佐賀だけど名和

April 22 [Sat], 2017, 7:04
最近の話ですが、アトピーを改善すると言われている入浴剤をサンプルで受け取りました。
どのような品物でもそうですが、試しに利用してみないと効果が分からないものです。その入浴剤はとても皮膚に馴染んで、思っていた通りの印象でした。違和感を感じる事もありませんし、肌が引っ張られるような感じもなくて、水分をよく保ちます。私は便秘にきく食べ物を毎日食べています。

それはバナナと発酵乳の1種です。
日ごと朝食べています。

食しているうちに、便秘が解消してきました。あれほど頑固で、ひどかった便秘が消失できてお薬を飲むことも なくなっちゃいました。現時点でポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて喜ばしいです。ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私の経験によると、たくさん食べないと、効果がないような気がします。



1日に1パック位食べて、やっと便通があるという感じです。ヨーグルト愛好者にはいいですが、好まない人も、ジャムで味を変えたりして可能な限り摂取すると効果アリです。乳酸菌の選択の仕方としては、とりあえずは、気になる乳酸菌を含む商品を試用してみるのがオススメです。
このごろでは、変な味のし内、乳酸菌ドリンクもあるほか、サプリというものも出回っています。

私は腸まで届くような乳酸菌飲料を初めて口にした時、翌日、トイレから出られない状態になったので、試すのは休日の前がおすすめです。


。花粉症となってしまって以来、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。


二年前より花粉症となってしまって、ずっと鼻水がやまなくなりました。でも薬を利用するのは避けたかったので、テレビ番組でやっていた乳酸菌ドリンクを試用しました。


今のところは、これにより花粉症の症状が軽くなっています。インフルエンザにかからないための注射に伺いました。


注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射を接種しています。予防注射の後は怖かったーとつぶやしていました。見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と睨みましたが、何も言うことができませんでした。実はインフルエンザの予防ためにいいといわれているものに乳酸菌があります。
1年くらい前に、小学生に乳酸菌がたくさん入っているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大幅に減少したというコンテンツを見ました。うちの娘が受験を控えておりましたので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。



特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが断然いいそうです。乳児がインフルエンザになったら、殊の外大変なことになりかねません。

まだ体力が足らない赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで亡くなることも想定できるでしょう。


インフルエンザ患者が多い時には、赤ちゃんを連れださない方が確実かもしれません。もし、インフルエンザと診断されたら、何をおいても栄養をしっかりと、摂らなければなりません。
お薬ももちろん大事ですが、栄養を補給することも大切です。一刻も早くインフルエンザを完治させるためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。

例え丸一日、食欲がなくても、胃に優しくて栄養があるものをすぐに摂ってください。近年、アトピー性皮膚炎の治療に利用される薬は、年々高い効き目を得られるようになっています。

言うまでもないことですが、必ず医師の指導の下で適正に使用するということが肝要です。もし、違う治療法や医薬品を試したい時には、医師や看護師の指示を受けるか、セカンドオピニオンを活用するといいでしょう。
自分勝手な判断は良い結果をもたらしません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蘭
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる