるいは安心感の欠如を反映している。写真写りを良くしたいという目的での整形手術の希望は、その多くを拒んでいる。写真は決して本人自身をありのままに表現するものではないからだ」と続けた

威哥王
威哥王販売