その子に対して優しくする

January 18 [Tue], 2011, 17:16
教えて身につくものなんでしょうかね?思いやりって。
優しさや思いやりは、自分が他者(親とか)からたくさんたくさんもらって、それであふれるほどになって初めて他人に向けることができる。
と思ってます。
思いやれ思いやれって教えるのとはちょっと違うんじゃないかなと。
だから、わたしは、優しい思いやりのある子にしたかったら
その子に対して優しくするし、「優しいね、いい子だね」って言います。
そうすると本当に優しくなるから不思議です。

お嬢さんの、手紙やプレゼントの例だったら、
返しを強要したりお金がかかることでなければ、
その気持ちのように行動させればいいと思います。
お友達に手紙を書くなんて、素敵な心からくる行動だと思いますけど、わたしは。
もしそれでトラブルが起こるようだったら(実際あるけど)、
それで反省して学べばいい。
その時には親の助言も必要でしょうけどね。
子どもの友達関係ならば、自分も嫌な思いもしながら、それで相手の気持ちを思いやれるようになるんじゃないでしょうか。 私もトピ主さん同様、娘が幼稚園に入園した頃から、思いやりのある子にと思って育ててきました。おもちゃ等「譲ってあげたら相手の子は嬉しいよね」って声をかけたりして、自分より人の気持ちを優先するようにさせてきたと思います。おかげでお友達ママからは「娘ちゃん優しいよね〜」と言われてました。
小学校に入って(現在小3)ホントに色々な子・・自己主張の強い子・わがままな子etc.がいて、キツイ言葉や意地悪は日常茶飯事です。
優しさを最重視してきた娘には、かなりのストレスになっているようです。
意地悪を言われても言い返せない(言ったら可哀そうだから、と言います)だけでなく、ちょっとしたキツめの言葉にも過敏に反応してしまう所があります。(キツイ事言った子の親御さんに、娘ちゃんが傷つき易すぎ!と言われました(泣)) 私のしつけ方が間違っていた?と悩んでいました。
皆さんのレス、とても参考になりますね。
今私の考えは、思いやり大事は大前提で、強さ・冷たさも丁度良く合わせ持った人を目指そう!というところでしょうか。
難しいですけどね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:実加
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dgft/index1_0.rdf