ns 

May 22 [Sun], 2011, 0:00
It doesn't forget still.

There is no regret to embracing you.

Because it loved though it is not favorite.


You are told the song on the birthday in such shape.



Light [shite] of one lamp
A complaint each other was described.


Either complaint is also correct.

However, it was not possible to come to like you at that time.

However, only the body was loved.

Touching : you.
Making you dirty.
It was my something to live for.


You who sees after a long time and has changed.
It seemed to come to be honest and to hate it.
I want you old to return.

It comes back to my chest because it is asking.

You these days are low-spirited.
It is very regrettable.
There is regrettably no other way.

Therefore, I want to put up you energetically.
It embraces closely again and I want to feel you.

There is a start because there is an end.

To you loved.

[har10Πe 

April 17 [Sun], 2011, 0:00
4月の空 晴

もういないんだね、そっと呟く
悲しくないよ ひとりぼっち
大声で歌うんだ あなたが作った唄を

短い出会いだった
どんなときでも元気をくれた
ふざけた言い回しで私を困らせる
少しだけ照れ隠し

お便りがなくなった
何を考えているのかわからない
悲しむ私を横目にそっと
囁き混じりのあのフレーズ

ちょっとだけ大人ぶって難しい顔をして
嫌いになった?そんな嘘をついた

大好きだったこの歌に
想いを届ける 在り来たりなコード進行
離れ離れでもかまわない
あなたのことが好きだから

alicali 

April 04 [Mon], 2011, 0:00
ありがとう
単純な言葉に色々な願い込めた
ごめんなさい
悲しい言葉に色々な涙を流した

羊数えたあの日の夢
1つまた1つと大人になっていく
子供のままが良かったな
指折り進む重ね重ね
目を閉じた 音が耳を重ねる
おまじないの魔法 まだ溶けない

つよがって困らせて
あの日あの時の君の悲しむ表情を
まだ忘れられないよ

今があるのは君のおかげ
ありがとうって幸せだよね

羊数えたあの日の夢
1つまた1つと大人になっていく
やっぱりまだまだ子供だ
幼い頃のあの表情も
時間が経てば忘れちゃうかもね
君が好きだったことの思い出

アリカリ 春の雨。

Bellamy 

April 01 [Fri], 2011, 0:00

愛してた数だけ綴った唄
下手くそな字で描き殴った
素直な言葉の羅列 べラミー
消したい過去だらけの過ち

咲いた花とその都度繰り返す季節
ちょっとだけ大人になったよ と呟く
笑い方も泣き方も日々成長
温暖化現象はこの街に春を知らせる
変わる度に移り行く表情 暮れなずむ
夕暮れに影を背負う 背伸び

何も変わらない世界
くだらなくなるのかもしれない
色鮮やかに伝う波紋
反射に光るこの世界を愛したんだ

思い出したのは苦い味だった。

愛してた数だけ綴った唄
下手くそな字で描き殴った
素直な言葉の羅列 べラミー
踏み出した一歩の勇気

悲しみを持った一発の銃声
俯く退廃は聖者の行進のように見えた
自然の涙 作った笑顔飛び交う

何かに怯えた世界
これが成れの果てなのかな
着色料 揺れ動く 波 空蝉
飛び方を忘れた蝶々 何を思う

見ていた世界は作りかけだ。

I who goes mad to love melt you some time.
"I'm sorry" it muttered.

愛してた数だけ綴った唄
下手くそな字で描き殴った
素直な言葉の羅列 べラミー
消したい過去だらけの過ち

one  

March 29 [Tue], 2011, 0:00
たくさん聞いたモーツァルトの音色
いつも僕には新鮮に聞こえたんだ
シャッフルに続くこの世界のように
指でなぞることが出来ればいいのにな

また困り果てる
それを見て神様は悪戯するんだ
妄想に合わせる
お決まりの結末に嫌気がさしてた
合わせて進む距離
無理矢理作った笑い方の表情
分かり切ってた
それが当たり前のことだったから

四角いこの窓で
上向いて空を見上げる僕
過ぎてく懐かしい景色

ふたつ星、数え星
涙をこらえるふりの強がり
楽しげな音 気紛らわす

たくさん聞いたモーツァルトの音色
いつも僕には新鮮に聞こえたんだ
シャッフルに続くこの世界のように
指でなぞることが出来ればいいのにな

hirari. 

March 26 [Sat], 2011, 0:00

祝辞の声と恩師の顔が体育館を埋めて
今年の春は温暖化現象で
例年より早くなった

ヒラヒラと舞い落ちる花吹雪
桜、桜、約束しよう
君と僕がこの先も
笑って笑って、また会えるように

ねえ、笑って?ほら、笑って?
ちゃんと、笑って?ねえ…?

