歩幅が小さいと前のめりになり、つまずいて転倒しやすい

December 10 [Wed], 2014, 14:05

【桜井林太郎】 街や山へと出歩くのが楽しい季節になりました。でも40代に入ると、ひざや腰を痛めることも。いつまでも元気に自分の足で歩き続けるため「セーフティーウオーキング」の提唱者に、そのコツを聞きました。

 騎手の武豊さんやフェンシングの太田雄貴さんらトップアスリートを数多くみてきたダイナミックスポーツ医学研究所(大阪市)の土井龍雄顧問。約40年前から高齢者の運動指導もしてきた。「以前は、『50歳を超えると運動効果はない』『高齢者の筋トレはよくない』と言われた。だが高齢者でも、健康教室で学べば、ひざや腰の痛みは着実に減る。筋力をつけ、歩けるようになった方もいます」

 41歳の私の歩き方を、測定器で調べてもらった。「着地するときの衝撃が強く、足腰に強いストレスが加わっている」と判定され、100点満点の「63点」だった。

 どうすれば改善できるか。「関節に無理をかけず、氷の上をすべるように、なめらかに歩くのが理想です」。実践するポイントはイラストの通り。特に気をつけたいのが次の3点だ。

 一つ目は、自分にあった無理のない歩幅をとること。歩幅が小さいと前のめりになり、つまずいて転倒しやすい。逆に大き過ぎるとそり返って、着地時の衝撃が増す。「下半身に上半身(背骨)をのせる感じをイメージして」と助言された。

精力剤999

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dfherhrtfhn
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfherhrtfhn/index1_0.rdf