3Gモバイルデータ通信

June 14 [Fri], 2013, 20:57
現在中国では国営通信会社3社が、3G中国 モバイル インターネットデータ通信(無線インターネット)サービスを行っているが、最も帯域が大きい中国聯通のサービスが人気を集めている。中国移動の384Kbps、中国電信の2.8Mbpsに比べ、中国聯通は7.2Mbpsの帯域を実現(下り)、特に日中間のダウンロード速度では中国電信と比べても倍以上の速度が計測されている。
規格はソフトバンクやドコモが採用しているW-CDMAを採用。USBモデムをパソコンに差込んで簡単な設定をするだけで、いつでも屋外で高速なモバイルインターネット接続が利用できる。料金は月額80元/パケットで1GB(ギガバイト)から。契約は現地関連会社の日本人スタッフが日本語で対応する。アップル、サムスン、GoogleとMotorolaの巨人に加えて、あなたは、中国市場における日本企業として見られているほとんどすべての日本のブランドの携帯電話ではなく、中国市場での良いパフォーマンス、ことがわかります共通の問題。
1999年以来、中国市場に参入する日本の携帯電話メーカーの最初のバッチは、欧州、米国、地元メーカーによるダブルスクイーズ、日が中国市場で善戦していません。公的統計によると、東芝が中国市場から撤退する南京普天と東芝の合弁会社から撤退し、三菱も噂は、それが中国市場から撤退すると述べ、中国市場から撤退するためにいくつかのNECの携帯電話は遅く、ソニーエリクソンは、サポートを維持することができました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fgujd
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfryhsjd/index1_0.rdf