この日、浴衣に身を包んで登場したジャックは「アイルランドに戻っても着たいよ」とご機嫌初来日の感想を「文化の豊かな国に来られてうれしい黒澤明監督の作品が好きで多くの作品を観て影響を受けている」と語った

July 28 [Mon], 2014, 19:33
●母国に戻ってからの挫折

ソ連解体後、1992年に母国グルジアの国家評議会議長、さらに国民投票によって最高会議議長に選出された1995年には初の大統領選挙で当選、5年後の選挙でも圧勝するだがこの頃から、シェワルナゼは個人的な権力欲を強め、改革の頓挫が指摘されるようになる2001年にはグルジアの独立系テレビの人気キャスターが殺害されたのをきっかけに、大統領辞任を求めるデモが起きた致命傷となったのは、2003年11月の議会選挙で不正が発覚したことだこのとき野党勢力の激しい抗議にさらされ、ついに彼は大統領辞任に追い込まれた

シェワルナゼへの反発が強まった理由としてはほかにも、国内経済の悪化、さらには彼の親族・側近による不正汚職の深刻化があげられるかつて彼が汚職追放の功績によって政界で認められたことを思えば、皮肉というしかない

大統領辞任後、シェワルナゼが他国に亡命するのではとの憶測も流れたが、本人はこれを否定、《私は自国を裏切ったことはなく、故郷を離れない大統領権限を発動していれば流血の事態になっただろう家族がもう“潮時”だと助言してくれたので決心した》と語っている(『財界にっぽん』2004年2月号)75歳となっていた彼は、そのまま政界引退を表明した亡くなるまでの数年は病気がちで療養を続けていたという

●自らはナンバーツーを持たなかった不幸

さて、シェワルナゼがソ連の外相の座にあった1986年4月26日の朝、彼はウクライナでのチェルノブイリ原発での事故の知らせを電話で受けるその後、執務室を出ようとしたとき、側近からもうひとつ別件で電話があったと伝えられたそれは、グルジアのテンギス・アブラーゼ監督の映画『懺悔』について監督本人からの問い合わせだった

『懺悔』はその内容が反体制的であるとして上映禁止の憂き目にあっていた監督のアブラーゼはこのとき、翌月の国家映画委員会で、上映について再考を求めることができるかどうか、シェワルナゼに訊ねてきたのだシェワルナゼもゴルバチョフもすでに映画を見ており、公開すべきだと考えていただが、それは政府局内の見解からなかなか許されなかった監督の問い合わせに対しシェワルナゼは、「ゴルバチョフは映画のことを知っており、いずれゴーサインが出るのは間違いないが、少し待ってほしい」と伝えたはたして『懺悔』は完成から3年後の1987年にやっと公開され、国際的にも高い評価を受けている

チェルノブイリと映画の上映禁止は、いずれも情報公開の問題がかかわっている原発事故に際して、シェワルナゼはできうるかぎり国内外に真実を知らせるよう努めたが、それでも情報は徹底的に不足し、それを「事故に関する騒ぎは、西側の“ためにする”プロパガンダにすぎない」などとイデオロギー的な裏付けで補うようなやり口さえ現れる始末だった

シェワルナゼは事故のあった1986年4月26日を「チェルノブイリの日」と名づけた《それは世界史の転換点であり、外交政策における新しい基準を生んだ日だ》というのだ(『希望』)著書のなかでも、彼は何度となく「チェルノブイリ」を隠喩的にとりあげているたとえば、グラスノスチ(情報公開)というゴルバチョフ政権の政策については、次のように省みられている

《現在、われわれは不自由から解放されたと考えながらも、またしても不自由を育てているグラスノスチが失敗に終わっただけではなく、われわれも、グラスノスチによって課された試験に不合格だった道徳的な意味での「チェルノブイリ」は、概念の伝播という意味での「チェルノブイリ」と結びついている》

いささか表現が抽象的だが、「道徳の失墜は、伝播に際しての事実の捻じ曲げなどと結びついている」とでも解釈できるだろうかグラスノスチは、ゴルバチョフ政権の成果としてよくあげられるが、シェワルナゼの評価は厳しいゴルバチョフにとって、シェワルナゼは最大の同志であるとともに批判者でもあったといえる外相を辞任したのも、それによってゴルバチョフが本来の目標を取り戻すのを助けたいと思ったからだと、のちに明かしている

母国の指導者に戻ったシェワルナゼの不幸は、ゴルバチョフにとっての彼のようなナンバーツーがいなかったことではないかかつて彼は、著書のなかで《私は人間にとって最大の敵は、自分自身ではないか、と考えることがある友を得る前に、まず自分の中に友を見つけなければならない》と書いたゴルバチョフと袂を分かってから10年あまり、シェワルナゼはついに新たな友を見つけられないまま、最後は自分自身という敵に敗れた、ともいえるかもしれないトランスフォーマー」新キャラは22歳イケメン!浴衣姿で日本の打ち水を絶賛
シネマトゥデイ 7月28日(月)17時7分配信
「トランスフォーマー」新キャラは22歳イケメン!浴衣姿で日本の打ち水を絶賛
楽しそうな笑顔です - ジャック・レイナー
 俳優のジャック・レイナーが28日、人気SFシリーズの第4弾『トランスフォーマー/ロストエイジ』の公開を記念して、日本橋 滝の広場にて行われた「日本橋 打ち水大作戦」に出席夏の風物詩でもある打ち水に初挑戦した人生初の打ち水体験に、ジャックは「素晴らしい体験ができた精神的にも清められた気がする」と笑顔を浮かべた

こんなイケメンに水をかけられたい!『トランスフォーマー』ジャック・レイナー打ち水体験フォトギャラリー

 この日、浴衣に身を包んで登場したジャックは「アイルランドに戻っても着たいよ」とご機嫌初来日の感想を「文化の豊かな国に来られてうれしい黒澤明監督の作品が好きで多くの作品を観て影響を受けている」と語った

 ジャックは同作で、主人公ケイド(マーク・ウォールバーグ)の娘テッサ(ニコラ・ペルツ)のボーイフレンドで、レースドライバーのシェーンを演じているアイルランド出身で、22歳という若さながら、映画『ホワット・リチャード・ディッド(原題) / What Richard Did』の演技がマイケル・ベイ監督の目に留まり、本作のオーディションに参加そして同役をゲットしたという経歴の持ち主だ

 今作では、前3作からキャストとトランスフォーマーたちのデザインを一新オートボットと人類が挑む新たな戦いが描かれる早くも全世界興行収入は900億円を突破し、世界興収は4週連続1位、公開国59か国全てでオープニング1位を記録している字幕版では俳優の渡辺謙が、劇中に登場するサムライ型のオートボット(正義のトランスフォーマー)の声優を務めている2001年にはグルジアの独立系テレビの人気キャスターが殺害されたのをきっかけに、大統領辞任を求めるデモが起きたシリコンケース2001年にはグルジアの独立系テレビの人気キャスターが殺害されたのをきっかけに、大統領辞任を求めるデモが起きたシャネルiphoneケース2001年にはグルジアの独立系テレビの人気キャスターが殺害されたのをきっかけに、大統領辞任を求めるデモが起きた5sケースシャネル
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dfsrfwe
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfsrfwe/index1_0.rdf