大阪の情報通 事業仕分け 関空の補給金

November 17 [Tue], 2009, 10:46
伊丹、神戸を合わせ3空港がひしめく“関西の空”は、空港を“乱造”してきた航空行政
のゆがみを象徴している。在宅刷新会議は、関空への補給金の「凍結」を通じ、国土交通
省に政策の抜本的な見直しを突きつけた格好だ。巨額の税金を使って一時的に着陸料を下
げても、抜本的な需要増につながるかどうかは疑問だ」仕分け人の委員の一人は関空の補
給金をバッサリ切り捨てた。投票でも、14人の仕分け人のうち9人が「3空港のあり方
を整理しない限り凍結」との結論を示した。国交省は平成22年度予算概算要求で関空会
社への補給金を160億円に増額した。同社は増額で国際線の着陸料の割引を拡大し競争
力を強化する戦略を練っていただけにショックは大きい。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dfj5df5sd
読者になる
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
読者になる