5_街裏の布施ひそやかに秋暑かな

June 26 [Wed], 2013, 12:51
アディダス スニーカー
これは、adidas スニーカー
街並として余り繁華でもない裏通りの、とある一戸で、行脚托鉢の者に、女房などがひそかにお布施してゐる、折柄残暑どきで、午後の日影がオレンヂ色に漲り、その光景をくつきりと浮み出してゐる。そんな場合が念頭に浮び上つたものであつた。
「陰暦何日ごろになるのでせうかしら。」
adidas ランニングシューズ
 側にゐた清楚なすがたをした年増の女性が誰に云ふともなく、暮れゆく窓の空を仰ぎ気味に私語した。陰暦何日頃になるのか、その女性も、悒鬱で、陰惨な感じさえそく/\と身を襲ふところから、耐へがたく窓外の空にぽつかり麗はしい月でも浮び上るのを望アディダス スーパースター
んだことであらうと推測された。しかし、明月はおろかのこと、さつきから煙のやうな糠雨が舞つてゐることを、ひどい近眼のそのアディダス キャンパス
女性は知らずにゐたのである。
ジェレミースコット
しばらく後の言葉を継がずに、じつと眺め入つた。さうして、かすかに唸るやうな語気を帯び、
「妖怪めいた感じを与へるものすごいものですな、これは。この天狗の羽団扇みたいな八ツ手を印したりした風情も。」
と、それとなく私を顧みた。私もそれを肯いた。古代の墳墓を発掘すると、その内壁面が一種の朱泥に塗りつぶされてあるのに出逢ふことがある。その、くすんだやうな永遠の色ともいふべき暗澹たる茜が、薄暮の光を映ずる明暗。それは、まさに一種ものすごいadidas カントリー2
感じを与へるものに相違なかつた。私も、偶その事実に出逢ひ、ついさきごろ、
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dfsfdg5555
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfsfdg5555/index1_0.rdf