小関だけどさっちー

April 24 [Mon], 2017, 16:38
運転する人の目につかないところにGPS端末を設置して、行動を常時監視し続け、今いる場所をモニターしたり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して分析することもできます。

普段、運転しないような人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。

こうすることによって、パートナーの行き先やそこで過ごした時間もわかるでしょう。

不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談しましょう。

離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するようにしましょう。

もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。

女性の場合、近所の奥さまや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂のタネになりたくないなら、どんなことがあっても止めましょう。

依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならばそれだけでいい訳ではありません。

浮気の事実があるのか調査していると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。

そんな場合には、まず依頼者の立場を一番に気にかけてくれる探偵が信用できる探偵ということです。

信頼できる探偵の見分け方は、相談する時の様子などで慎重に決めるとよいでしょう。

探偵について、その特徴を考えると、誰かに不審に思われないようきめ細かく配慮しながら根気よく調べていきますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、自分の目的を話して公然と調査を行うことが多いです。

探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと考えることができます。

例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めます。

浮気相手への連絡手段として携帯を使うのが当たり前だからです。

最近はメール、LINEで連絡をことも増えていますが、やはり、相手の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。

そのため、何気なく電話することは十分ありえるのです。

もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を望むのであれば、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、不倫関係が継続している事を、形として突き付けられるようにしないといけません。

それには探偵の浮気調査が有用で、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、鮮明に写しだしてくれるでしょうし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を整えて貰えます。

浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。

確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。

調査により浮気が確定した場合に、次にすべきことは、浮気相手の特定です。

尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確かめるのです。

実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、普通は3〜4日が目安です。

確認しておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあります。

それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が調査員に伝えられていた場合は、一日で調査が終わるなんてこともあります。

浮気調査の費用を節約する方法は、できる限り事前に自分で調査しておきたいものです。

調査とはいっても簡単にできることなのです。

ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで良いだけです。

毎日、仕事に出る時間、帰宅してきた時間、電話で誰かと通話していれば、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。

レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠をみつけることもできるでしょう。

いつもなら立ち寄らないようなコンビニのレシートをいつも見かけることが多くなったら、その近辺に普段から何度も行っていることになるのです。

その場所で監視していると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。

飲食店を利用した際の領収証にはご飯を一緒に食べた人の数が書いてある事があるので、浮気をしていたと判断する材料になります。

あわせて、クレジットカードの支払い項目は月ごとに確かめるようにします。

仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、浮気相手と宿泊した想像されてしまう事があります。

浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は逆上してしまうおそれがあります。

普段は冷静でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースが多数確認されています。

スムーズに物事を進めるためにも浮気の証拠を押さえるためにも、浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。

カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。

カーナビにある履歴を確認し、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられるのです。

見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意が必要です。

そして、しばしばガソリンが入れられていた場合、デートを車でしていることがあります。

結婚している相方が、浮気しているときでも別れたくなければ浮気現場を押さえようとすることはやめるべきです。

浮気が発覚したことで相手が逆ギレしてしまって、離婚を避けられない事態に陥るかもしれません。

また、浮気相手と接触してしまうと、大きなストレスになってしまうのです。

GPSが繋がるものを使って、頻繁に行く場所を調査して、張り込んでいると、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、現場を押さえられると考えられます。

依頼するお金が無い場合には、GPSで調べるだけでも、やってみて損はないと思われます。

その機械を付けている事が知られてしまう恐れもあります。

格好をチェックすることで浮気の証拠を見つけられます。

浮気をしているときに、著しいのは今までとは変わった服装です。

それまではお洒落には興味がなかったのに、突然にファッションにこだわるようになったら用心しましょう。

この先、浮気に進展しそうな人や、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。

もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、それだけ調査費用が節約できるわけです。

といっても、いつ浮気をしているのかを把握していても、友人を説得して証拠を撮ってきてもらうにしても、無駄足になることが多いでしょう。

ひそかに証拠を握りたいときにはプロの探偵に調査してもらうのがベストなのです。

尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、費用が少なく済みます。

したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、日頃のパートナーの行動パターンを調べておくことが重要です。

最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵側も余計な手間がかからず、お互いにとってメリットがあります。

パートナーの浮気リサーチを調査員に行ってもらう場合、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを前もって協議します。

時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、調査期間が長期になればなるほど請求される調査費用も多額になります。

調査する人の所属するオフィスにより、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、これと言って無いと言っても言い過ぎではありません。

浮気調査から身辺調査、同じような仕事内容です。

ただし、あえて言うと、企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。

わけもわからず自分で動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

経験豊富な探偵に依頼したら、浮気の証拠をちゃんとつかめます。

自分で手を尽くして調べてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。

しかし、相手に問い詰めても浮気を認めようともしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

法律上では、既婚者が配偶者ではない人と性的に親密になることを不倫と定義しています。

すなわち、法律上では、肉体関係を持っていない場合には、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫じゃないということです。

自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。

実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。

また、不倫の相手が不倫を認めない時には証拠が必要となります。

無関係な人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。

探偵の浮気調査を例に挙げても毎回成功するとは限らないでしょう。

探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、予期せぬトラブルに見舞われることが全くないとは言えません。

配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。

それか、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には証拠写真も撮れません。

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。

ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、家庭内で別居している状態であったり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料を求めることが難しいでしょう。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、何歳であるか、何年結婚しているかなど様々な角度から検証して裁判所に委ねることとなります。

 探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは 自分自身で買えるのかと言われたら買えます。

通常は、追跡グッズはGPS端末を用いるというケースがほとんどですが、これはどんな人でもインターネット等で買えます。

車に載せるGPS端末は、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、誰でも当然購入できます。

浮気の裏付けがSNSで明るみになることもあります。

一般的に、SNSは本名を公開しない特性がありますので相手も思いがけずに、プライベートを事細かに書いてしまう事が散見されます。

時には、言い逃れのできない様な浮気の事実を書き込んでいる可能性もあるのです。

アカウントを認識しているのなら読んでみて下さい。

離婚ということになってもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。

そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、揉め事を大きくする可能性があるので、できるだけ避けましょう。

信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、感情的になり事件を起こすことが避けられます。

心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。

浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。

しかし、探偵に依頼するのは高額なので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。

探偵へ浮気調査を頼んだら、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所の違いで調査料は変わってきますから、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。

探偵を頼むにはお金が掛かりますから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。

テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、現実とフィクションは違うもので、変に思われず相手を見張り続けるというのは楽なことではないといえます。

気付かれてしまえば相手も対策をとるので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。

相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、プロに浮気調査をお願いするべきです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:太一
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる