ロリパ 

2005年11月10日(木) 11時51分
昨日は思いがけずデザグ女子どもらによるロリータパーティーに
遭遇しました。が、か、かわええ〜〜、、行ってよかった!
全員ツボでしたが、特にうっちーはめちゃめちゃ似合ってるのに
キャラとのギャップを考えると笑えました。こやぶさんに晒したいよ〜〜、
ええですか??

ある日の三回幹部の会話(オンライン) 

2005年10月21日(金) 1時02分
前後関係を無視してご覧下さい。


うちだ の発言 :
オーエスオーエス
うちだ の発言 :
ガーリバス
メガネスト の発言 :
網を破って逃げ出すから
てまりの発言 :
脚生えて?
うちだ の発言 :
違う!裂いたんだ
メガネスト の発言 :
いやなんかの液で溶かすわけですよ


…淡路のたまねぎ漁の話でした。
あ、別に正常ですよ?イッツジョーク。

そろそろ学祭…みなさん、早く作品詳細送ってください……涙

10月9日 

2005年10月09日(日) 23時58分
10月9日、第一回デザグ3回ボーリング大会地区予選(以下・遠足)開催。

恒例となりました遠足に、秋山・てまり・あゆみ・こやぶ・たなべ・内田で行って来ました。
去年は春に京都に行きましたが、今年は西宮・三宮。
行き先は岡山・広島・京都と紛糾しましたが、連日の秋雨前線への懸念と大阪組(てまり氏&べー氏)が中国地方に出るのはしんどいという理由から近場に。
11時半・西宮北口に集合。通学ルート(笑)てまり氏が餃子の王将に行ったことが無かったので王将でランチ。
その後ボーリングは西宮の「トマト」で。これは「場末のボーリング場」にこだわったため、ラウンドワンなどの大手は避けました。三連休の中日、しかも晴天にも関わらずトマトはお待ちナシ。計ったとおり。


↑ドキッ!ひきこもりだらけのボーリング大会。
初戦のチーム編成は病弱チームVS体調良好チーム

病弱チーム>
秋山・先日より風邪を発症。前日には体温38℃オーバーを記録し参加すら危ぶまれる。
てまり・前日にライブ。3列目にて筋肉痛。
あゆみ・体育の授業のスポーツテストにより筋肉痛。


この二人は投球方がおかしすぎます(笑)そして毎回違う。
基本的に全員ヘタ。唯一風邪引きの秋山氏がスコア122を出してオーバー100ですがあとは40〜80。2ゲームで総ガーター数98。
たった2ゲームで全員が疲弊し、ボーリング大会終了・・・。

その後、熱がぶり返した秋山は一時帰宅し(ありえません)あとの5人で灘の兵庫県立美術館へ。

コレクション展の「美術のかたち〜手で見る造形」がお目当て。
発泡スチールの粒のプールに入って彫刻に触るというものでしたが、これが相当おもしろい。
最終的には温泉みたいにしっぽりつかってました。べー氏は埋もれすぎて顔半分も見えてなかった。

その後三宮で秋山合流、お料理の美味しいお店「ケトル」へ。
ここのお料理は本当においしいです。三宮にお立ち寄りの際は是非。
3時間ほどデザグの大事な話や就活の話をしました。実際このメンバーで飲むのは初というレアさ。今後もこういう機会をもっていきたいですね。
とにかく一日中ガッツリ遊べて大変楽しかったです。


蝉の死 

2005年08月23日(火) 14時24分
 ベランダから、ヂッヂッと音がする。静かになる。また、ヂッと音がする。何かが燃え尽きるような音だ。音というよりも、声に近い。それも、断末魔の声だ。窓を空けてベランダを見渡すと、1匹の蝉が羽を打ちつけて転げ回っている。硬い羽でベランダの足場を引っ掻いて転げ回る。そして、ときどき力なくヂッと鳴く。ヂッと短い音だ。しかし、小さな殻の中で反響したような声は、悲鳴のように鋭い。蝉はじっとしている。透明な羽は、木の葉を溶液に浸し、葉脈だけを浮き上がらせたようだ。二つの黒い眼は、頭の先から左右に飛び出している。3対の脚が、黒光りする鎧をスローモーションのように運んでいる。その脚の先端は、焦げたように縮れている。ベランダの足場は、明るい鼠色で塗装されている。
 
 風が私にぶつかり、部屋からベランダを吹き抜ける。蒸し暑い午後の風は、気持ちがいい。階下の並木も風を浴び、大きく揺れている。その万緑のすき間を縫うように、赤い車が走る。並木から、蝉の一声が聞こえたかと思うと、すぐに幾重にも重なる輪唱になる。すると、ベランダの1匹の蝉がヂッヂッヂッと鳴く。足場の上に羽を打ちつける。転げ回る。また階下から輪唱が始まる。1匹の蝉がヂッと鳴く。羽を打ちつける。転げ回る。見ていられなくなった私は、腰掛けていたベランダを出て窓を閉めた。

 次の日の午後、昨日の蝉がふと気になり、そっとベランダの窓を開ける。蝉は死んでいた。仰向いて死んでいる。透明な羽は、背中できれいに折りたたまれている。脚は胸元にそえられている。黒い眼だけが、昨日のままだ。階下の並木から、蝉の輪唱が聞こえてくる。

おつおつ。 

2005年07月31日(日) 1時04分
打ち上げおつでした。
一回生たくさんでよかったねー。あんな出席率いいのとかすごいなぁ。
2回生、頑張れ!うちら三回みたいにはならないように!(笑)

今日昼になぜかまいやひが話題に上って、知らない人がいたので、
アド落としておきますー。…っていいのかな?まぁいいや。
相方が教えてくれたので、どこのとか全く知りません。
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=7653
かなり前のネタなんですけどねぇ……。まぁ、世間に流れるまでって
結構ブランクがあるものなんですよね。…って、私も知ったの最近なので
まだまだ全然一般人ですよね(笑顔)

あと、ドラゴンボールのべジータとかがつけてるヤツの名前は
スカウター」でした。スとタは合ってたね!

ではおやすみー。眠いです。

久しぶりです 

2005年07月24日(日) 1時44分
 すみません・・・長い間ブログ留守にしてました、あゆみです。
レポートまみれの7月、やっとテストも終わってホッと一息。
一息も束の間来週から夏期講習。今日シフトの発表だったんですけどね・・・1週間ぶっ通しの朝の9時から夜の9時までミッチリ拘束フルコースですよ。ほかにもたくさん先生いるのに必要とされることは認められているということ・・・アタイ頑張るよ!!・・・にしてもちょっと酷いよ塾長ォ(泣)マジ涙出そう・・・。

Sweet is pleasure after pain! 

2005年07月21日(木) 14時26分
部屋の本棚にぼんやりと目をやるうちに、ふと棚の端に置かれている中学校の卒業文集が目についた。惰眠にもうんざりして為すこともないときには、それを開いてささやかな思い出を訪ねてみたくなる。そして、この言葉を何度も読み返す。

Sweet is pleasure after pain!
苦労の後の快楽は又甘くある。
                 ――T.Tatsumi

これは、文集に掲載されている、教師ひとりひとりからの生徒へのメッセージのひとつである。どのメッセージも、卒業してからも中学校での思い出を大切にし、しっかりと生き抜いて欲しいという意味のものである。「思い出を、いつまでも大切に」や「Let it be 自分らしく」といったありふれたメッセージの中に、この甘美なメッセージがある。「苦労」を経験した者なら、それを克服した「pleasure」を「甘くある」と感じるだろう。また、「苦労」が大きければ大きいほど、より「甘くある」ことも知っている。その経験は私たちを強く、真摯にする。

さて、そんなメッセージをくださった辰巳先生は、私が3年生の時に、数学の学年担当者の代理として、数ヶ月間の授業を担当された先生である。寛容すぎるおじいちゃん、辰巳先生はそんな教師でいらっしゃった。

チャイムが鳴り、入室された辰巳先生に一礼を済ませると、雰囲気はさながら自習教室である。席が自由に入れ替わり、仲のよい生徒同士がお喋りを始める。ときどき、隣の教室の教師が顔を出し、窓からきつい視線を浴びせて教室全体を緊張させるが、もちろん一時的なものでしかない。その騒がしさのなかで、黒板に目を向けているのは、私とほんの数人の生徒だけだった。いつもは真面目な生徒も、その喧騒を勢いづけていた。私は肩肘をつきながら、途切れがちな話に耳を澄ませていた。ときどき先生が質問されるが、誰にも聞えない。誰も聞いていないその問いに、私が答えるのだった。まるで、雑音の響くその教室で、私ひとりが静謐な別の場所にいて、先生とお話をしているようだった。とはいえ、私もその場所から離れてくことも、しばしばだったが。



引用 

2005年07月14日(木) 16時16分
頭の鈍い奴だけが 闘うんだ
  もし頭が鈍くなけりゃ
  俺は闘ったりするものか
                 ――『拳闘選手/ラングストン・ヒューズ』
                   
                                   試験ヤダヤダ村瀬

富士山五合目までクリア 

2005年07月10日(日) 17時16分
くらいな気分です。あ、土曜担当てまりです。
最近タイミングが合わずなかなか書けませんでしたー。

ということで、今さっきひとつレポートが書けました。
あとはレポートとしてはゼミの課題(翻訳レポートと発表報告)を残すのみ。
テストのために文章準備しなきゃだめなのが三つくらいあるんですけど。
何はともあれ、早く開放されたいと願う毎日です。

そしてどうでもいい美学身内ネタ。またもや。

彰三さんに似てない??笑
ちなみにこれ、「キャラメルぷりんぱん」です。
味は普通でした。

…というか、これ買った時の状況がありえなくて。
電車に乗ってたら目の前にヲタクっぽい男が座ってきて、
乗り換えてもずーっと前に座ってる訳ですよ。しかもずっとガン見。
そんですっごい挙動不審。気持悪りぃ。
そんでおかしぃなーって思ってたんですが、それとなく地元の駅で降りよう
とした時にそいつも付いて降りたから「これはやべぇよオイ」と思ったので、
人ごみにまぎれて早足でエスカレーターに乗ったんですよ。そしたら人が
いるからすぐには追いつけないと思って。そんでエスカレーター降りてダッシュ
で改札出て、普通にチャリ置き場まで歩いて行ったら見つかるな、と思ったので
よし、とりあえず撒こう!!と思って階段を下りてスーパーに入って奥の方で
待機することにしたんです。そしたら、もう追ってこなかったけど。
正直、暫く震えてたくらい怖かった。マジで怖かった。
母にあんたそんな目立つ格好してるからや!って云われましたが……
ロリィタは自分の楽しみの為に着てるのであって、一部の男性方の性的対象
としてのものなんかでは断じてないんです、よ!!
それをわかれやこの変態オタク野郎!!マジキモいんじゃ!死ね!!!!

…はぁ。
ぶっちゃけ過ぎですか。
でもちょっとあまりにムカついたのでちょっと暴露しました。
皆さん変質者には注意しましょう。

中二病 

2005年07月08日(金) 2時11分
はてなダイアリーの中二病というキーワードの解説をお姉さんに教えてもらって、面白かったので載せてみました。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C6%F3%C9%C2
男子は中二病、女子は小六病らしいです。
要するにそのくらいの齢の頃にありがちな痛々しい行動を色々並べてるんですが、
けっこう昔の自分は当てはまったのがあったし、ちょっと今でも・・みたいなのもあったようなでやばいなって思いました。やあ、今は今の齢なりに痛いんだろうな。
でもこういう愚かしいのって誰にでもあるもんですよね、万事何事も無く育ってきた人より、こういうのを克服した人の方が将来はきっと面白い人間になると思います。克服したらの話ですけどね・・。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像かも
» 中二病 (2005年07月11日)
アイコン画像
» ! (2005年07月01日)
アイコン画像awata
» ! (2005年06月30日)
アイコン画像かも
» ふと気づくと・・・ (2005年06月29日)
アイコン画像てまり
» 明日は色彩検定 (2005年06月26日)
アイコン画像えーこ
» そしていつもの筋肉痛 (2005年06月06日)
アイコン画像えーこ
» そしていつもの筋肉痛 (2005年06月06日)
アイコン画像ゆっき
» そしていつもの筋肉痛 (2005年06月05日)
アイコン画像mayuge
» ロマサガに (2005年06月01日)
アイコン画像tessin
» ロマサガに (2005年06月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dg2003
読者になる
Yapme!一覧
読者になる