妊娠中にダイエットが必要な人

December 02 [Mon], 2013, 22:31
基本的に妊娠中のダイエットはするものではありませんが、医師の指導でダイエットが必要な人もいます。それは、妊娠中にあまりに太ってしまった時です。糖尿病リスクや、妊娠中毒症のリスクが、妊娠中の急激な体重増加には伴うと言われています。妊娠中のお母さん自身の健康維持のためにも、ダイエットをするよう医師から指導されます。しょっぱいものを食べ過ぎず、適正なカロリーと栄養バランスの食事をするように意識していきましょう。


昔から妊娠中は赤ちゃんの分も食事をするべきと言われてきましたが、2人分も食事をするのはカロリーオーバーです。妊娠中のエネルギー量は2200カロリープラス胎児の分の300カロリーで十分だといいます。逆に、妊娠中に太りすぎると産道が体脂肪で圧迫されて、出産がきつくなってしまうということがあります(浜街道)。


太りすぎを予防することは、出産の負担を軽減する効果もあるわけです。妊娠中は、プロポーションを整えるためにダイエットをするのではありません。母体と胎児の健康状態を維持するためのものです。太りすぎは妊娠中の健康に悪影響を及ぼしますが、増えた体重が+10kg程度であれば問題のない範囲であり、特に問題視せずとも構いません。子どもを産んでからは基礎体力も必要になりますので、妊娠中に無理なダイエットをすることのないように気を付けましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さきりん
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfkdfou/index1_0.rdf