なぜ贅沢品小売たり

March 12 [Tue], 2013, 17:10
過去20年、中国の消費者のぜいたく品の海外ファンまるでフェイ?シャンと彼の歌『冬の火」のように、強烈な偶像崇拝と熱狂。20年前に、いくつかのファッション類雑誌が出現したばかりで、よく特集「ぜいたく品専売店に議論を販売しているのか」という話題。現在のように、これらの北京燕莎賽特ハイエンドのビジネス街、たとえばゴマが火の上の胡麻、ちらほら。

20年後、偶像崇拝プレミアが寒くなりましたが、中国の消費者は一枚の白紙からだんだんは理性;20年後も北上広は、南寧、ウルムチ、貴州これら二線都市中西部、とっくに欠かさず専門店であり、高線都市ハイエンド地区、当時と火が珍しくゴマの胡麻火になって、ゴマだらけの火が見えないで、味は昔のように。このような高度成長が単独で過ぎ去って戻らない中国の高級品市場の減速は市場は「理性」のマーク。「減速」が、この市場はまだ成長、ぜいたく品企業にとって、もしかすると2013年からは新しい小売転換期に入る。

過去10年間、贅沢品の大物始終専心于ハードウェア投入、ひたむきに開店し、今は大物の建店点在する精神が飽和状態になると、店舗拡大から数え店効率向上、転換の重要なポイントの一つ。ヨーロッパでは中国や香港、時計店のシニア販売平均年齢が4055歳の間で、甚だしきに至っては白髪の老人にも、情熱的に消費者製品を消費者に紹介し、質疑応答惑。彼らの年齢や経験を、消費者への研究と認知より説得力。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/dfyfthf256/index1_0.rdf