米中央情報局(CIA)が採用している尋問方法について、同局がその過酷

April 01 [Tue], 2014, 17:42
南極海での日本の調査捕鯨は国際法に違反するとして、オーストラリアが即時中止を求めて起こした訴訟で、オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)は3月31日、現在の調査捕鯨は「科学目的を装った商業捕鯨である」として中止を命じた。中国国際放送局が伝えた。時計 ガガミラノ

 国際捕鯨委員会が1986年に商業捕鯨を禁止したことを受け、日本は科学研究を目的に捕鯨活動を継続してきた。記事によれば、調査捕鯨に反対する人びとは「日本は抜け穴を利用し、科学研究の名目のもと大量のクジラを捕獲しているが、そのクジラの多くは人びとの食卓に並ぶ」と非難していた。ルイヴィトン携帯ケース

 ICJの中止命令に対し、政府の担当者は「深く失望している」と発表したほか、判決に従う方針であることを発表したほか、菅義偉官房長官も遺憾と失望を示す談話を発表した。

 調査捕鯨に対する中止命令は中国でも大きな注目を集め、中国中央電視台(CCTV)は簡易投稿サイト・微博に開設しているアカウントで、「捕鯨がいかに残酷であるか」について多くの映像とともに紹介した。iphone 5sカバー

 中国のネットユーザーからは日本の調査捕鯨を非難するコメントが非常に多く寄せられ、「イルカやクジラはかわいい動物なのに何て残酷なのだろう」、「日本人は骨の髄まで野蛮な民族だ」など、批判一辺倒だった。

 ただ、なかには、「犬を食べ、ハクビシンを殺し、熊の肝を生きたまま取る中国と、クジラを殺す日本はどこが違うのだろうか?」、「なぜ豚肉や牛肉を食べるときはかわいそうと思わず、クジラを殺すことだけはかわいそうということになるのか。ルイヴィトンiPhone 5c誰か教えてくれ」との主張もあり、中国のネット上で多く見られた「捕鯨は野蛮であり残酷」との見方に存在する矛盾を指摘する声も見られた。(編集担当:畠山栄)(イメージ写真提供:123RF)【AFP=時事】米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)は3月31日、米中央情報局(CIA)が採用している尋問方法について、同局がその過酷さを過小評価し、尋問によって得られる情報の有用性を誇張することによって、米国の連邦議会と国民を欺いていたとする報告書を、米上院情報特別委員会(Senate Intelligence Committee)がまとめたと報じた。iphoneケース ブランド

米政府9.11後に拷問容認「疑いの余地なし」、独立調査委が報告書

 同紙は、数年をかけてまとめられた6300ページにものぼるこの機密報告書に詳しい複数の米当局者の話として、報告書ではCIAの「強化尋問」プログラムの残忍性についての詳細とともに、この尋問によって得られた情報には、尋問を用いる以前に被収容者から得られていた情報よりも有用なものはほとんどなかったことが記されている。

 報告書の内容について説明を受けた米当局者は同紙に対し、「CIAは(尋問方法について)司法省と、そして後に議会に対し、この手法を用いなければ入手できない特有の情報が得られ、テロ計画を阻止して数千人の命を救う一助になると、繰り返し説明していた」「(だが)これは実際に真実だったのか? 答えはノーだ」と語った。エルメス携帯ケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dgaegda
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dgaegda/index1_0.rdf