頭皮は硬い

December 03 [Tue], 2013, 22:57
頭皮は硬い



臨床上重要な層は腱膜である。
頭皮の裂傷がこの層に至ったということは、表層の固着性が失われ傷の割れ目が生じた、すなわち縫合が必要になったことを意味する。これは7-10日後に抜糸される非吸収性縫合糸を用い、単純な、あるいは垂直マットレス縫合によって行なわれる。

頭皮にリンパ節は存在しない。リンパ排液は耳介前/後リンパ節に運ばれる。

硬い(かたさ、英: hardness、硬度)とは物質、材料の特に表面または表面近傍の機械的性質の一つであり、材料が異物によって変形や傷を与えられようとする時の、物体の変形しにくさ、物体の傷つきにくさである。工業的に比較的簡単に検査でき、これを硬さ試験法と呼ぶ。
例えば鋼製品の熱処理結果の管理などに用いられている。

頭皮の植毛術は全て、患者の既存の毛を使用する。
手術の狙いは、それらの毛をできるだけ頭皮に使うことである。
この種の手術が最も適しているのは、側頭と後頭にまだ健康な髪が残っており、そこから髪を調達できる人である。

髪の色・頭皮・巻き毛・縮れ毛といった要因に基づき、望ましい美容上の仕上がりを実現するため、様々な技術が使われる。

硬さの概念は、それを数値化して表現しようとする場合、定義の仕方により様々な値を取り得る。
硬い試験に多くの方法があるのは、利用しようとする実用材料、たとえば金属、セラミックス、ゴムなどの材料特性により、微小な変形を与える力に対する挙動がそれぞれ異なり、また硬さ試験によって代用的に評価しようとする材料の性能項目が異なるために、実用目的のためにいろいろな測定法が開発されたためだと思われる。

金属では押し込み硬さ試験法が多く用いられる。これは一定荷重を加えてできる圧痕(くぼみ)の面積または深さから変形のしにくさ(硬さ)を評価するものである。

加える荷重、圧痕をつける圧子先端の形状、硬さ値の計算方法がそれぞれ定義されている。

ゴムでは一定荷重を加えた時の変形量を硬さ値にする硬さ測定法が多く用いられている。
硬さにはさまざまな測定手段(定義)とそれに対応する値(硬さの尺度)が存在する。

代表的な硬さ測定法の間には対応関係が存在するが、限定された材料で相関をとったもので大雑把な目安である。

最もよく使われる技術は頭皮 (micro grafting) として知られるもので、理由はそれが自然な仕上がりを生み出すからである。

この手法は FUE 法(en:Follicular Unit Extraction、小胞単位摘出法)と同類だが、やや旧式である。
複数の刃がついたナイフで提供部位から組織を切り取り、硬さは顕微鏡でなく目視で小さな塊に切り分けられる。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夏の抜け毛
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dgchvb/index1_0.rdf