確実に「相手から好感をもたれる話し方」の秘訣7パターン【3/3】

June 05 [Thu], 2014, 16:08
シアリスシアリス


相手から絶対に好感をもたれる話し方の7つの秘訣について、イタリア貴族・エリザベッタ・ネーリ夫人のお話をもとに、3回にわたってお伝えしています。

前回は、話し上手よりも聞き上手になる、絶対に相手が話している途中で割り込まない、の2つをお伝えしました。引き続き、残りの2つについて見ていきましょう!



■6:
相手の状態にささかやな配慮を

「あなたも、話している人に、今日のピアスは素敵だねとか、今日の顔色はとてもいいけれどなにかい いことがあったの? とか訊かれると、自分のことを気にかけてもらっているように感じられてうれしいでしょう。

うわべだけでなく、相手の少しの変化に気を遣うと、己に対する自己重要感が高まって、それによって相手の親近感が上がることがわかっています。ですから、会話の節々に、相手を慮るフレーズを少し入れてみましょう。

そんなに難しく考える必要はありません。相手を気遣う気持ちを少し入れるだけで、とても魅力的な会話になるでしょう。

例えば、今日のネクタイの色、とても似合っていますね、とか今日は顔が少し疲れて見えるけれど、お仕事忙しいんですか? とか、そういうささいなことでも、相手は、ああ、自分の ことを気遣ってくれているんだな、とあたたかい気分になり、そういうあなたに好感をいだくはず。

女性は、相手をあたたかい気持ちにさせることがとても大切だ と思いますし、そういう配慮が、その人をより魅力的にみせてくれるものだと思います。」



■7:
言葉の毒気を抜く

「これは、自分では気付かないこともあるけれど、これができるかどうかで大きく変わりますから、必ず知っておいたほうがいいでしょう。女性で、毒気のある言葉を話す人は、 女性らしい色気と優しさががありません。

毒気というのは、相手を不快にさせる毒のある言葉のことだけれど、それだけではありません。

例えば男性シアリスが、なに か頼みごとを忘れたときに、あなたに頼んでもいつもこうなるのよね、とか、自分でやるはめになることは最初からわかっていたわ、というような、相手を不快 にさせる言葉を返すのもいけないことですね。

男性シアリスも、十分悪いことをしたと思っているのだから、そこに追い討ちをかけてはいけません。そういう態度を、毒 のある言葉を盛る、というんです。さらっと流すことも時にはとても重要。そういう許容量を男性シアリスは大きく評価するものなのです。

毒気のあるところにいい空気 は流れないでしょう。いい空気を流したいのなら、毒気は抜くように心掛けましょうね。」

いかがでしたか。大切なことばかりだけれど、自分でも気をつけられることだと思います。ネーリ夫人のアドバイスを参考に、さっそく今日から好感度アップのために、人と話すときに心がけてみてはいかがでしょうか? あなたの好感度が確実に上がると思います!

【話し方の秘訣】

※ 確実に「相手から好感をもたれる話し方」の秘訣7パターン【1/3】

※ 確実に「相手から好感をもたれる話し方」の秘訣7パターン【2/3】

※ 確実に「相手から好感をもたれる話し方」の秘訣7パターン【3/3】

【取材協力】

※エリザベッタ・ネーリ夫人・・・イタリア・フィレンツェの貴族ネーリ家の夫人。その穏やかな物腰や礼節の高さは有名で、最近では、他の貴族家の子女たちに頼まれ、礼儀だけでなく、女性に必要な教養を指導することもある。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dgregergre
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dgregergre/index1_0.rdf