古代贅沢品の磁器の今日の伝承

March 12 [Tue], 2013, 16:28
古代中国のぜいたく品の一つとして、磁器は中国の歴史は歴史が長くて、4000年を超える。様々な美しい磁器はかつて美化歴朝歴代何人の家で、今日はそれが引き続きこの作用を発揮している。「磁器はすべて」景徳鎮の長期の制の磁器の過程で形成された厳格での伝統的な手作り陶器の技術、錬泥のにもかかわらず錬泥、拉の拉にもかかわらず、彩色上絵も画者画で、染め染め染めない者では描かず、こんなに明細分業を制磁器効率も、景徳鎮の磁器全国の磁器の勝利者になることができた。

景徳鎮セラミックス学院教授、三宝国際陶芸村の創業者。1959年生まれ、1982年卒業景徳鎮セラミックス学院、1995年セラミック学院修士の学位を獲得しニューヨーク州立大学陶芸、景徳鎮では1998年創設三宝国際陶芸村。ずっと李深に取り組んで国際文化視野を構築する中国陶磁芸術の言語は、多数の国家で開催された個人の磁器の芸作品展は、作品ニューヨーク州立大学国際陶磁芸術博物館、美術館カナダオンタリオ州などの多くの所の芸術機関収蔵。除「新磁器」のほか、彼も提案した「新民窯」をコンセプトに、注目の日常生活の中で毎日毎日見た陶器を利用して、セラミック材料を彫刻して芸術創作。

人の生に燃え兄、弟名教者によると、生二、焼き者によると弟。いわゆる泉普通は全て、弟。“1部の中国の陶磁器の史、半分は浙江;1部の浙江の陶磁器の史、半分は龍泉。」竜泉磁々と潤いを与え、透き通るようで、「類玉」と呼ばれ、体現の高い芸術性と豊かな味わい。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/dfgsdhb1988/index1_0.rdf