タイムカプセルや
秘密基地なんて作ってもいないけど
思い出がある宝物がある。
だから、もう行かなくちゃ

旅立ちの門出を祝いながら
ひらり、ふわり、儚くも散った
踏み出すのはその足だから
力強く、走って走って背を向けて

桜、桜…。

「最後だね。」今年も咲いた花は
とても、とても美しく散った
サヨナラすら上手く出来ないけど
力強く。そう、もっと…
ヒラヒラと舞い落ちる花吹雪
桜、桜、どうも有り難う。
別れ道のその先で
絶対、絶対、また会いましょう。

僕達の春。…桜咲く春。

my pet 

March 25 [Fri], 2011, 0:00
重力は圧迫に近い衝撃
眠気覚ましのあの涙

馬鹿にしてよ
馬鹿にしてよ
苦しむのは僕だけだからさ
涙を流してよ
泪で流してよ
笑うのは僕だけで良いからさ

響き渡る狭い脳内に僕は転がるから
デカルトは笑う音符は愚行にサンプル
取り残された笑顔を忘れます
貴方の自身に取り残されたのは…


Clutch your heavy
Hey just like never smile and MEMORY

泣き叫ぶは絵画に染み込む[歴]
忘れましたよ、貴方は私のペット。

All for the new one 

March 24 [Thu], 2011, 0:00
まだ浮かび上がらない 遠き日に
聞き覚えのある あの楽曲たちを
また口ずさめる日が来るのかな?

Simple chord progression and lyrics
I thought that it was able to make it for everyone.
A perfunctory expression also
You were made to hear it thinking it was only a little good-looking.

まだまだ腐らない 歌い方を変えてく
書き溜めたノートにあの日見た情景書きなぐった
表現者達の 集う未来の行き先に
あなたは覚えててくれますか?一緒に歌ってくれる?

Us from whom it did not grow up
To a lot of musicians who saved
This exaggerated song is dedicated.

大音量のイントロを流して…

僕らが描くこのストーリーは
何もかもが正しくなくて 横道ばかり逸れるけど
絶対なんてあり得ない感情で
紡ぎ上げたexcitementを張り上げて行こうぜ!!

A lot of memories.
A lot of fantastic stories.
A lot of meeting.
A lot of separations.

I run to obtain a lot of futures.

Us from whom it did not grow up
To a lot of musicians who saved
This exaggerated song is dedicated.

子供の頃積み上げたスコアを取り出して
継ぎはぎで奏でてた Short song
今の僕たちには完成型作れないから
声に出して叫ぶんだ 大音量のイントロが流れた…

僕らが描くこのストーリーは
何もかもが正しくなくて 横道ばかり逸れるけど
絶対なんてあり得ない感情で
紡ぎ上げたexcitementを張り上げて行こうぜ!!

まだまだ出来は悪いかもしれないけど
伝えたい音と届けたい声をこの唄に

Merrygoaround 

March 23 [Wed], 2011, 0:00
猫撫で声でギラギラ輝く猫の眼に映る
瑠璃色に染まるCHERRYに接吻
New worldへ御招待

バラバラに散らばった猫目石の欠片集め
オブジェに嵌め込む 視界はくるくる廻ります

泣いてMerrygoaround心に優しく爪を立てて
Pumpkinの馬車なんていくら待っても来ないのに
王子様だって所詮着飾るのは表だけ
-確信犯-うなずき微笑む 猫の瞳はSapphire
お遊戯は終わりにしましょう

声をあげて鳴いても嫌になるでしょ?
碧く深く甘い声で魔法かけて
偽善をあげるわ一時でも

錯乱した視界くるくる猫の微笑み渦巻く欲望
もっと染めてみせてよ甘い嘘吐きなCHERRY

Black color 

March 22 [Tue], 2011, 0:00
a morning impurified dully, is starving
a night to be stained by the merciless dark

the orbit this planet goes into is destined
to be a distorted circle, forever

I curse today I am living on, cause it's same as yesterday
the uncertainty of tomorrow, I fear for

at the moment I realized, it all had been collapsed
I do nothing but I stand frozen there

a yoke to weigh down those who living with burdens
equally, ties everyone down to the earth

a struggle to call down a curse on his fate
like the dead mob rising to its feet on the ground

break today down I'd been living for, it'll be the same old yesterday
the uncertainty of tomorrow, got shattered

even if you look down and shut your heart to it
the fangs, starving for blood never be gone away


in this world, it's about to fall into ruin
the dead that's in vain, wriggles and crawls around everywhere

gonna keep on fighting, I don't know what it is for
having a fear, trembling and tears, I just keep myself together


break today down I'd been living for, it'll be the same old yesterday
the uncertainty of tomorrow, got shattered

even if the future hope finally gone away
I won't be a slave for the despair, never


a sweet mortal world, it's about to fall into decay
the swarm of the dead, groans and roars around anywhere

now it's the time to throw your hesitation off
still have a fear, but they're near, I just run out through this town alone