それが、更に歌の力を強める

November 14 [Thu], 2013, 15:06

無体


 ハレは、目を閉じていた。

 美しすぎる歌声が、空気を震わせるからだ。

 その声を、より多く拾うためには、視覚というものが余計に思えたのである。

 頬を震わせる、美しい絹糸の声。
www.livingpjz.com

 雨の中、ハレは遠くで弱弱しく光る何かを見た。

 彼にとっては、夜は夜ではない。

 少なくとも、生きているものの多い空間では、とても明るいのだ。

 あの夜も、雨は降っていたが、木々は光を放っていた。

 そんな木々の間で、植物とは違う光が地面に落ちているのを見つけたのだ。

 死にかけている、何か。

 ハレは、そう判断した。

 最初は、死期の近い動物かと思った。

 しかし、戻って来たリリューの腕には、白い髪の少女が抱かれていたのだ。

 トー。

 そう、ハレは思った。
ポロラルフローレン


 味方に追われているようだが、だからといって、イデアメリトスを憎む教育を受けていないわけでもない。

 意識が戻ったら、自分が襲われる可能性もあった。

 だが。

 助けたいと思ったのだ。

 そのやせ細った、憐れな姿を見たら。

 月の側に戻るくらいなら、行き倒れた方がましだと──そう覚悟を決めた彼女を生き延びさせたいと思った。

 そして、おそらくきっと。

 歌を、歌うだろう。

 桃の歌が、悪いというわけではない。

 だが、トーの歌が格別過ぎて、ハレの心を強く捕えていたのだ。
ラルフローレン ポロシャツ


 再び目を開けたハレが見たものは、唇から指先まで光が流れてゆく様だった。

 滞っていた血を、一気に身体に巡らせるように、少女は歌で自分の生気を取り戻しているのだ。

 それが、更に歌の力を強める。

 唇はしっかりと開き、吸い込まれる息と吐き出される息が増え、遠く遠くまで歌が響くのだ。

 その強い歌は、彼女をより力強く輝かせる。

 素晴らしい、正の連鎖。

 そして。

 彼女が、歌を続けるごとに。

 黒く残った髪の一部が、白く変わってゆく。

 ゆっ
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/dfgvdgvdf/index1_0.rdf