企業はプロの管理職を導入する必要があります

October 12 [Sat], 2013, 17:05
小さいエルメス バッグ コピー品の企業に当たって期日後を急速に発展させることに入って、管理した調和問題と現われ始めることを経営します。 その時のエルメス バッグ コピー品の企業は管理を経営し軽視することをただ重視されることができなくて、学会2本の脚が歩くために必要に: 同様に重んじることを経営し管理します。 大半のエルメス バッグ コピー品の企業は全て軽視経営は、だから私たちが強調するものは管理して、負けず嫌いに的中性地引が管理した人材に入ることを調整します。
人材を管理することというものはあれを指して何かをしなくてはいけないと知っているばかりかその上、まだなぜか作る人を知っていてそれで、これらの人は専門を受けたことがある必要があり訓練します。 一般的に、専門を経験したことがあり同じく人材を経営することになるだろうことを訓練しなくて、だけど主として人材を管理することになることができなくて、天賦に依ることができることを経営して、努力に依って、だけど専門知識と経験に依ることを管理するため。
管理人はやっと以下特徴を備えるべく: 真っ先に、彼はチームをどのようにか持つと知っていて、すぐに部下の人材を育成します。 人材の標準の一つを管理することを判断して、どうしても見て彼は持った団体は凄腕でありますか。 次は、管理人は仕事に一歩一歩と標準化したプロセス、方法、工具、行為準則を築くことがやっと要って、彼の個人の知識に団体の集団知恵にならせます。 再度のは、人材の最も典型的特徴を管理することはどうしても“人と責任者を管理します”をどのようにか割り当てる時間を知っていてそれで、自分“働き”がただできることでありません。 最後は、人材を管理して計画することができて、予算を作って、ともに既存の資源を整合することを充分に利用することができて、各項目仕事のものをどのようにか把握して優先すると知っている段階と順序は、予算によって差し出す1部の合格した成績表。
創業が段階で需要のある人材と発展段階で必要の人材は同様でないです。 あれに対して創業した中核団体メンバーに参与することは、彼らが大部分“天下取り”の人材であると言いに来ます。 彼らは優れた見識と考えがあって、平常で全て戦闘力がとてもあって、城の掠の池を攻めることができます。 でも、これらの“殺傷力”に強くする人は城を守ってすぐおそらく問題が起こって、彼らは制度の制約が好きでなくて、好きでない余計な規則は、引き引きが好きで、感じて行くことに従っていて、規定するプロセス、標準化した工具または方法によってしたくなく働きに行く気持ち、この一切のまさにの発展途上の企業のところの従わなければいけない規則。 この種類にある状況のもとで、ただ専門訓練のものを受けたことがあることを導入することを通して、ゲームルール行動したプロのマネージャーの人のbagの企業健全な発展を解決しに来る問題によってしたいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dfhgdsfg
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfhgdsfg/index1_0.rdf