媚薬の科学

December 14 [Sun], 2014, 17:23

『親とは話が合わない、でも自分は長男』という人にとって同居を考えるのは本当に憂鬱。しかし、同居にはメリットも多い。同居を洗濯した人たちの理由も親の都合だけでなく、子ども側の都合も大きいようだ。旭化成・二世帯住宅研究所の調査によると、同居した理由は「三世代で楽しく暮らしたい」「親の老後を考えて」「住宅取得が困難」「親が望んだから」などが上位。その他、「子どもの成長で家が手狭になった」「家事や育児で助けあえる」「経済的に助かる」といった子ども側の理由がいくつもあがっている。また、4人に1人は独自に住宅を取得できたら同居しなかったと思うと答えている。
一方、アンケート調査から同居の事情を見てみると、やはりいまだ長男だからという正統派は健在。ただし、「やむを得ないが」(季節アルバイター・31歳)といった思いをはらんでいるケースもある。親にしてみても、「同居するなら長男と」という昔風の考え方は、東北を中心にまだまだ根強く残っているのも確かだ。
最近増えてきているのが気の合う子どもが同居するパターン。「妹、姉、兄の3人兄妹の中で末っ子の私が一番両親と気が合うし、親もそれを望んでいる」(29歳・独身・事務)というあたり、「何が何でも長男に」という意固地さがとれたソフトな選択だ。国民生活選好度調査によると、親戚付き合いや家に対する観念が希薄な首都圏では、3割が娘との同居を選んでいるという。そのほか、いずれは同居を考えているという割合も高かった。それではなぜ別居を選ぶのか。やはり女性勃動力三體牛鞭の場合は嫁姑問題=夫の家族が頭をよぎるし、男性精力剤の場合は仕事が絡んできて、気持ちはあってもできないという場合も多い。
また、「父母が非常に厳しいので夫も私も同居は不可能。もともと親子仲が悪いのだが、親はそう気付いていない」(29歳・主婦)といった本質的に相性精力剤が悪いケースもある。親側と同様、子ども側にも「健康状態が目で確認できるような近距離に住むつもり」(30歳・会社員)という選択肢も必要なのだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dgregrehrthrt
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dgregrehrthrt/index1_0.rdf