MacBook Air13" 2012mid 開封の儀。

June 22 [Fri], 2012, 18:13
それでは、開封の儀を。
パソコンでこんなことを話題にするのは、Macならではでしょうか。
まずはその構成、ライブチャット -peach call-以下の通り。
MacBookAir132012midUltimateIvyBridgeCorei720GHz8GBRAM1600MHzIntelHDGraphics4000512GBSSDThunderbolt1USB30202SDスロットバッテリー7時間バックライトキーボードUSこの仕様で、¥179800教職員割引いつもながら、期待感をあおる梱包です。
開封すると、いきなり眼に飛び込んできますアルミユニボディとアップルマーク。
その下にはDesignedbyAppleinCaliforniaと共に、アクセサリキット、簡単なカラー説明書とシール。
その箱の中には、しっかりとThunderboltギガビットEthernetアプタ、MiniDisplayPortVGAアプタが、まさに、同時購入を予期したかのように同梱されています。
今回から、さらに薄くなったMagSafe2。
アプタ、アップルリモートと並べてみます。
一段と薄くなっているのが分かります。
PowerbookG3Lombard268kg、PowerbookG4aluminum250kg、三代目ートとなるMacBookAir132012mid135kg。
やはり、その厚みと重さは別次元です。
しかも、1kg以上も軽い。
フルート派+マルチモニターだった頃は、重さも苦になりませんでしたが、最近はさすがに疲れます。
現在の母艦は、iMac2011midですので、今回は、MacBookPro15RetinaDisplayよりもこちらを選択した次第。
周辺機器として同時購入したAppleUSBSuperDriveとの相性も抜群。
リモートインストールで、他のMacから、AirMac経由でネットワーク越しにインストールする方法も用意されてはいますが、やはり、この方がいいですね。
それに、学校ではDVDを見せるケースもあるので、これは、外せません。
母艦のiMac2011midは、未だにSnowLeopard1068、これが、初めてのLionとなりますので、まずは、こちらで試験運用のまっさらからの環境構築。
VectorWorks、PhotoshopElements、iWork、Office2011、AdobeAcrobatXPro、ATOK、ParallelsDesktop7+Windows7、昨夜の暴風雨のように、怒濤のインストール。
こうなると、iMac2011のLion移行か、今夏にはMountainLionだしなぁ。
とりあえずのiCloudの運用は、MacBookAir13とiPhone4Sかさて、本日の専門学校の授業で、さっそく、活躍してもらいましょうか。
これは、そのままデザインヨ突入だな。
人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
どうも、ありがとうございました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dfho3o51lv
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfho3o51lv/index1_0.rdf