そんなときには低用量ピルで不足している女性ホルモンを補い、ホルモンのバランスを整えると症状が楽になります

December 30 [Tue], 2014, 16:05
q

40代前半からは女性ホルモン分泌の増減が激しくなったり、エストロゲンの分泌量が減ってくる人が増えてきます。それが様々な不調を招くことになります。そんなときには低用量ピルで不足している女性ホルモンを補い、ホルモンのバランスを整えると症状が楽になります。
低用量ピルには、1錠中に含まれる女性ホルモンの量が変わらない「1相性ピル」と、数日ごとに女性ホルモンの配合が変わる「段階型ピル」があります。さらに段階型ピルには、ホルモン量を2段階に調節した「2相性ピル」と3段階に調節した「3相性ピル」があります。更年期だからどの種類のピルがよいということはありません。ピルの種類は体との相性もありますので、医師と相談しながら決めましょう。
飲み始めは吐き気や乳房の痛み、頭痛、むくみ、不正出血などが起こる場合があります。しかし、これは体が慣れるまでの一時的なもの。ほとんどの場合、2〜3ヶ月飲み続けると解消されます。それでも副作用が気になるときは医師に相談してピルの種類を替えてもらいましょう。低用量ピルが、がんを誘発することはありません。また太る心配もあまりないようです。
月経痛の軽減:女性の多くが抱えている月経前症候群の症状や月経痛を和らげることができます。排卵を起こらなくすることから、子宮内膜の収縮による出血時の痛みを軽くできるほか、ホルモンバランスが正常に保たれるため精神的な安定ものぞまれます。
内科での処方:婦人科できちんと検診を受け、低用量ピルを処方されたことがある場合は、内科でも処方を受けることが可能な場合があります。ただしそうした内科の多くは婦人科を併設している医療機関になります。
閉経までは低用量ピルを使って、閉経からはホルモン補充療法に移行していけば、更年期の症状は出ても軽度で済むでしょう。更年期の症状をできるだけ軽く抑えたいという人は、閉経までの間に低用量ピルを使ってみるのもひとつ方法ですので医師に相談してみましょう。

関連記事

最強女性用媚薬・フェロモン

最も効果的な女性用媚薬

媚薬インサイドアイ初体験

関連商品

花痴

維高

黒寡婦

モチベーター

女性用バイアグラ

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dfhgfrjtrjtr
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfhgfrjtrjtr/index1_0.rdf