ってしまうことは素晴らしいことであると同時に、私

June 27 [Fri], 2014, 13:24
『アナと雪の女王』、サントラ主要曲をカラオケで追加配信
『アナと雪の女王』主要曲がカラオケ追加配信(C)2014 Disney. All Rights Reserved.
 興行収入121億円(4月28日現在)を突破し、社会現象化しているディズニー映画『アナと雪の女王』。26日からは映画館で「みんなで歌おう♪」上映企画がスタートし、オリジナル・サウンドトラックの売り上げも好調、イディナ・メンゼルが歌う劇中歌「Let It Go」はもとより、松たか子とMay J.が歌う日本語版「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」を「歌ってみた」動画も多数アップされている。ルイヴィトンiPhone 5cそんな中、あす29日より同映画のサントラ主要曲がカラオケで追加配信されることが決定した。

歌える『アナと雪の女王』大好評 コスプレ・フリ真似も登場

 主題歌「Let It Go」のほか、アナとエルサが掛け合う「生まれてはじめて」、オラフの「あこがれの夏」など映画で感動した名曲の数々を思う存分歌うことができる。携帯ケース コピーまた、LIVE DAMの「今だけクリップ」では、映画映像を背景にカラオケが楽しめる期間限定コンテンツも用意される。
と神田沙也加に聞く ヒットの理由は「大人向けだから」
まんたんウェブ 4月29日(火)18時56分配信
 松さんより先に収録を行った神田さんは「字幕版の方と会話していました」と笑い、続けて「最初にエルサは松さんということを聞いていたので、勝手なイメージですけど、すごくぴったりだと思いました。ipad2 ケースいつかご一緒したいなと思っていた女優の先輩ですし、(共演は)舞台かなと思っていたのですが、こういう形で姉妹になれたことがとてもうれしくて、試写で初めて声を聞いて『会話している!』と思いました(笑い)。アナもエルサのことを恋しく思っているんですけど、一人で(声を)入れていたというのもありますし、インタビューなども別々に受けることが多かったので、アナの気持ちに自分を投影して、(松さんに)会えた瞬間にちょっと泣きそうになるんです。携帯ケース コピー今も結構、感動していて、一人じゃないってすごくいいなって思っています……」と収録時の心境を振り返る。

 ディズニーはよほどのことがない限り、キャラクターの配役を変えない。携帯ケース コピー松さんはエルサ、神田さんはアナをこれからも機会があれば演じていくことになるが、松さんは「そんなに大きいことだという実感がまだないのかもしれません」といい、「舞台の再演や当たり役に出合うこともめったにあることじゃないし、むしろ出合ってしまうことは素晴らしいことであると同時に、私なんかはまだ怖いことだとも思っています。でも、ディズニーのヒロインは一生に一度だと思いますし、すごく(歌うのに)大変なナンバーもありましたが、頑張ってみようと気持ちが動いたのでお受けしました」とエルサ役に挑戦したときの心境を明かす。ケース コピ ガガ 腕時計

 神田さんは「どこの国でもオリジナルのアナやエルサが生まれ、日本版では自分になったというのがすごくうれしい」と喜ぶ。ずっと同じ役と付き合っていくことについては、「派生物が楽しみでしょうがない。携帯ケース コピー『アナと雪の女王』という映画としては完結していますけど、そこから派生していくものはこれからもあって、例えば短編だったり、もしかしたらゲームだったりするかもしれないんですが、もっと(アナとして)しゃべりたいです。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dfgsrewe/index1_0.rdf